【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Twitterは、日本ではLINEを除くともっとも利用率の高いSNSとなっています。特に10代、20代では7割がつかっているとのデータもあります。(令和元年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書概要)

Twitterを上手に活用すれば、若年層を中心に幅広い層へ情報の拡散が可能になるため、飲食店の集客にも大きく利用できるでしょう。

「SNSを使った集客に関心がある」「特に若い世代に訴求したい」といった飲食店のPR担当者に向けて、Twitterを使った集客方法、Twitterを利用した集客のメリット・デメリットを解説します。

1.外食産業担当者が知っておきたいTwitterの特徴

飲食店の集客にTwitterを活用するならば、ある程度Twitterについて把握しておくべきです。

Twitterのユーザー層や特徴を紹介します。

1-1.Twitterのユーザー層

Twitterは、日本での月間アクティブユーザー数4,500万人を誇る巨大SNSです。

年代別利用率で見ると、10代と20代が7割以上、30代が約半数と、10代から30代の若い世代にユーザーが多い傾向にあります。若い世代をターゲットにしている飲食店の集客にも向いているといえるでしょう。

<参照>【最新版】2021年7月更新。12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

1-2.Twitterの特徴

Twitterの月間利用者は、FacebookやInstagramなどのほかのSNSより多く、最も月間利用者が多いLINEと並びます。

Twitterは利用しているユーザーが多いのと、リツイートで簡単に情報をシェアできる点から、拡散力が高いSNSといえます。店舗のオープン情報や新メニュー、キャンペーン情報などが拡散されれば、集客につながるでしょう。

Twitterは1回の投稿で140文字までの文章を入力できるので、短くキャッチーな文章で情報を発信するのに向いています。

2.Twitterを利用した集客のメリット・デメリット

Twitterで集客を行うには、利用時のメリットとデメリットを把握しておくべきです。Twitterを運用する際のメリット・デメリットを解説します。

2-1.メリット

SNSにはさまざまな種類がありますが、なかでもTwitterは手軽に情報発信ができて、拡散力が高いSNSです。

特に、多くのユーザーにリツイートやいいね!をしてもらうことでフォロワー以外のユーザーにも拡散することができます。

拡散されれば大きい宣伝効果が見込めるので、ユーザーの心に響くツイートを投稿することが必要です。

2-2.デメリット

Twitterは拡散力が高いため、炎上しやすいといったデメリットがあります。ツイートする内容によって、店舗の印象が悪くなることも考えて慎重に投稿する必要があります。万が一炎上した際の対応方針なども決めておくと安心でしょう。

また、Twitterはアカウントをもっていない顧客には基本的には訴求効果はありません。ほかのSNSも併用したり、チラシなどでも宣伝することなども検討しておくと効果的に集客が見込めるでしょう。

3.外食産業がTwitterを活用する方法

飲食店がTwitterを利用して集客を見込むのなら、どのように活用していけばいいのか検討しておく必要があります。

飲食店がTwitterを活用する際の具体的な方法を解説します。

3-1. キャンペーンやクーポン情報を発信

Twitterを集客に活用している企業が主に行っているのは、クーポン情報やキャンペーン情報の発信でしょう。

Twitterは多くのユーザーが利用しており、さらにリツイートしてもらうとそのユーザーのタイムラインに表示されるため、その拡散力を活かした活用法が効果的です。

具体的には、企業のツイートをリツイートすると「抽選で割引券があたる」「無料でドリンクをサービス」としたり、店名や料理の写真を投稿すると会計時に割り引かれるなどのキャンペーン例があります。

3-2. 顧客とのコミュニケーションツールとして活用

Twitterは情報発信をするだけではなく、顧客とのコミュニケーションツールとしても活用できます。

企業やお店の公式アカウントのツイートにリプライをもらったらリプライを送り返したり、顧客の自社製品についてのツイートに対して「いいね」やリプライ、引用リツイートをしたりと、さまざまなリアクションを表明できます。

こうした投稿は投稿したユーザーだけでなく、その周囲のユーザーにも見られることになり、宣伝効果も期待できるでしょう。

ほかにも、Twitterでは簡単にユーザーからアンケートをとる機能があります。アンケートに答えてもらうことで顧客のリアルな声が聞けるので、顧客のニーズをつかんだり、店舗のサービス改善に活かすことなどに役立てられます。

3-3. 話題性を狙った口コミマーケティング

Twitterでは、商品の宣伝をするマーケティング手法として、「口コミマーケティング」を使用する企業があります。

「口コミマーケティング」とは、自社のサービスや商品に関する口コミを意図的に広げる手法です。

Twitterでは、口コミマーケティングを利用して、各企業が度々ジョークを混じえたツイートをして話題になることがあります。

飲食店は、ユーザーに対して興味関心をそそるような特徴的なツイートを投稿することで、リツイートや「いいね」でユーザーに拡散されることが期待できます。

4.Twitterで注目を浴びる外食企業アカウント

では、Twitterで人気の外食企業アカウントをご紹介していきます。

4-1.ローソン

外食産業で大きな注目を集めている企業のTwitterアカウントとして最初にご紹介するのは、「ローソン」です。

  • Twitterアカウント:@akiko_lawson
  • Twitterフォロワー数:約607万人(2021年10月時点)

みなさんが日々利用している大手コンビニチェーンの一つでしょう。

こちらのTwitterアカウントは、「あきこさん」というローソンクルーのキャラクターが運営しており、こうした可愛らしいキャラクターを起用してTwitterアカウントを運用すると、個性を出しやすくなるメリットがあります。

