【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

TikTokは10代〜20代の若年層に人気のあるSNSプラットフォームとして注目され、最近では企業アカウントも多く誕生しています。

企業アカウントとして多くの情報を発信するためには、アカウントのフォロワーを増やすことが大切です。TikTokのフォロワーを増やすためにはどのようなことが必要なのか、本記事で詳しく紹介します。

1.TikTokとは

まず簡単にTikTokについておさらいしておきましょう。

TikTokは、主にショートムービーを投稿、視聴できる動画プラットフォーム・SNSです。

10代~20代の若い世代を中心に人気を集めていますが、最近では30代以上の幅広い年代の方が利用するようになってきました。

TikTokの特徴は、誰でも簡単に質の高い動画を投稿することができるという点です。

撮影からBGMの選定、画像・動画の編集、投稿に至るまで、必要な作業のすべてがTikTokのアプリ内で完結するようになっています。

また、「レコメンド」から良質な動画を多数視聴・発見できるようになっており、自分のまだ知らない面白い・優良なコンテンツに出会いやすい点も魅力。

こうした手軽さや面白さが、若い世代を中心に多くの人から人気を集める理由になっています。

2.なぜフォロワーを増やす必要があるのか

まず初めに、フォロワーを増やす必要性をご説明します。

TikTokのアプリを開くと、真っ先に表示されるのが、おすすめ動画を紹介する「レコメンド」欄です。

レコメンドにはユーザーがフォローしていない投稿者の動画も表示されますので、レコメンドに表示されることができれば、不特定多数のユーザーに動画を視聴してもらうことができます。

しかし、レコメンドに表示される動画は、TikTokの独自の判断基準(アルゴリズム)によって決まるので、レコメンドで紹介されず、フォロワー数も少なければ、ユーザーに投稿を見てもらえる機会が極端に減ってしまいます。

もし、投稿をきっかけにファンを獲得し、アカウントをフォローしてもらうことができれば、投稿がユーザーの「フォロー中」のタブ一覧に、レコメンドとは別で表示されるので、他の投稿者の動画に埋もれることなく、投稿を見てもらうことができます。

フォロワー数の増加は、ユーザーに動画を見てもらえる機会が増えることを意味しますので、商品のプロモーションを目的としている際は特に、フォロワー数を増やすことが重要です。

3.TikTokユーザーの求めていることとは?

TikTokのユーザーを急速的に増やすためには、TikTokユーザーの求めているコンテンツを投稿する必要があります。

TikTokユーザーはどのようなコンテンツを求めているのか3つのポイントについて解説します。

3-1.短時間で多くの学びがある

魅力的なコンテンツの中には、短時間で多くの学びがある動画コンテンツが人気です。

短時間で「何かを学べる」動画は、コメントやいいね!をもらいやすく動画がバズる可能性が高くなります。

例えばTikTokのユーザーの中には高校生が多く、勉強に役立つ知識を紹介した動画コンテンツも人気です。

勉強だけではありません。大学生に向けて「弁護士になる簡単な方法は何か」を簡単に紹介しているコンテンツもあります。

@takeshibengo

高卒でも弁護士になれる!秘密のルートとは!?#tiktok教室 #法律 #弁護士 #ためになるtiktok

♬ グッバイ宣言 – Chinozo

学生だけでなく、社会人に向けた動画コンテンツもあり「給付金の申請方法」を紹介する動画や「英会話を学べるアカウント」「簡単にできるメイク術」などの動画も人気です。

特定のターゲットに対し短時間で学べる有益な情報を多数発信すれば、フォロワー獲得に繋げることが期待出来ます。

3-2.コンテンツの独自性と面白さ

TikTokのユーザーの多くは、コンテンツの面白さや独自性が無ければアカウントをフォローしたいと考えません。

大切なことはTikTokユーザーを楽しませるためにはどのようなコンテンツを作るべきかを考えることです。

広告感が全面に押し出されているコンテンツではなく、商品をどのような方法で紹介すればユーザーの興味を引きつけるコンテンツなのかを考えましょう。

3-3.定期的にコンテンツが投稿されている

面白いコンテンツを制作しても、月に1回程度の更新ではユーザーはフォローをしたいと思わない可能性があります。

TikTokを毎日視聴するユーザーの多くは新たな動画コンテンツを求めて、TikTok内を周回するため、ユーザーの興味を引きつけるために継続的に新しいコンテンツを制作しましょう

4.フォロワーの増やし方

フォロワーの増やし方ですが、いくつか大事なポイントがあるので紹介します。

4-1.ユーザーが真似したくなるような投稿をする

企業の商品やサービスを紹介する際には、公式感のあるコンテンツよりも、一般ユーザーが動画を閲覧して真似をして投稿するような投稿を意識しましょう。

コンテンツを制作する際には、TikTok内で流行しているハッシュタグやパロディなどを踏まえて制作をすると、多くのユーザーにコンテンツを閲覧してもらえる可能性が高くなります。

