【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、Pinterest、皆さんはこれらのSNSのうちいくつを利用していますか?

実はこれらのSNSは「ハッシュタグ」を利用できる代表的なサービスです。このハッシュタグという言葉を、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。実は、SNSを利用しているユーザーの過半数近くがハッシュタグを使用しています。

ハッシュタグではプライベートで使用するだけでなく、ビジネスでも使えます。そこで今回は、ビジネスにおけるハッシュタグのメリットを含め、ハッシュタグの基本についてわかりやすく解説していきます。

1.ハッシュタグってなに?

ハッシュタグとは投稿時に付けることができるタグを指します。このハッシュタグを辿ることで、求めている情報を収集することが可能です。

例えば、自身が「ファッション」というハッシュタグをつけて画像を投稿したとしましょう。ユーザーがワード検索をするとそのワードが付けられたハッシュタグの投稿一覧を見ることができるため、「ファッション」というワードを検索したユーザーに自身の投稿を見てもらえる可能性が出てきます。

また、Instagramにはお気に入りのハッシュタグをフォローできる機能も存在します。この機能を用いると、自身の投稿一覧にフォローしたハッシュタグが付けられた投稿が流れてくるようになります。

2.ビジネスでハッシュタグを使用するメリットは?

SNS黎明期からソーシャルマーケティングと称して、TwitterやFacebookといったSNSを利用することはごく当たり前のことでした。これがハッシュタグの登場によってビジネスでのSNS活用が大きく変化したのです。

キャンペーンの参加率を高められる

従来SNS上でのキャンペーンに参加してもらうには、ユーザーが登録などを行う必要がありました。ユーザー登録という作業は基本的に手間がかかるので、なかなか参加者が集まらないといったケースも少なくありませんでした。一方現在では、キャンペーンに適した特定のハッシュタグを作成し、ユーザーに同じハッシュタグを付けて投稿してもらえば簡単にキャンペーンへの参加を募ることができます。これなら都度個人情報などを登録する必要もなく、ユーザーも各々好きな投稿をしつつキャンペーンに参加できます。

キャンペーンによっては「サービスの認知度が200%向上した」といった事例もあり、ハッシュタグはソーシャルマーケティングを行う上では欠かせない要素となっています。

投稿を収集しやすい

従来SNS上でのキャンペーンに参加してもらうには、ユーザーが登録などを行う必要がありました。ユーザー登録という作業は基本的に手間がかかるので、なかなか参加者が集まらないといったケースも少なくありませんでした。一方現在では、キャンペーンに適した特定のハッシュタグを作成し、ユーザーに同じハッシュタグを付けて投稿してもらえば簡単にキャンペーンへの参加を募ることができます。これなら都度個人情報などを登録する必要もなく、ユーザーも各々好きな投稿をしつつキャンペーンに参加できます。

キャンペーンによっては「サービスの認知度が200%向上した」といった事例もあり、ハッシュタグはソーシャルマーケティングを行う上では欠かせない要素となっています。

より広範囲にリーチできる

ハッシュタグは既に多くのユーザーに利用されており、SNSユーザー数全体の過半数に届くというところまできています。

加えて「他者が使用しているハッシュタグをチェックしている」というユーザーも多いので、より広範囲にリーチできるというメリットがあるのです。

関連した投稿を探せる

SNS上でプロモーションやキャンペーンを展開する際は、まずユーザーニーズの動向を探るところから始めることが多いでしょう。

例えば「このおいしいスイカを全国の皆さんに知ってもらいたい!」というプロモーションなら、まずは「#スイカ」で検索をかけてみてどんな投稿があるのかをチェックしてみることです。「スイカ好きにはどんなユーザーが多いか?」や「スイカをどのようにプロモーションしていけばよいか?」など、戦略立案に役立てることができます。

投稿を管理しやすくなる

プロモーションやキャンペーンを行う際に、複数のアカウントから展開するというケースがあります。しかし、マーケティングにかけられる人的リソースが限られている中で、各インフルエンサーの投稿内容をTwitterやInstagramなどのSNSアカウントごとに確認するのは手間もかかり、管理が大変です。

そこで、プロモーションやキャンペーン毎にハッシュタグを設定しておくと、各インフルエンサーの投稿状況も容易に確認できるのです。

以上がビジネスにおけるハッシュタグのメリットです。ビジネスのプロモーション活動に、今後ますますハッシュタグの活用が欠かせなくなりそうですね。

最近では複数のSNSにおいて横断的にハッシュタグを収集・管理できる「ハッシュタグ・UGC活用「タグボード(tagboard)」導入・運用サービス」が人気急上昇中です。複数プラットフォームのアカウント管理を一元的に行えるなど、非常に便利なツールなのでチェックしてみてください。

3.ハッシュタグの選び方

ハッシュタグは任意の言葉で作成することが可能なため、タグ付けの方法が重要になります。そのため、

・適度に認知度があるもの

・検索結果の上位に表示されやすいもの

この2点を意識して適切なハッシュタグを選びましょう。

ここからはハッシュタグの選び方を解説していきます。

3-1.ハッシュタグの候補を探す

まずはユーザーに興味を持ってもらえるような、自身の投稿に適したハッシュタグの候補を調査しましょう。

候補を探す際は、以下の3点を参考にしてみください。

〇サジェスト機能を参考にする

Instagram内にある検索欄のサジェスト機能を参考にしましょう。

検索欄に単語を打ち込むと、その単語の関連したハッシュタグ一覧を順に確認することができます。

〇検索結果に表示される関連語を参考にする

Instagram内でハッシュタグを検索した際に表示される、関連したハッシュタグを参考にしましょう。

また関連したハッシュタグを辿っていくと、自身では想像しなかったようなハッシュタグを見つけられるかもしれません。

〇ハッシュタグの検索ツールを活用する

ハッシュタグ検索ツールを活用しましょう。

ツールの検索欄に単語を入力することで、その単語を使用している人々が他に使用しているハッシュタグを調査することができます。

3-2.ハッシュタグの投稿数を確認する

検索数が多いハッシュタグは、自然と投稿数も多くなります。多くのユーザーに見てもらうためには検索の上位に表示される必要があるため、投稿数のボリュームを確認することが大切です。

ハッシュタグの投稿数は

・ビッグワード 10万投稿数以上

・ミドルワード 1万〜10万投稿数

・スモールワード 1万投稿数未満

となり、SEOのキーワードのように分かれています。

ビッグワードやミドルワードはフォロワー数やいいね数が多い強豪アカウントが多いため、リーチ力が弱い場合、そのハッシュタグで検索上位を狙うのは難しいでしょう。

そのため、まずはスモールワードのハッシュタグで検索上位を狙い、閲覧数やフォロワー数を獲得していきましょう。

3-3.同じハッシュタグを用いている投稿・アカウントを調査する

検索上位にある投稿のいいね数や、アカウントのフォロワー数を調査しすることも大切です。自身の投稿に対するいいね数やアカウントのフォロワー数と同等であれば、検索上位に表示される可能性は高いと言えます。

4.まとめ

今回はハッシュタグの基本、使い方、ビジネスにおけるメリットなどを解説しましたが、知れば知るほどハッシュタグが魅力的なものに映っているのではないかと思います。

事実、ハッシュタグをうまく利用できれば、プライベートでのSNSもビジネスにおけるSNSも効果的に活用できます。ただし、使用する上でのルールなどもしっかりとあるので、適切に使用しなければ「もろ刃の剣」になる可能性もあり得ます。

ともあれ本稿では「ハッシュタグについてなんとなく理解できた!」や「興味が出たからもっと知りたい!」と思っていただけたのであれば幸いです。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?