【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

YouTube市場は過熱しており、企業や一般個人、有名人などさまざまな人々が参入しています。そのため中身のないコンテンツを配信してもユーザーの心に刺さらず、成果が得にくいです。

そこでYouTubeでのコンテンツ配信をイチから学べる「YouTube Creator Academy」で、有効な動画制作ができるように学んでみてはどうでしょうか。

この記事ではYouTube Creator Academyについてご紹介します。

 

YouTube Creator Academyとは?

YouTube Creator AcademyはYouTubeが公式で発信している、YouTube向けのコンテンツ集です。YouTube初心者でもチャンネルのレベルアップが可能となっており、オンライン教育を受講できるのが特徴です。

さらにYouTube Creator Academyは無料で活用できるため、学習や教育コストは発生しません。

YouTube Creator Academyにはさまざまなコースあり、長くても1~2時間程度の講座となっています。

また、各コースの最後は学習したことがテストされますので、定着度も向上するでしょう。講座(コース)は動画視聴により進み、各レッスン動画の文字起しも表示できるため復習にも役立ちます。

なお、各コースは好みのものから受講できるようになっています。必要に応じてレッスンを受けてみてください。

 

YouTube Creator Academy で学べること

YouTube Creator Academyでは、以下の6つのコースがあります。

 

1.はじめに(チャンネルの基礎を学ぶ)

「はじめに」ではチャンネルの設定や動画のアップロード、ブランディングの調整を素早く行うなどの「YouTubeクイックスタートガイド」があります。また、「撮影前」の準備として、機材選びやアイデアを練るなどコンテンツ配信の前準備を学習します。

レッスンではYouTubeコミュニティに参加するための重要なガイドラインも紹介していますので、しっかりと学んでいきましょう。

 

2.コンテンツ戦略(魅力的なコンテンツを作る)

非常に重要なコースとなるのが、「コンテンツ戦略」です。コースは初級、中級、上級とわかれており段階的にコンテンツ戦略を学ぶことができます。

なかでも初級編の最初のコースである「魅力的なコンテンツを作る」では5つのレッスンと修了試験のカリキュラムとなっています。

また、レッスンのひとつ目は「制作に欠かせない基本10か条」となっています。それには3つのカテゴリーである、「視聴者を獲得する」「視聴者を満足させる」「自分自身が楽しむ」を学びます。

ターゲットの絞り方、視聴者からの見つけやすさやわかりやすさなどが、わかりやすく解説されておりすべきことが明確になってくるでしょう。

中級編の「成功へのカギとなる戦略」や上級編の「YouTubeで長期的な成功を目指す」という講座も非常に有益となります。

 

3.制作(魅力的な動画を製作する)

YouTubeで成果をだすにはコンテンツの企画やリサーチが大事となりますが、よりよいコンテンツ作りを意識する際は制作スキルもポイントになります。

ブログやサイトでいうならば、よい文章が仕上がっても文字装飾や図表の挿入といったひと工夫は制作スキルといえるでしょう。

制作スキルが乏しいページはコンテンツの中身がよくても、ユーザーは内容を見終わる前にページから離脱してしまいます。

YouTubeも同様であり、一定の編集スキルが必要です。極端ですが画面が真っ暗で声だけのコンテンツに視聴者は惹かれないでしょう。より視聴者に刺さるようにするために制作スキルを学んでみてください。

こちらのコースも初級から上級までが用意されており、初級では編集ツール選びや撮影中の証明や興味を引くショットを学ぶことができます。また、中級ではライブ配信、状況では360動画とVR動画のレッスンが受けられます。

 

4.チャンネルの最適化(チャンネルの成長に役立つツール)

「チャンネルの最適化」のコースでは、自社のチャンネルの認知度の向上やコミュニティとのつながり、プレミア公開での動画リリースなどを受講します。

特に「認知度を高める」というコースは、視聴者から自社のチャンネルや動画を発見してもらえるようにするための内容です。視聴者に認知してもらうことがプロモーションや広告収入に直結しますので、しっかりと学びたいとことです。

また、中級編では「YouTubeアナリティクスで分析する」講座もあります。アナリティクス分析はチャンネルの健康診断というべきものです。自社チャンネルの傾向やパターンを把握してチャンネル運営に活かせるように学んでください。

 

5.収益とビジネス(収益を得る方法)

「収益とビジネス」では、チャンネルの収益化について初級、中級、上級の各コースで勉強します。

多くのコースが15分のレッスンとなるため、比較的スムーズな受講ができるでしょう。ただし、収益化するには「チャンネル登録者数1000人以上」と「有効な公開動画の総再生時間が直近12カ月で4,000時間以上」などの要件やあります。

その基準に達するまでは、コンテンツ戦略や制作、チャンネルの最適化に注力するようにしてください。

 

6.ポリシーとガイドライン(動画に関するルール)

「ポリシーとガイドライン」の講座では、YouTubeのガイドラインを学ぶことになります。ガイドラインやポリシーを守らないコンテンツ(動画)があると、最悪の場合、チャンネルが永久に削除されてしまいます。

コンテンツに違反がある3回までの違反警告が届き、90日以内に3回の違反警告を受けるとチャンネルの削除となります。

チャンネル運営はガイドラインを守ることが前提となるため、コンテンツ戦略や制作を学ぶ前にこのコースを受講するようにしましょう。

 

YouTube Creator Academyでコンテンツ制作を学ぼう

YouTube Creator Academyでは非常に有益なオンライン講座が受講できます。初歩的な知識、コンテンツ戦略、制作などを無料で学習できるのは魅力的です。これからマーケティングにYouTubeの活用を検討しているならば、ぜひ、YouTube Creator Academyで学習してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?