【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

SNSは現代の若者のコミュニケーションツールとして欠かせないものとなっています。

そのため、企業の集客ツールとしてTwitterを活用している企業も多いです。

そこでこの記事では、実際に企業の集客ツールにTwitterを使って成功した企業の事例や、成功事例をもとにしたTwitterマーケティングのコツを紹介します。

1.企業でTwitterを効果的に運用するポイントとは?

Twitterを企業の宣伝・集客に活用している企業は多くあります。

それでは、実際に活用している企業は、どのようなポイントを押さえたうえでTwitterの運用を行っているのでしょうか。

1-1.#(ハッシュタグ)を使う方法

次に挙げられる活用方法が「# (ハッシュタグ) 」を使う方法です。

ハッシュタグとは投稿に関連したワードの前に「#」を付けたもので、Twitterの投稿は黒文字で表示されますが、ハッシュタグは水色で表示され、クリックできるようになっています。

ハッシュタグをクリックすると、同じハッシュタグが付けられた投稿をまとめて検索することが可能です。

例えばコーヒーに関連した商品を販売している場合、投稿に「#コーヒー」というハッシュタグを入れておけば他のユーザーの投稿の中に含まれている「#コーヒー」というハッシュタグをクリックした際に、自社のアカウントの投稿も検索に引っかかります。

1-2.新商品やキャンペーンの情報に特化した運用

まず活用方法として挙げられるのが、新商品やキャンペーンの情報に特化した運用方法です。

お得な情報に反応するユーザーは多いので、新商品やキャンペーン開催情報などを投稿し、過去にサービスを利用したことがある顧客に会社や店舗の事を思い出してもらったり、サービスをもう一度利用してもらうための宣伝をします。

また、クーポン目当てでアカウントをフォローするユーザーも実際に多く、フォロワーを増やすためにもおすすめです。

さらに、Twitterにはリツイート機能があることから、既に企業のアカウントをフォローしているユーザーにリツイートしてもらうことで、企業に対して興味を持っていないユーザーにも興味を持ってもらうためのきっかけづくりにもなります。

1-3.時間を決めてその時間に集中的に投稿を行う方法

最後に紹介するのが、時間を決めてその時間に集中的に投稿を行う方法です。

Twitterは子供から大人まで幅広い世代に使われているサービスですが、学校や仕事があるので常に多くの人がTwitterを見ているとは限りません。

実際にTwitterの閲覧者数が多い時間帯は通勤・通学時間に当たる午前7~8時、休憩時間にあたる昼頃、そして帰宅時間にあたる午後5~7時頃であることが証明されています。

そのため、この時間帯の少し前に投稿をすることで、閲覧者数を増やし、情報を効率良く発信すると良いでしょう。

ただ、あまりにも更新頻度が多すぎると、投稿を鬱陶しく感じてフォローを外してしまうユーザーもいます。

そのため、大体1日多くても10回以内に投稿を抑え、程よい投稿数でユーザーが求めるような情報を発信しましょう。

2.Twitter運用成功事例4選

Twitterには、容易に相互のコミュニケーションをとることが可能な多くの機能が備わっています。

・ツイートに対してコメントをつける

・気に入ったツイートをリツイートする

・気に入ったツイートにいいねする

・アカウントにダイレクトメッセージ(メールのように直接メッセージをすること)を送る

などといった多様な方法によって相互コミュニケーションをはかることが可能です。SNSを用いない従来のマーケティングが企業から顧客への一方的な情報発信が主流だったのに対して、Twitterにおけるマーケティングでは企業とユーザーとの間で双方向のコミュニケーションを行うことができるのです。

Twitterを通してユーザーと相互のコミュニケーションを図ることで、自社の商品やサービスを実際に利用しているユーザーの意見や感想といった情報を容易に取り入れることができます。

ユーザーとの双方向のコミュニケーションを通して、顧客との信頼関係の構築、自社製品・サービスの改善につなげやすい点もTwitterを活用したマーケティングの特徴で、上手に活用している企業アカウントを紹介します。

2-1.シャープ株式会社

大手家電メーカーである「シャープ(@SHARP_JP)」のTwitter企業アカウントです。2021年1月時点で81万人を超えるフォロワーを獲得しています。

企業がSNSで発信する情報には、お堅いイメージがついてしまうものですが、シャープが発信する情報はそれとはまったく異なります。

Twitterユーザーの間では、「シャープさん」と親しみを込めて呼ばれ、シャープさんが発信する内容の多くは、ネット記事になったり話題を集めるほどに大人気です。

その人気の秘訣は、シャープが実施するフランクな運用スタイルにあります。

とても企業のお堅いイメージを感じさせません。

このようなアナログな運用スタイルによって、人間味あるとても親しみやすい印象をユーザーに与えることを可能にしています。またシャープは、バズった(多くの人に拡散されて話題になっている投稿のこと)ツイートや、他社アカウントなどに対して、積極的にリツイートやリプライをすることで親しみやすいアカウント運用を可能にしています。

