【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

大都市の交通渋滞、自動車から排出される温室効果ガス、地方だから高齢でも車を運転しないといけない…など、交通に関するさまざまな問題があります。

それらを解決するといわれているのが「MaaS」です。すでに運用が開始されているサービスなどもあり、今後、どのように展開していくのか注目されています。

そこで、この記事では「MaaS」についてわかりやすく解説します。移動に変革をもたらすといわれるサービスを理解しましょう。

MaaSとは?

まずはMaaSの概要を解説します。MaaSとは「Mobility as a Service(モビリティ アズ ア サービス)」の頭文字をとっており、「マース」と読みます。

また、MaaSは電車、バス、タクシーなどの乗り物やライドシェア、シェアサイクルなどあらゆる公共交通機関をITを駆使してシームレスに結びつけることです。

たとえば、野球観戦のためにスタジアムに向かうとします。現在でもスマートフォンアプリを使えば、どの交通機関を使って、どのような道順で向かえばよいか検索できます。これ自体も非常に便利なわけですが、MaaSを活用すると、予約や支払いなどもできてしまいます。

目的地となるスタジアムまでの経路や移動手段はAIが検索するため、最適なプランが提案されるのも特徴です。料金が月額制であれば、費用を気にすることなく、さまざまな場所に出向くことができます。

MaaSのメリットとは?

ここからは、MaaSのメリットを具体的に解説していきます。

都市部での渋滞解消

都市部は鉄道網やバス路線が豊富にありますが、自動車で移動する方も多いです。各々が自家用車等で移動してしまえば、もともと人口の多い都市部ですからすぐに渋滞が発生してしまいます。

しかし、自動車で移動する人々がMaaSを活用することで、余計な移動を生むことが少なくなります。MaaSは、目的地までの移動手段を一括で用意しできるだけでなく、ほかの利用者の状況も踏まえて最適な移動方法が提案されます。

そのため、余計な移動を生むことが少なくなるのです。カーループの乗り合いなどを行えば、通行する自動車を減らすこともできます。

環境に優しい

道路を通行する自動車が減ることで、排気ガスの量も減ります。よって、MaaSが普及していけば環境にも配慮した移動が可能となります。ハイブリッド車を使えば、さらに環境にやさしい移動になるでしょう。

地方でも便利

都市部だけではなく地方もMaaSの恩恵を受けることが可能です。地方は車社会となっていることが多いわけですが、車の購入や維持費の負担は大きなものです。

MaaSであればカーシェアリングなどが利用できるため、自家用車がなくても日常の移動ができるようになります。そのほか、路線バスやタクシー、鉄道、バイクシェアリングを駆使することで、最適な移動手段の確保が可能です。

家計に優しい

すでに何度も申しておりますが、MaaSを活用することで自動車が不要となります。維持費やガソリン代など車を保有するうえで必要な費用がかからなく、家計にも優しいです。

交通費の支払いが楽になる

MaaSは交通手段の選択と交通費の支払いまでパッケージ化されています。また、利用するアプリによって、決済方法を登録することも可能です。その場合、財布を取り出すことなくスムーズな決済ができるわけです。

移動経路の把握だけではなく、支払管理ができるのもメリットではないでしょうか。

もう始まっている!MaaSの事例紹介!

MaaSの活用は遠い未来のように感じますが、すでに運用されているサービスがあります。そのなかで3つの事例を紹介します。

フィンランドのMaaS Globalが提供する「Whim(ウィム)」

MaaSの先進国ともいえるのがフィンランドです。フォンランドでは国の運輸通信省が支援し、マース・グローバル社が立ち上げた「Whim」が提供されています。

利用者はアプリをダウンロードし目的地を入力します。そうすると、いくつかの経路と料金が提案されつるため、好みのルートを選んで移動するだけです。カーシェアやサイクルシェアなど豊富な移動手段があり、レンタカーの場合は車種を選ぶことも可能です。

サービスは「Whim Urban30」や「Whim Weekend」など定額で利用でき、「Whim Unlimited」ならば月額料金で使い放題となっています。日本円にすると約6万円の月額料金で、さまざまな交通手段が自由に使えます。

Uber(ウーバー)

MaaSの事例で有名なのが「Uber」です。こちらは配車サービスとなっており、アメリカのウーバー・テクノロジーズが運営しています。サービスはアプリを利用して配車を希望するユーザーを結びつけるプラットフォームになっています。

アプリでは配車予約だけではなく、登録したクレジットカードで自動的に決済を行うことも可能です。なお、Uberはすでに世界70か国で利用できるサービスとなっています。

nori-na(ノリーナ)

日本で行えるライドシェアサービスとして最大規模の「nori-na」をご存じでしょうか。こちらは、条件を入力するとイベント会場などに訪れるユーザーをマッチングさせて、自動車をシェアするサービスです。

スポーツ観戦、音楽イベントなど多数の人々が集まる場合に利用すると、渋滞緩和につながるのが特徴となります。

日本でのMaaS普及

日本でもMaaSの普及が広まると、移動が便利になります。先ほど紹介した「nori-na」のようなサービスがどんどん広まることに期待がかかります。

特に日本は車だけではなく、鉄道網やバス路線が多種多様に張り巡らされています。それらをうまく連携できればMaaSの運用も効果的です。一方でそれらの交通手段の運行状況や時刻表、利用状況をなどをどのように共有していくかが課題となります。

しかし、その課題をクリアして宿泊施設や小売店、観光地、医療や福祉施設などど連携できれば、私たちの日常生活の利便性も高まるのではないでしょうか。

今後のMaaS市場に注目していこう!

MaaSはさまざまな交通面の課題を解決できるものです。普及が広まれば、私たちの移動も大きく変わるでしょう。今後、日本や世界各国でどのようなサービスが提供されていくのかMaaS市場に注目してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?