【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイトを運営しているのであれば、CTAの改善に努める必要があります。CTAはコンバージョン率やマーケティング活動に大きな影響があるため、常に気を配りたいところです。

この記事ではCTAの概要や改善方法をご説明します。ぜひ、サイト運営に活かしてください。

CTAとは?

CTAとは「Call To Action(コールトゥーアクション)」の頭文字であり、日本語では行動換気を意味します。

WEBサイトにおいては、問い合わせや資料請求などの入力フォームやバナー、テキストリンクなどことです。

CTAを設置することで自社はユーザーに対して、意図する行動を促すことになります。

CTAの代表例

以下にBtoBサイトで使われるCTAの例をご紹介します。

・問い合わせ

・資料請求

・無料トライアル

・見積依頼

・ホワイトペーパーのダウンロード

・事例集のダウンロード

・個別相談会

・各種セミナーの申込み

・カンファレンス

・デモ依頼

・チャット

・電話 など

以上において、問い合わせや資料請求、無料トライアルは比較的購買意欲が高いユーザー向けです。一方でダウンロードなどはユーザーにとってハードルの低いものになります。

CTAの改善ポイント

CTAはページの最後にそれとなく設置しているだけでは、コンバージョンにつながりません。自社サイトにおいても、以下のポイントを参考に改善してみてください。

リンク先をイメージできる文言にする

CTAはコンバージョンを導くためのものであり、ユーザーがメリットと感じることが重要です。そのため、ユーザーの心に響くCTAにする必要があるわけです。

たとえば、テキストリンクでは「Instagram」や「Twitter」とするよりも、「インスタグラム」「ツイッター」とするほうが、サービス名が一目でわかります。

また、「続きはこちらから」とすることで、結論を知りたいユーザーの誘導が可能です。

選択肢を減らす

人間の心理として、選択肢が多いほど迷いが生じます。資料ダウンロードのバナーやテキストリンクがいくつもあると、ユーザーは行動を起こしにくくなるわけです。これを決定回避の法則と呼び、ユーザーが何も行動しないことを意味します。

ユーザーが行動を起こしやすいように、できるだけCTAボタンを少なくするようにしましょう。

設置場所をユーザー目線にする

ユーザーがWEBサイトを閲覧するときは、ページの左上からアルファベットの「Z」を描くように視線を動かすことがほとんどです。

よって、その特性を活かしたCTAの設置が効果をもたらします。ページの右下や中央に設置すると、ユーザーの視線に入りやすいため調整してみてください。

視覚的に強調する(デザイン)

CTAの設置では、デザインもポイントです。色やイラスト、写真など視覚的にユーザーに訴えられるCTAはコンバージョン率の向上につながります。

自社がターゲットするユーザーが好みそうなデザインや季節感を出すと、効果をもたらします。

ユーザーにしてほしい行動を明確にする

ユーザーに対して「購入してください」と伝えるのは、勇気がいるものです。しかし、「ここをクリック」という文言だけでは、ユーザーは何をすればいいかわかりにくいです。

「ここをクリックして購入」「続きを読むにはここをクリック」など、ユーザーに起こして欲しい行動を明確に記すようにしましょう。そのほうがユーザーは行動がしやすくなります。

緊急性をだす

人間心理として、明日、来週でもできることは後回しにします。ですから、「興味があればお試しください」というメッセージでは、コンバージョンにつながりません。

「期間限定」「数量限定」という文言を入れると、ユーザーは「今買っておかないといけない」という心理になります。また、「今しかない」「今すぐ」といったストレートな文言も効果的です。

ユーザーに心理的負担をさせない

消費者は「買って得をしたい」というよりも「買って損したくない」という気持ちが強いです。ましてや商品の購入や問い合わせなどは個人情報を入力するため、その心理が強くなります。

その場合、「簡単3ステップでダウンロード」「会員登録不要で購入」など、心理的な負担を軽減する文言を入れてみましょう。

CTA改善の成功例

CTAの改善で成功した事例を3つ紹介します。

オバマ元大統領の献金サイト

アメリカの元大統領であるオバマ氏は、CTAを工夫し日本円で約60億円の資金を集めました。CTAを設置するページに家族写真を掲載するなど、親近感がわくように改善しています。また、「もっと見る」という文言でCTAを設置したことも、効果につながりました。

Amazon

Amazonの商品ページでは「カートに入れる」「今すぐ買う」というCTAがわかりやすい色やアイコンで設置してあります。電子書籍であれば、「試し読み」というCTAもユーザーの興味を向上させる工夫といえるでしょう。

Spotify

Spotifyは音楽を配信するサービスです。SpotifyはCTAボタンを色分けすることで、多くのコンバージョンを獲得しています。WEBページでは有料会員のボタンを目立つようにしてあり、有料ユーザーを着実に誘導しています。

Netflix

映画やドラマの配信サービスであるNetflixは、「30日間の無料体験をはじめる」というCTAボタンを目立たせることで、多くの会員を獲得しました。

また、いつでもキャンセルができるというコピーを追加することで、ユーザーの登録ハードルを下げています。気軽に体験してみたいと思わせたことが、ユーザー獲得に貢献しています。

Slack

Slackはビジネス向けのチャットツールです。SlackはCTAボタンをヘッダーの右上やコンテンツの下部に設置して、カラーも統一しています。ユーザーの視覚の移動に忠実なボタン配置をすることで、スムーズな押下につなげています。

CTAを改善してコンバージョン率を高めよう

CTAの改善は、コンバージョン率の向上に大事なことです。改善方法や成功事例を参考に、ぜひ、サイトのCTAを改善してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?