一般消費者と双方向のコミュニケーションを意識したフランクな運用を通して、自社ブランディングの向上をはかり、自社のファンを多く獲得することに成功しているのです。

2-2.ローソン

大手コンビニチェーンである「ローソン(@akiko_lawson)」のTwitter企業アカウントは、2021年1月時点で545万人以上のフォロワーを抱える企業のTwitterアカウントの中でも屈指のフォロワー数を誇ります。

ローソンのTwitterアカウントでは同社の女性マスコットキャラクターである「あきこさん」がTwitterにてメッセージを発信するといった形で運用されています。

その人気の秘訣は、ユーザーが積極的にシェアしたくなるようなクリエイティブ性です。

ローソンで販売している商品を紹介するツイートの多くは、ただの宣伝にとどまらず、「いかにツイートをみたユーザーにシェアされるのか」を意識した工夫がされています。

実際にユーザーがお家でローソンの商品を消費しているイメージをうまく作り出すために、背景にもこだわった写真が多いです。このようなツイートは、お昼や晩御飯などの時間帯に合わせて投稿されることが多い点も、一般消費者の購買意欲を高めることに貢献しています。

また「このツイートを引用リツイート」などといったTwitterキャンペーンをうまく利用することで、自社アカウントのフォロワー新規獲得や、新商品の認知度向上に役立てています。

ハッシュタグを使ったキャンペーンも多用していることから、Twitterキャンペーンを利用する際には大変参考になるアカウントです。

2-3.任天堂

スーパーマリオなどゲームやおもちゃの製造から販売までを手掛ける「任天堂(@Nintendo)」Twitter企業アカウントは、2021年1月時点で172万人を超えるフォロワーを獲得しています。

数あるゲーム会社のアカウントの中でも、圧倒的な人気を誇る同アカウントのヘッダー(Twitterのホーム画面写真)やツイートには、マリオやルイージなどといった海外にも大人気のキャラクターがたくさん登場しています。

一般消費者にとって、人気のキャラクターがたくさん登場するアカウントからの情報発信は、キャッチーな印象とともに親しみやすさを感じさせることができ、いいねやリツイートなどでシェアを獲得しやすくなります。

また、任天堂は動画のツイートを数多く流しており、Twitterの仕様上、タイムライン上において他の文章だけのツイートに比べて大きく表示されるため、ユーザーの目に留まりやすくなります。

このように自社商品のプロモーションを行うことで、多くのユーザーに自社商品の認知度を向上させることに成功しています。文章だけのツイートではなく、動画を併用したツイートを心がけることは、よりユーザーの目にとどまりやすいプロモーションをしているアカウントです。

2-4.ユニクロ

大手アパレルメーカーである「ユニクロ(@UNIQLO_JP)」のTwitter企業アカウントは、2021年1月時点で75万人を超えるフォロワーを獲得しています。

日本国内にとどまらず、ユニクロの人気は海外にまで及んでおり、店舗に足を運ぶと、その多様な商品の数に圧倒されます。

Twitterでは、そんな数多くの自社商品をわかりやすい写真付きでたくさん紹介することで、既存顧客だけでなく新規顧客にもアプローチするマーケティングを可能にし、毎回多くシェアされる人気のアカウントの運用に成功しています。

有名モデルなどを多数使用して自社の商品を紹介するツイートは、ユーザーに「実際にこの洋服を着たらどのようにみえるのか」といった疑似体験を演出することにも成功しているのです。

その人気の秘訣は、うまく自社サイトへの導線を引いている点にあります。

ユニクロが自社商品を紹介するツイートの内容には、「女性にもおすすめ」「軽やかには羽織れる」といったシンプルでわかりやすい特徴が列挙されていることにより、ユーザーにとって大変わかりやすい情報発信がなされています。

ユニクロのツイートをみたユーザーは、その商品の特徴が写真付きで紹介されていることから、購買意欲をかきたてられます。

「この洋服がほしい」と購買意欲をかきたてられたユーザーは、ユニクロのツイートに記載されている商品紹介ページをクリックすることで、なんの手間もなくユニクロの自社サイトから商品を購入することができるのです。

このように、Twitterを通して自社商品の宣伝を行うだけでなく、スムーズに実際の購入までにつなげてしまう工夫は、企業の売り上げ向上に貢献してくれます。

3.まとめ

Twitterを通したアカウント運用に大成功している企業アカウント4選をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

前述したとおり、近年におけるSNSの爆発的人気に伴って、SNSを活用したマーケティング活動はもはや企業にとっては無視することのできなし重要なマーケティング手法の一つとなっています。

数あるSNSの中でも、Twitterを活用したマーケティングは、拡散力や投稿内容の工夫のしやすさといった点において大変有力です。

ぜひ貴社でも本記事を参考に、Twitterを活用したマーケティング活動をしてみてはいかがでしょうか。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?