【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

自社商品の販売などのために、ECサイトを立ち上げようと考えてはいないでしょうか。ECサイトは一般的なサイトと異なり、必要な機能が多岐にわたります。セキュリティ面なども考慮する必要があり、細かな部分にも注意することが大事です。

そこで、この記事ではECサイトの立ち上げ方法や必要機能をご説明します。

ECサイトとは

ECサイトとは、WEB上で商品を販売するサイトです。ECサイトを構築することで、インターネット上で商品やサービスの売買が可能となります。

また、ECサイトを構築すると一般サイトでは難しい在庫管理がしやすくなります。スタッフが休んでいるときでも、サイトを稼働することができますので売上げの向上にもつながります。

お客様にもメリットがあり、場所を問わず商品を観たり購入したりすることが可能です。店舗に足を運ぶ必要もないため、手間を省けることもメリットになるでしょう。

このようにECサイトは企業、顧客の双方にメリットがあるものとなります。

ECサイトの必要機能

ECサイトには大きく分けて2つの機能が必要です。

・フロントエンド

・バックエンド

フロントエンドはユーザーとの接点となるきのうであり、バックエンドはサービスを維持するための機能です。

つまり、フロンエンドはユーザーに必要な機能、バックエンドは運営側に必要な機能となります。

また、ECサイトには2つの種類があります。

・モール型

・自社型

モール型はプラットフォームを利用した複数のショップがあつまるサイトです。Amazonや楽天市場などが具体例となります。自社型は商品やサービスを取り扱う企業独自のサイトです。

なお、モール型、自社型、いずれにしてもECサイトとして必要な機能はほとんど共通しています。

フロントエンドの必要な機能

フロントエンドはユーザーとの接点となるため、いかに見やすく・使いやすくするかがポイントです。必要な機能は以下をご覧ください。

・商品検索機能

数多くの商品を取り扱う場合は、検索機能があるとユーザーが好みの商品を探す安くなります。詳細に検索できる機能を設置するとユーザーの利便性が高まります。

・カート機能

ユーザーが欲しい商品をまとめるときに必要な機能です。

・決済機能

カートに追加した商品を購入するために必要な機能です。クレジットカード、コンビニ、電子マネーや銀行振り込みなど複数の種類があります。決済方法が豊富にあるとユーザーは便利ですが、運営者は業者との契約や手数料の支払いなども発生します。ユーザーの傾向にあわせて決済方法を絞り込むと有効です。

・セキュリティ機能

ユーザーは商品購入の際に氏名や住所などを入力するため、サイトのセキュリティ管理は重要です。顧客情報のSSL化は必須であり、そのほかにも商品や顧客層にあわせて対策することが大事です。

・マイページ機能

ユーザーが自身の購入履歴を振り返ることができる機能です。マイページを設けるとユーザーの囲い込みに効果があります。

・FAQ

ユーザーがサイトの使い方などについて疑問を解決するための機能です。「よくある質問」というページを用意しているサイトが多くあります。

・レコメンド機能

アップセル、クロスセルを狙うときの既往です。ユーザーの購入履歴から「おすすめの商品」などで別商品を紹介すると収益化につながります。

以上の機能において、商品検索機能、カート機能、決済、セキュリティ機能は必須の機能です。

バックエンドの必要な機能

バックエンドの機能は、ECサイトのサービスを維持するために必要です。サイト管理をスムーズに行うためにも揃えておきましょう。

・受注、配送管理機能

ユーザーが購入した商品を管理する機能です。受注や配送の管理により、ユーザーに商品を確実に届けることができます。購入された商品から人気商品の把握も可能です。

・在庫管理機能

自社が抱える在庫を管理する機能です。品薄になった商品の入荷やあまり売れない商品の入荷を抑えることができます。

・顧客管理機能

メルマガや問い合わせなどが顧客管理機能です。ユーザーの囲い込みやトラブルの防止には必要になります。キャンペーン情報、クーポン配信、広告発信なども可能です。

・売上管理機能

自社の売上げを管理する機能です。売れ行きのいい商品と悪い商品を精査することで、効率のいいECサイトの運営が可能です。

・キャンペーン管理機能

キャンペーン管理機能は、安定したサイト運営をするために必要です。この機能を使うことで、収益の見込みを考えることができるようになります。

・コンテンツ機能

商品情報などを発信するための機能です。ブログ機能などがあり、商品ページだけではわからない魅力をユーザーにアピールすることができます。

以上のほかに商品ランキング機能やチャット機能などをつけることでスムーズなサイト運営に効果をもたらすでしょう。

ECサイトはCMSで構築する

上記で紹介したフロントエンドやバックエンドに必要な機能は、なくてはならないものです。そのため、それらの機能をパッケージにしたCMSが存在します。専門知識がなくてもECサイトが構築できたり、更新が簡単だったりなどメリットも多いです。

ただし、「ECサイト向けCNS」と調べていっても、数多くの種類があるでしょう。また、それぞれに強みがあり、使いやすさや管理のしやすさが異なります。

CMSを選ぶ際は自社に必要な機能があるか、使いやすさはどうかなどさまざまな角度から検討してみましょう。

自社で構築が難しいときは外注する

ECサイトの構築にノウハウがない場合、外注するのもひとつの方法です。

ECサイト構築にノウハウがある業者ならば、自社の希望にマッチするデザインや機能をつけることができます。

さらに、ECサイトを運用する際も不明な点や悩みがあると相談できるのもメリットです。ただし、費用は業者により異なるため複数社から見積もりを取り、サービス内容なども確認するようにしましょう。

外注時の費用相場はつかめない部分があり、10万円程度で済む場合もあれば数千万円かかることもあります。自社の予算に応じて検討してください。

ECサイトを立ち上げてみよう

ECサイトの構築は、フロントエンドやバックエンドに必要な機能を把握することが大事です。ECサイトはCMSで構築することも可能であるため、検討してもいいでしょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?