【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

SNSやYouTubeでは日々様々なジャンルの写真や動画が公開されていますが、その中でも特に人気が高いペット関連の投稿です。

SNSやYouTubeの普及から今日に至るまで根強い人気を維持し続けており、可愛らしい動物たちの様子を公開して人気を博しているインフルエンサーも数多く活躍しています。

そこで今回はInstagram、YouTube、Twitterで行われたペットのインフルエンサーマーケティング・プロモーションの事例をご紹介いたします。

1.インフルエンサーとのコラボ事例

それでは早速、ペット業界のインフルエンサーマーケティング事例をご紹介してまいりましょう。

1-1.omofun株式会社「Furboドッグシッター」

はじめにご紹介するInstagramを活用したペット業界のインフルエンサーマーケティング事例は、Tomofun株式会社による同社の製品及びサービス「Furboドッグシッター」の事例です。

Tomofun株式会社は外出先でも自宅にいる愛犬を見守ったり、声をかけたりおやつをあげてコミュニケーションを行うことができるドッグカメラ「Furboドッグカメラ」の販売や、AIを活用して様々な通知機能やクラウドレコーディング機能、ドギーダイアリーなどが利用できる「ドッグシッター」サービスを提供している企業であり、飼い主が見つからない保護犬の支援として募金活動なども行っています。

https://www.instagram.com/p/CCTC07vFl8B/

本事例ではインフルエンサーとして2020年8月現在約57.7万人ものフォロワーを持つ大人気のペット系インスタグラマー「たまねぎ(@tamanegi.qoo.riku)」さんが起用されています。

たまねぎさんは愛犬である3頭のプードルと2人のお孫さんの日常的なふれあいの様子を撮影した写真や動画を数多く投稿しており、可愛らしく微笑ましい作品の数々は非常に高く評価されています。

1-2.株式会社PECO「my♡DOG」

次にご紹介するInstagramを活用したペット業界のインフルエンサーマーケティング事例は、ペット関連メディアの運営や雑誌の発行、ペット系インフルエンサーのプロダクションなどペット関連事業を幅広く手掛けている企業「株式会社PECO」による同社発行の定期購読雑誌「my♡DOG」の事例です。

https://www.instagram.com/p/CBQJhLrDZE5/

こちらの事例ではインフルエンサーとして「shibainu.berry(@shibainu.berry)」さんが起用されています。

shibainu.berryさんは愛犬である2頭の柴犬の様子を撮影した写真や動画を主に投稿されており、2020年8月現在で約14.7万人に上るフォロワーを持つ人気ペット系インスタグラマーです。

2頭のどこかコミカルで愛嬌たっぷりな様子が人気のポイントです。

1-3.GREEN DOG「Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム!)」

続いてご紹介するInstagramを活用したペット業界のインフルエンサーマーケティング事例は、ペット関連事業を手掛ける株式会社カラーズが運営するペットフード・ペット用品販売店「GREEN DOG」によるオリジナルドッグフード「Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム!)」による事例です。

https://www.instagram.com/p/Bi4dStMH3r-/

この事例で起用されているのは「Shibainu_Pesuke(@colza0407)」さんです。

豆柴の「ペースケ」くんを撮影した写真や動画を多数投稿しており、チャームポイントである可愛らしい笑顔と十八番のハイタッチが大変好評です。

フォロワー数は2020年8月現在で約2.5万人となっています。

1-4.マース ジャパン リミテッド「シーバ とろ~りメルティ」

最後にご紹介するInstagramにおけるペット業界のインフルエンサーマーケティング事例は、ペット用品の製造・販売を行うライオン商事株式会社のブランド「ニオイをとる砂 獣医師開発猫トイレ」の事例です。

https://www.instagram.com/dora_me0416/

こちらの事例ではインフルエンサーとして起用されているのは「tomoko(@dora_me0416)」さんです。

tomokoさんは主に2匹の愛猫の日常の様子を撮影した写真や動画を投稿しており、2020年8月現在で約3.9万人のフォロワーを持つ人気ペット系インスタグラマーです。

いつも仲の良い愛猫2匹のほほえましい様子をみて楽しみ癒されることができます。

2.ペット関連企業のInstagramアカウント

続いては、ペットに関連したビジネスを展開している企業のInstagramアカウントを5つご紹介します。

2-1.ペットと、ずっと。(ユニ・チャーム ペット)(@unicharmpet_jp)

Instagramアカウント:ペットと、ずっと。(ユニ・チャーム ペット)(@unicharmpet_jp

フォロワー数:約2.6万人(2022年1月現在)

最初にご紹介するペットに関連したビジネスを展開している企業のInstagramアカウントは、「ペットと、ずっと。(ユニ・チャーム ペット)」です。

衛生用品からフードまで幅広い製品を販売しているユニ・チャーム ペット。

本アカウントでは、製品の情報を発信したり、フォロワーへアンケートを行ったりしています。

https://www.instagram.com/p/CW2i6Hkv-Nk/

https://www.instagram.com/p/CZYOplUPKtf/

「ペットと、ずっと。(ユニ・チャーム ペット)」のアカウントの特徴は、フォロワーから画像を募集し、リポストしていることです。

https://www.instagram.com/p/CY5VHPtv7e4/

https://www.instagram.com/p/CXfNSpTps9S/

リポストとは、他人が投稿した写真や動画をそのまま自身のアカウント内で再投稿すること。

本事例のようにフォロワーの画像をリポストすることによって、自社のタイムラインで魅力的な画像を多数紹介することができます。

フォロワーとしても自分のペットが、企業の公式Instagramアカウントで紹介されるのは嬉しいことですよね。

2-2.ライオン商事株式会社(公式) | ねこといっしょ(@lion_pet_cat)

