【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

「記事を増やしたけれどアクセスが伸びてこない」

「検索順位が上がらない」

サイトビジネス において、以上のような課題をお持ちではないでしょうか。SEO対策にはさまざまな手法がありますが、それらの方法に取り組んでも問題が解決しない場合は記事自体を見直す必要があります。

たとえば、文章をわかりやすく手直しする、見出しを工夫してみる…このようなリライトという作業によりアクセス数や検索順位が改善する可能性があります。

この記事ではリライトについて解説し、具体的な方法も紹介します。ぜひ、リライトに取り組んでみてください。

リライトとは?

リライトとは、自社サイトやブログなどで記事の内容を変えずに文章を書き換えることです。具体的には読者がわかりやすくなるように加筆したり、不要な箇所を削除したりすることになります。

リライトはサイトビジネスでお馴染みの作業であり、SEO担当者にも必要なスキルです。リライトの正しい方法を身につけることで、良質な記事作成が可能となり検索順位やアクセス数の改善が可能となります。

リライトの必要性

リライトを行うことで、検索順位やアクセス数に効果をもたらします。しかし、リライトは必要なのか疑問に思うかも知れません。

しかし、リライトはコピーコンテンツ対策に効果があります。コピーコンテンツとは、他サイトの記事内容や文章を自社サイトに使うことです。

コピーコンテンツはGoogleからペナルティを受ける対象となり、検索順位を大きく下げます。仮にユーザーがコピーコンテンツであることに気づけば、自社サイトだけではなく企業の信頼を損なう恐れもあるでしょう。

著作権などの観点からもコピーコンテンツはトラブルのもとになります。

それらのトラブルを未然に防ぎ、健全なサイト運営をするためにリライトは必要な作業です。

リライトの方法

リライトの方法には、基本と応用、SEO対策の3つのポイントがあります。

基本

リライトの基本は次の3つとなります。

・単語を入れ替える

・文章の順番を入れ替える

・文章の書き換えや加筆、添削をする

単語の入れ替えとは、類義語や同義語で書き換えることです。また、文章の入れ替えは、主語と述語を入れ替えることです。

たとえば、「私はリライトにより文章を変更します。」という文章は「私は文章を変更するリライトに取り組んでいる。」などに変えることができます。

それから、「私はリライトにより記事内容を変更せず文章を変更する。」という具合に加筆をすることも可能です。

以上のようなリライトの方法はさほど難しくないでしょう。まずはこの基本となるリライト方法により文章を変えてみましょう。

応用

リライトの応用編に取り組むことで、良質なコンテンツに近づきSEOにも効果が出てきます。リライトの応用編は以下のとおりです。

・書籍などの資料を活用する

・資料は自分の言葉で文章にする

・最新情報、付加情報を加える

記事を書く際はWEB上から情報収集を行うと思います。しかしながら、インターネット上だけの情報だけでは信頼性を高めることができません。

文章の根拠となるものとして、書籍や新聞などを活かすとコンテンツの精度が向上します。また、専門家に実際にインタビューすることも効果的です。

書籍の購入やインタビューなど、コスト面が不安であれば公的機関や大手メーカーなど信頼性の高いサイトから情報を得るようにしてみましょう。

間違った情報を掲載することは、記事やサイトの評価を下げるため文章の根拠(エビデンス)は信頼性の高いものを利用してください。

そして、それらの資料を記事に活かすときは自分の言葉で表現することも大事です。資料のなかには読者がわかりにくい言葉もあるでしょう。それらの用語はわかりやすく表現することで、読者が利用しやすいサイトになります。

さらに最新情報や付加情報を適宜、更新することでサイトや記事の評価が高まります。一度書いたから完成と思わずに、こまめに更新することがSEO対策になります。

SEO対策

リライトは文章の見直しが主な作業ですが、同時に行うことでSEO対策となるものもあります。

・カノニカル設定でサイトの評価を保つ

・ノーフォロータグでサイトの評価を保つ

・タイトルや見出しのリライト

・オリジナリティを加える など

カノニカル設定とは、どのページ(URL)が正しいページかを伝えるものです。通販サイトなどで色違いの商品を表示すると、Googleからコピーページと判断される可能性があります。

そのため、優先度の高いページにカノニカル設定をすると、コピーページと判断されなくなります。

また、ノーフォロータグは発リンクばかりのサイトに有効です。このタグをつけると、リンク先のサイトに評価を付与しないことが可能です。発リンクはリンク先のサイトの評価を高めることになり、自社サイトの評価を下げる可能性があります。

発リンクをする際は自社サイトの評価を下げないためにも、ノーフォロータグをつけるようにしましょう。

SEOを意識するならばタイトルや見出しの変更も重要です。SEOの基本にhタグに狙っているキーワードを入れることがあり、h1から降順で段落構造を意識することがポイントです。タイトルや見出しを見ただけで内容がわかるようになっているか、リライトしてみましょう。

そして、文章を変えるだけではなく、オリジナリティを出すことも必要です。自社で行ったアンケートの結果、商品の利用効果などを入れると他社と違うコンテンツになります。

リライトツールの紹介

リライトは基本的に人的に行うことがほとんどです。

リライトする記事を選定して、検索ボリュームを調べ直したり関連キーワードの傾向を再確認したりすることが必要であるため、それらを網羅するツールは出回っていません。

しかし、リライト作業の一部を支援してくれるツールは存在します。以下でリライトツールを紹介します。

人工知能 無料リライトツール 舞風

「人工知能 無料リライトツール 舞風(http://gmtl.net/ai/memo_siso.html)」は、リライトの対象となる文章について「揺らぎ」「シャッフル」「文章挿入」のオプションを加えてリライトします。

リライトされた文章は自動出力されますので、記事編集も楽になります。

なお、無料ツールは不自然な日本語になる場合もあるため、ツールに頼り切らず自力で手直しすることも大事です。

リライトの注意点

リライトの目的はコピーコンテンツを防ぐことやオリジナリティを出すことです。繰り返しになりますが、著作権には注意するようにしてください。

資料の文章をリライトして掲載することが可能なのかどうか、見極めが大切です。判断が難しい場合や、そのまま掲載する場合は「引用」として活用しましょう。なお、引用する際は、出典元を必ず明記してください。

リライトをしてSEO対策をしよう

リライトは検索順位やアクセス数を向上させるために大事な作業です。この記事で紹介した具体的なリライト方法と注意点を理解して、文章を手直ししてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?