広告感のある動画はユーザーの反応が良いとは言えないため、コンテンツを制作する際には一般ユーザーに近いコンテンツを制作してください。

4-2.おすすめに掲載されることを意識する

フォロワーを獲得するためには、TikTokのおすすめに掲載されることが大切です。

おすすめに掲載されることで視聴回数が増え、結果的にフォロワー獲得へ繋げられます。

おすすめに掲載されるためには、「いいねの数」、「コメント」、「最後まで動画を視聴されたかどうか」が重要な指標になります。

いいねの数やコメント数の多い動画はより多くのユーザーに表示され動画が拡散されていきます。

投稿したばかりの動画は視聴者に見られない可能性が高いため、投稿する際にはトレンドのハッシュタグをつけて投稿をしてください。

4-3.しっかりとしたターゲット選定

フォロワーを獲得するためには、ターゲット選定も重要です。

「モテたい若者」とざっくりとしたターゲットを絞るのではなく、「大学生、高校生のモテたい男女」といったようにユーザーのイメージ像を検討しましょう。

TikTokにはインサイト機能という機能が存在します。インサイト機能を活用することでターゲットが動画を視聴している曜日、時間帯、再生回数を把握することができます。インサイト機能を活用することで過去の動画でターゲットにハマっている動画を簡単に確認出来るためぜひ活用してみましょう。

4-4.毎日投稿

投稿をするのであれば、毎日決まった時間に動画を投稿するように意識しましょう。

コンテンツを毎日投稿することで、ユーザーのフォロー獲得に繋がります。

さらに日々動画を投稿することで、ユーザーの反応が良いコンテンツはどのようなものかを検証し、コンテンツのブラッシュアップが可能です。

TikTokの投稿を毎日おこなうと作業内容が増え、1人では対応出来ずクオリティが低くなったコンテンツはフォロワー獲得の妨げになります。

毎日投稿が難しい場合は、TikTokに強い運用代行の制作会社に依頼をしてフォロワー獲得につなげましょう。

5.TikTokでフォロワーを増やした注目のアカウント5選

TikTokのフォロワーを増やすためには、成功事例を研究することも大切です。

それぞれのアカウントの特性や、フォロワーを獲得した要因について紹介するので、参考にしてください

5-1.けんちゃん(あるごめとりぃ)

けんちゃん(あるごめとりい)では、都市伝説や怖い話を中心に多くのフォロワーを獲得しています。

フォロワー数は約20万人で、登録者数約80万人を誇るYouTubeアカウント『あるごめとりい』への集客の入り口として、TikTokを上手く活用していることが特徴です。

ホラーやミステリーに関連するハッシュタグをはじめ、自社の名前、必要に応じて流行りのタグも取り入れ、100万再生を超えるTikTok動画も多く量産しています。

レアなカテゴリーにもかかわらず、熱狂的なファンの獲得に成功している企業アカウントです。

5-2.キズナアイ

Vtuberのキズナアイは、さまざまな楽曲のダンスを披露し、多くのフォロワーを獲得することに成功しています。

TikTokでは他のSNSへ誘導するアカウントのコンテンツを表示しにくいようにする仕組みがあるため、YouTubeチャンネルやホームページへ誘導することを最小限に抑えています。

流行りのハッシュタグを中心に動画投稿をおこないユーザーを楽しませていることに徹している点が、フォロワーを多く獲得している要因であることが考えられるでしょう。

5-3.ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザは、ユーザーが楽しめるようなコンテンツを中心に動画を制作し多くのフォロワーの獲得に成功しています。

ドミノ・ピザは自然な形での訴求方法を最も重要なことと考えています。

キャンペーンを打ち出す際にも、TikTokで人気なクリエイターにコンテンツ制作を依頼してコンテンツを制作し、TikTok内での満足度を重視してアカウントを運用しています。

フォロワーを増やすためには、ユーザーの満足度をどのようにして高められるかについて意識をしながらオリジナルの動画投稿を心がけましょう。

5-4.株式会社BEEM

InstagramやTikTokの運用を得意としている株式会社BEEMは、自社アカウントの運用にも確かな実績があります。

企業アカウントのため、会社の日常をコミカルに動画コンテンツで紹介しています。

短時間で社長から営業マンまでの人間性が分かり、BEEMのオフィスの雰囲気が動画コンテンツから伝わってきます。

5-5.アトム法律事務所

アトム法律事務所のTIkTokでは、岡野タケシ弁護士の人間性が伝わるコンテンツが数多く制作されています。

主なコンテンツは法律に関するものが多く、今話題の事件を取り上げているコンテンツもあれば、

視聴者が興味を持つようなコミカルなコンテンツまで幅広い情報を発信しています。

TikTokでは学びとなるアカウントも多くのユーザーに視聴されるため、コンテンツを制作する際には、ユーザーが興味を持つ切り口は何かを考えて制作をしてください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はTikTokのフォロワーの増やし方についてご説明しました。

TikTokでは、とにかくトレンドを取り入れることが重要なんですね。

コンテンツや運営方法のコツ、投稿時間など、工夫できるポイントがたくさんあるので、今回の記事を参考に、今後のTikTokアカウント運営にお役立てください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?