【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイトビジネスを行っていると、デザインについて悩みが出てくると思います。

色味やテイスト、バナー広告の配置、トップページの構成などをどのようにするか、判断に迷うことでしょう。

また、デザインは見栄えを気にしますが、大事なことはビジネスの成功につながるデザインです。

この記事では、成果が出るWordPressのデザインについてご説明します。

サイト・ホームページに求める成果とは

サイトやホームページには成果を求める必要があります。

具体的な内容は以下をご覧ください。

集客・リードの獲得

デザインを考える前に、自社がサイトビジネスで何を目的にしているか振り返ってみましょう。

多くの場合でサイトビジネスをする目的は、集客やリード(見込み客)の獲得だと思います。

ですから、サイトには問い合わせ欄や申込欄、購入ページを設置する必要があります。

そのようなページは、コンバージョンにつながり自社の収益につながります。

集客、リードの獲得、コンバージョンというサイト運営の目的を忘れないようにしましょう。

ユーザーは情報を得ること

自社にとってサイト運営の目的は、集客、リードの獲得、コンバージョンの獲得ですが、ユーザーがホームページに求めることも軽視してはいけません。

ユーザーがホームページに求めることは、「情報」です。

ユーザーは自分の悩みや欲望を満たすために、情報を得たいと考えています。

ですから、ユーザーが情報を探しやすいデザインが求められるわけです。

成果がでるWordPressのデザイン

ここからは、成果がでるWordPressのデザインをご説明します。

成果の出るWordPressデザインは、前述したコンバージョンが取れるようなデザインとSEOの効果を最大化できるデザインです。

コンバージョンがとれるデザイン

コンバージョンがとれるデザインとは、リストの獲得とソーシャルメディアのファンを増やせるものです。

リストを獲得することで、メールやDMなどを使ってユーザーとのコミュニケーションが可能になります。

特にLINE公式アカウントのようなチャットツールを使うと、1対1の会話が可能となりセールスに有効です。

そのため、トップページやコンテンツページに登録フォームなどを用意することが大切になります。

さらに、TwitterやInstagramなどのソーシャルメディアで自社や商品のファンを増やせるデザインもポイントです。

ソーシャルメディアのファンが増えると、コンテンツの拡散されやすくなりより多くのユーザーに情報を届けることが可能になります。

そのため、サイト内やコンテンツページにソーシャルメディアのシェアボタンを設置することも大事です。

SEOの効果を最大化できるデザイン

SEOの効果を最大化できるデザインとは、ナビゲーションメニューやサイドバー、パンくずリストを設置することです。

それらのデザインは、検索エンジンのクローラーがサイト内を円滑に巡回することが可能になります。

クローラーは膨大な量のWebページをチェックして、独自のプログラムにデータが蓄積されて検索表示順位を決定します。

そのため、クローラーに自サイトを認識してもらうには、サイト内をしっかり回ってもらえる構造にする必要があります。

グローバルメニューなどはクローラーに有効なデザインとなるため、ぜひ取り組んでください。

WordPressのデザインで成果がでるポイント

ここでは、WordPressのデザインで成果が出るポイントを具体的にご説明します。

2カラムで右サイドバー

コンテンツを求めて訪問したユーザーは、目的の情報を迷わずに得たいと考えます。

そのために効果的なデザインが、2カラムで右サイドバーの構成です。

右サイドバーが効果的な理由は、ページを訪れたユーザーはアルファベットの「Z」や「F」を描くように視線を動かすからです。

その際に視線がより強く誘導されるエリアが右側となっています。

よって、2カラムで右サイドバーの構成は、情報がみやすくなりユーザーもサイト内で迷いにくくなります。

3カラムとなるとサイドバーが両脇に配置されるため、ユーザーにとって情報を探す労力がかかります。

そうなると、サイトやページから離脱してしまう可能性が高いです。

CTAはコンテンツ直下に置く

CTAとは「コールトゥーアクション(Call To Action)」の略称であり、行動喚起を促す仕掛けです。

具体的には、資料請求や問い合わせページへ誘導するためのボタンです。

CTAはコンバージョンにつながるため、配置場所を吟味する必要があります。

効果的な配置場所はコンテンツの直下です。

理由はユーザーにコンテンツを読んでもらうこと、そしてコンテンツを読んだユーザーのなかで質の高いリードを獲得するためです。

CTAの配置も適当に行わないようにしましょう。

CTAはコントラストで目立たせる

CTAを設置するときは、コントラストで目立たせることもポイントです。

ユーザーがコンテンツとCTAの区別ができないと、ページの離脱につながります。

ただし、CTAのコントラストを目立たせすぎるとユーザーが警戒心を抱きます。

サイト運営で最も大事なことは、良質なコンテンツを提供することであり、コンテンツを第一に考えたコントラストを心がけてください。

SNSボタンの設置

ソーシャルメディアでファンを獲得するために、SNSのフォローボタンを設置します。

フォローボタンの設置場所は、CTAの下とサイドバーの上部が効果的です。

なお、右サイドバーに設置する理由は、フォロワーの多さを認知させるためです。

アイキャッチは大きくする

アイキャッチ画像は、ユーザーの目を引くために大きく目立たせます。

特に飲食業界やアパレル業界のサイトであれば、アイキャッチを大きく目立たせてみてください。

アイキャッチ画像の大きさは、コンテンツの横幅いっぱいまで設定しましょう。

画質の綺麗さなど、クオリティにこだわりすぎる必要はありませんがユーザーが記事を読み進めたくなるような写真(イラスト)にしてみてください。

成果が出るデザインを作ろう

サイトのデザインは、単に目立たせればいいわけではありません。

成果を出すには、自社がサイト運営をしている目的を思い出してユーザーの利便性を考えたデザインにすることが大事です。

この記事を参考に、具体的なWordPressのデザインを作りましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?