中でも新商品や商品についてのこだわりが強く押し出されており、

新商品の売れ筋

季節に合わせた商品の紹介

など、商品の魅力的な情報が盛りだくさんで一度は買ってみたいと思ってしまいます。

Twitterフォロワー総数も600万人を超えており企業のTwitterアカウントとして屈指のフォロワー数を誇っています。

アニメとのコラボキャンペーン情報なども掲載しており、好きなアニメのグッズとローソン商品とのどちらも楽しめる内容が盛りだくさんで、大きな注目を浴びている理由がよくわかります。

季節によって、おすすめの商品など頻繁に更新・紹介されるTwitterアカウントの運営力も圧巻。今後の情報も要チェックです。

4-2.スターバックスコーヒー

外食産業で大きな注目を集めている企業のTwitterアカウントとして次にご紹介するのは、「スターバックスコーヒー」です。

  • Twitterアカウント:@stabakike
  • フォロワー数:約513.4万人(2021年10月現在)

友人とまったりお茶をしたいとき、一人で集中したいとき、気になるドリンクやスウィーツを楽しみたいときにスターバックスを利用する人は多いのではないでしょうか。

そんなみなさんが注目する最新の情報を掲載しているのが、このTwitterアカウントです。

こちらのアカウントでは、スターバックスのおいしいコーヒー、デザート、サンドウィッチ等すべての商品についておすすめの情報、商品画像が発信されています。

一目見ただけで今何が流行っているのかチェックすることもできますね。そのほかにも、

  • 季節に合わせた新商品の紹介
  • 気分やシチュエーションに合わせたドリンクやフードの紹介
  • 各地限定デザインアイテムの紹介

についても積極的に発信しており、一度目にしたら思わずお店に足を運びたくなります。掲載されている画像の色使いやイラストもターゲットに刺さりやすく可愛らしい雰囲気に統一されています。

店舗へ足を運びたくなるようなアイデアの数々は、自社の店舗に集客したい企業必見です。

4-3.吉野家

外食産業で大きな注目を集めている企業のTwitterアカウントとして次にご紹介するのは「吉野家」です。

  • Twitterアカウント:@yoshinoyagyudon
  • フォロワー数:約62.4万人(2021年10月現在)

美味しい、速い、かつ安い。この言葉がマッチする、誰もから愛されるお店の吉野家。

こちらのTwitterアカウントではそんな吉野家の新商品やお得な情報を得ることができます。

ハッシュタグを活用し月曜日から土曜日まで通して、各曜日の気持ちに沿って食べたくなるメニューを画像付きで紹介している工夫があり、見ている人の食欲を刺激して上手に店舗への集客を促しています。

朝食メニューも充実していることが分かり、牛丼以外のメニューも情報満載に紹介。

Twitter運用でネックになりやすい「投稿の継続ネタ」ですが、「#冷凍食品の日」「#柿の種の日」など、その日の記念日と自社の特徴をかけ合わせてコンテンツを作ることで、運用のアイデアを増やしている点は大変参考になります。

冬季節であればお鍋メニューの紹介も掲載しており、関連してキャンペーンも積極的に実施してTwitterアカウントを活用して巧みに店舗へ集客している外食産業のTwitterアカウントと言える出そう。

4-4.モスバーガー

外食産業で大きな注目を集めている企業のTwitterアカウントとして次にご紹介するのは、「モスバーガー」です。

  • Twitterアカウント:@mos_burger
  • フォロワー数:約111.7万人(2021年10月現在)

他のファーストフード店よりも、期間限定の商品や少し変わった商品がポイントのモスバーガー。

こちらのTwitterアカウントでは、定番メニューだけでなくサイドメニューのおすすめ情報も積極的に掲載されています。

投稿頻度を1日数回と多くしており、フォロワーとの接点を増やしてブランド想起を促しているのは真似したいポイント。

また、毎日「11:00」にTwitter投稿予約しておりランチタイムにモスバーガーを食べたいと思わせる工夫も大変効果的です。

このようなこだわりがとても魅力的。是非とも真似したい内容ですね。

そのほかにも、商品の画像や映像を一緒に掲載されていて、思わず食べたくなるものばかりです。

今後の新商品の情報にも要チェックです

4-5.バーミヤン

外食産業で大きな注目を集めている企業のTwitterアカウントとして最後にご紹介するのは、「バーミヤン」です。

  • Twitterアカウント:@bamiyan_CP
  • フォロワー数:約35.7万人(2021年10月現在)

中華ファミリーレストランとして、昔から変わらず愛され続けているバーミヤン。

ロゴからも分かるように、桃のマークを利用してフォロワーの方に反応を求める投稿や、商品の一覧画像で商品が一目で分かることも魅力的ですね。

こちらのTwitterアカウントでは、積極的にTwitterキャンペーンが開催されています。

「主人公となり、伝説の定食を見つける」というコンセプトのもと、自分が見つける新しい定食に巡り合えるというゲーム性を持たせた「バミ定クエスト」をはじめとしたユーザーが得するTwitterキャンペーンが盛りだくさんです。

アンケート機能を使用しており、企業の運営者とフォロワーが相互にコミュニケーションして反応を促している点も参考になります。

こうした活動もあり、テレビ番組でも紹介されたりと、SNSを超えて話題性をつくることにも成功しています。

Twitterを広報活動として活用したい際にもぜひ参考にしたいものですね。

5.まとめ

 拡散力の高さやコミュニケーションのとりやすさ、アンケート機能など、Twitterならではのメリットや機能を活かし、集客アップを目指していきましょう。お客様のリアルな声に耳を傾けながらお店づくりをしていけば、きっと人の集まる場所になっていくはずです。

 しかし、それにとらわれすぎるのも良くありません。Twitter上での声をすべて真に受けるのではなく、あくまでも意見の一つとしてみなしてください。良くも悪くも、Twitterで発信した、された情報が及ぼす影響はとても大きいです。うまくつきあっていくことが大切です。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?