【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

お笑い芸人でありながら、YouTuberとしても大成功を収めているオリエンタルラジオの中田敦彦さん。

中田敦彦さんはどのような思考により、YouTubeで成功を収めたのでしょうか。この記事では、中田敦彦さんがYouTubeで成功を収めた理由を探っていきたいと思います。

自社のマーケティングにも活かしてみてください。

中田敦彦とYouTubeチャンネルのプロフィール

はじめに中田敦彦さんとYouTubeチャンネルのプロフィールをみていきます。

中田敦彦さんは、相方の藤森慎吾さんとオリエンタルラジオとして活動。デビュー間もないころはリズムネタの武勇伝で人気を獲得しました。

しかしながら勢いが落ち込み、仕事も激減します。そんななか、相方の藤森慎吾さんはチャラ男キャラで再ブレイク。中田敦彦さんもテレビ番組「しくじり先生」への出演で人気が再燃します。

トーク番組ではひな壇芸人として出演することも多くなりましたが、「ここのままでいいのだろうか」と感じるようになったとか。そこで、「RADIO FISH」を結成した音楽活動やYouTubeに力を入れるようになります。

中田敦彦さんのYouTubeチャンネルは、「中田敦彦のYouTube大学」をメインチャンネルとしており、登録者は2020年9月半ば時点で289万人となっています。

同チャンネルでは、歴史や経済、政治、教養など難しいテーマを視聴者にわかりやすく解説しています。教育系YouTuberは塾講師や大手予備校講師が自分の専門分野を講義することがあります。

しかし、中田敦彦さんは自分が学んだことをコンテンツにしています。つまり、中田敦彦さんが講師であり、自らもひとりの生徒というわけです。このようなコンテンツの提供方法は、知的好奇心や情熱がないと続かないでしょう。

中田敦彦さんのビジネスモデル

中田敦彦さんは、YouTubeチャンネルとオンラインサロン「PROGRESS」を運営しています。

オンラインサロン「PROGRESS」は月額980円であり、以下のような会員特典を設定しています。

・「YouTube大学」収録のZoom観覧

・自己紹介交流所「PROGRESS-Introduction」

・ライブ配信交流所「PROGRESS-TV」

​・YouTuber養成所「PROGRESS-Theater」

・中田の毎日生配信「朝の会」

・毎月末 Zoom交流会

オンラインサロンはYouTubeチャンネルの付加的なものにもなり、さまざまなことを学習できるようになっています。

YouTubeチャンネルは無料で閲覧できますが、そこでの集客がオンラインサロンでの収益化にもつながっているでしょう。

中田敦彦が爆速でYouTubeで成功した理由

中田敦彦さんは、2019年4月にメインチャンネルを開設し、1年ほどで登録者数200万人を達成しています。

コンテンツの内容も自分の専門分野を発信するわけではなく、本人が講義のために猛勉強しています。1本のコンテンツが30分を超えることも珍しくもなく、濃密な内容を提供し続けています。

その濃密さや戦略的な思考力、行動力が短期間で成功した理由といえます。

しかし、それだけではなく「並外れたメンタルの強さ」も大きく関係しているはずです。

一般社会人、芸能人などに限らず多くの人は会社や企業、業界内のルールに従って生きています。それは最低限、守らないといけないことでもあります。しかし、それに従っているほうが楽と感じることはないでしょうか。

新たな風を入れたい、改革したい、などこれまでのルールを変えようとするのは面倒に感じるものです。

お笑い芸人であってもその業界内のルールに従う、そしてその流れに逆らわないという風潮があるかもしれません。

しかしながら、オリエンタルラジオはリズムネタを取り入れたり音楽活動を始めたり、言ってみれば掟破りな行動が人気に火をつけました。

変化を恐れない、周りの評価を気にしないなどのメンタルの強さがYouTubeチャンネルの成功にもつながったと考えられます。

中田敦彦のYouTube成功の理由をマーケティングにも活かす

中田敦彦さんは、自らへの批判を喜んで受け入れて次に活かしています。

一般的に批判やクレームというのは、落ち込んだり感情的になったりします。しかし、中田敦彦さんはそうではなく、自身の活動について「仮説と検証のプロセス」としています。

つまり、「試しにやってみる!」「失敗したら、はい次!」とひとつの失敗に対して、そのたびに病んだりしません。

行動、失敗、検証、再挑戦というサイクルを回し続けることは、企業のビジネスにも活かせることではないでしょうか。失敗に立ち止まらず、次々と挑戦してみましょう。

中田敦彦がYouTubeで成功した具体的な戦略

中田敦彦さんのYouTubeの成功には、圧倒的な行動力が根底にあります。それに加えて、次のことも成功要因だと考えられます。

・成功者を徹底的に真似る

・好きなことをしている

・動画配信がテクノロジーに沿っている

中田敦彦さんは成功者に真似ることを悪くないと考えています。売れているものを悪くいわず、そこから何か学ぶべきという想いもあり真似やパクリを実践しているとのこと。

また、YouTubeを始めたのは著書を売るためだったようであり、チャンネル開設当初は伸び悩みます。

しかし、自身が好きな「ジョジョ」の動画配信をしたところ爆発的に伸びて、その辺りから興味のあることを配信し始めています。自分が興味のある世界史の講義を配信してからその勢いは加速します。

それから、チャンネル開設当初は5分や10分程度の動画が多かったものの、今では30分や40分、50分といった長めのコンテンツが多くなっています。

これは5Gの回線開通によりダウンロードや接続速度の向上から、再生時間の長い動画を見やすくなることを予測してのことです。最先端のテクノロジーを分析したチャンネル運営も成功の秘訣でしょう。

中田敦彦の視点をマーケティングに取り入れてみよう

中田敦彦さんは、YouTubeチャンネルの開設から瞬く間にチャンネル登録者数が100万人、200万人を突破しました。

中田敦彦さんは失敗しても批判されてもすぐに立ち上げるメンタルの強さがあり、行動力が高いです。そのため、短期間でYouTubeでも成功したといえます。

自社においても中田敦彦さんのビジネスへの取り組みを参考に、チャレンジを続けていきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?