Instagramアカウント:ライオン商事株式会社(公式) | ねこといっしょ(@lion_pet_cat

フォロワー数:約1万人(2022年1月現在)

次にご紹介するペットに関連したビジネスを展開している企業のInstagramアカウントは、「ライオン商事株式会社(公式) | ねこといっしょ」です。

ねこ用のトイレ砂や歯磨き等、ペット製品の製造・販売を行っているライオン商事株式会社。

本アカウントでは、ペットと共に暮らしていくためのお役立ち情報や、フォロワーから寄せられたねこ画像が紹介されています。

https://www.instagram.com/p/CV_6zU1J9I6/

「ライオン商事株式会社(公式) | ねこといっしょ」のアカウントの特徴は、ストーリーズを活用してフォロワーと積極的にコミュニケーション取っていることです。

https://www.instagram.com/p/CZON6bLr6AW/

https://www.instagram.com/p/CXp8FX-pnO0/

Instagram等のSNSを運用する際には、フォロワーと積極的にコミュニケーションを取ることが重要です。

積極的にコミュニケーションを取ることによって、フォロワーを増やしたり、長期間投稿を追い続けてくれるフォロワーを獲得することができます。

本事例では、ストーリーズでフォロワーに質問を投げかけることで、Instagramでフォロワーとコミュニケーションを取ることに成功しています。

ストーリーズは日本で特に人気の機能ですので、Instagramで企業アカウントを運用する際にはぜひ活用してみましょう。

2-3.Petio(ペティオ)(@petio_)

Instagramアカウント:Petio(ペティオ)(@petio_)

フォロワー数:約2.1万人(2022年1月現在)

次にご紹介するペットに関連したビジネスを展開している企業のInstagramアカウントは、「Petio(ペティオ)」です。

「ペットと人が幸せに暮らせる社会の創造」をミッションに掲げ、ペット食費やペット用品の製造・販売を行っている株式会社ペティオ。

本アカウントでは、新商品の紹介やキャンペーン情報の発信が行われています。

https://www.instagram.com/p/CNcJGhrp_KP/

「Petio(ペティオ)」のアカウントの特徴は、フォトコンテスト形式のキャンペーンを行っていることです。

https://www.instagram.com/p/CXAC6drP0AC/

https://www.instagram.com/p/CUd88kQpT4O/

フォトコンテスト形式は、「うちの子をもっとたくさんの人に見て欲しい!」という飼い主の心に響くキャンペーン形式ですので、ペット関連企業のInstagramアカウントと非常に相性が良いものです。

Instagramのフォトコンテスト形式のキャンペーンは、UGC(ユーザーが生み出したコンテンツ)が多数生まれ、自社のアカウントがSNSで拡散される可能性が高くなるというメリットがあります。

企業がInstagramアカウントを運営する際には、フォトコンテストなどユーザーから関心を集められるInstagramキャンペーンを打ち出していきましょう。

2-4.ねこにすと(@neko_nist)

Instagramアカウント:ねこにすと(@neko_nist

フォロワー数:約3万人(2022年1月現在)

次にご紹介するペットに関連したビジネスを展開している企業のInstagramアカウントは、「ねこにすと」です。

ねこにすとは、愛猫の写真を募集しパネルにして有名百貨店等で展示するというイベントを開催しています。

本アカウントでは、ねこにすとで展示されたねこの画像やイベントの情報が投稿されています。

https://www.instagram.com/p/CY2lEKAv3OS/

「ねこにすと」のInstagramカウントの特徴は、インスタライブを積極的に行っていることです。

https://www.instagram.com/p/CX-B1PQPVBP/

https://www.instagram.com/p/CYsPDHQvDM5/

ねこにすとのインスタライブでは、イベントの案内やフォロワーからの質問への回答を行なっています。

インスタライブを活用してフォロワーへの疑問に直接回答することで、リアルタイムでのコミュニケーションをはかることが可能に。

企業がInstagramアカウントを運営する際には、インスタライブを行って積極的にユーザーとコミュニケーションをとっていきましょう。

2-5.ヘ?ットのことならペトコト【PETOKOTO犬部??】(@petokotolife_dogs)

Instagramアカウント:ペットのことならペトコト【PETOKOTO犬部🐶】(@petokotolife_dogs

フォロワー数:約4.5万人(2022年1月現在)

最後にご紹介するペットに関連したビジネスを展開している企業のInstagramアカウントは、「ペットのことならペトコト【PETOKOTO犬部🐶】」です。

ペットにまつわる情報メディアやペット関連サービスを提供している株式会社PETOKOTO。

本アカウントでは、飼い主に向けたお役立ち情報やキャンペーン情報が多数投稿されています。

https://www.instagram.com/p/CVsOQYAv7zJ/

https://www.instagram.com/p/CZHUw8DPX68/

https://www.instagram.com/p/CY1MkmAPlfs/

「ペットのことならペトコト【PETOKOTO犬部🐶】」の投稿には、必ず複数の画像が使用されています。

また、施設のおすすめポイントなどが、テキストを使ってユーザーにわかりやすく説明されていますね。

Instagramのキャプションには、施設住所や施設のInstagramアカウントIDが掲載されているので、フォロワーは簡単に情報収集をすることが可能に。

本事例は、画像やテキストを豊富に使った投稿でInstagramユーザーからのエンゲージメントを高めることに成功しています。

企業がInstagramアカウントを運用する際には、本事例のように、フォロワーに「学びになる有益な情報が投稿されるアカウントだ」と感じてもらえるような投稿を意識しましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?