【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

顧客ひとりひとりにあわせたマーケティング手法であるOne to Oneマーケティングなどに有効なCCCMをご存じでしょうか。現代は顧客それぞれに寄り添ったマーケティングが重要となっておりさまざまな手法が注目されています。

この記事ではCCCMについてわかりやすく解説します。今後のマーケティングに活かしてください。

CCCMとは

CCCMとはクロスチャネル・キャンペーン・マネジメントの略称です。オフラインとオンラインから顧客と複数の接点を持ち、それぞれにあわせたプロモーションを行うマーケティング手法となります。

クロスチャネルというのがLINEやメール、アプリのプッシュ通知を意味しており、CCCMはOne to Oneマーケティングに活用されます。なお、最近ではツールを使うことが多いです。

CCCMが注目されている理由

CCCMは昨今、注目されているマーケティング手法です。その理由は顧客の価値観や行動の多様化です。また、チャネルの多様化も影響しているでしょう。

多くの消費者がスマートフォンやインターネットを活用して、オンラインによるサービスの利用を行っています。情報化が大きく進んだ現代において、消費者の購買行動が変化したといっていいでしょう。

それにともなって企業の消費者へのアプローチも変化してきました。それによりOne to Oneマーケティングに注目が集まっています。

MAとの違い

CCCMはMAと混同しやすいです。MAはマーケティングオートメーションであり、その目的は顧客に応じた的確な情報を最適な手段で伝えることです。これはCCCMの目的でもあります。

しかし、MAはBtoB向け、CCCMはBtoC向けを想定しています。また、購買プロセスを見るとCCCMは短いですが、MAは長めです。広義的にみるとMAはCCCMに含まれることもあります。

CCCMの機能で特徴的なもの

CCCMでは前述したようにクロスチャネルが特徴的です。さまざまな方法により顧客にアプローチしていくことが大きな強みといえるでしょう。このクロスチャネルはMAでは対応できません。

また、見込み客のデータ分析もCCCMの特徴です。CCCMツールを使うことで、細かな項目により個人のデータ分析ができます。ツールで分析するのは住所や年齢、性別などの個人情報が中心です。

分析ではリードの多い地域や年代を割り出していきます。職業情報がある場合ならば、どのような職種の人に自社製品が支持されているかもわかってくるでしょう。

CCCMの導入メリット

ここからはCCCMの導入メリットをご説明します。

業務効率化

CCCMツールを導入することで業務効率化を実現します。ツールによって自動化する機能も備わっており、工数の削減が可能です。見込み客の自動選別機能、広告選択機能、マーケティング施策の効果分析など、これまで人の手作業で行っていたことを自動化できるようになります。

実際はCCCMに対応したMAツールを導入するわけですが、ツールの力を借りると大幅な業務効率化ができます。

見込み客に応じた対応ができる

すでに述べているように、CCCMを導入すると顧客に応じた対応が可能です。特に見込み客の特徴を踏まえたアプローチができる点がメリットです。

たとえば、ECサイトの運営で緑茶をお気に入りしている人へ類似商品である紅茶を紹介する。お気に入り登録しているTシャツの在庫が少なくなったら、その旨を顧客に伝える。このようなアプローチができるのがCCCMのメリットです。

顧客に応じたアプローチができると購入につながり、売上げ向上にも効果が期待できます。

CCCMの導入ポイント・流れ

CCCMを導入するポイントや流れは以下をご覧ください。

1.目的の明確化

まずはCCCMの導入で達成したい目的を明確にしましょう。ツールにより備わっている機能が異なるため、その目的に応じた製品を選ぶことが大事です。メッセージ配信を強化したいのであれば、ステップメールなどの配信機能を搭載したツールを選ぶ必要があります。このように目的にマッチしたツールが必要であるため、目的がぶれないようにしましょう。

2.運用体制の整備

CCCMツールを導入したツールを導入しただけでは十分な効果を期待できません。ツールの導入にあたり、自社で運用できるような体制の整備が必要です。うまく運用するにはスキルと知識が必要であるため、技術者を採用することも検討してください。もしくは、運用が比較的簡単なツールを選ぶことも効果的です。

3.フェーズに応じた対応戦略

ツールを導入したら見込み客の分析から始めます。そして、その結果からどのような戦略を立てるか検討しましょう。自社製品の情報を効果的に顧客に伝えることがポイントであり、購買意欲に応じて配信するメッセージを決定するなどの戦略を考えてみてください。

4.コンテンツの作成

先に考えた戦略にもとづいてアピールコンテンツを作成します。このコンテンツは実際に顧客に発信する情報を意味します。具体的にはメール、Webサイト、DM、プッシュ通知などで配信するコンテンツです。コンテンツ内容が見込み客の獲得につながるため、しっかりと作り込む必要があります。

CCCMを導入して業務の効率化を目指そう

CCCMとは顧客ひとりひとりに応じた対応をとるマーケティング手法です。ツールを活用することで、業務の効率化につながります。ツールを導入するときは、目的を明確にすることから始めてコンテンツ制作までしっかりと運用していきましょう。ぜひ、CCCMを導入して自社の課題を解決してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?