【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

Googleマップで上位表示される質の高いコンテンツを作ろうと思っても、どのように作成すればいいのかわからない方も多いかと思います。Googleのアルゴリズムで高い評価を受ける必要がありますが、最近はユーザーから高い支持を受けるコンテンツが評価されて言います。

そこで、今回はGoogleで上位表示されるうえで必要な観点であるE-A-Tについて詳しく紹介をしていきますのでしっかりと理解してコンテンツ作りに役立ててください。

 

1.E-A-Tとは?

Googleが公開する検索品質評価ガイドラインで定義されてるWebサイトを評価する基準の1つです。いくつかの基準の中の1つに「E-A-T」があり、「専門性/権威性/信頼性」が高いWebサイト・ページを評価することを明示しており、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)のぞれぞれ頭文字をとって省略した呼び方となります。

 

1-1.E-専門性

コンテンツ内容やWebサイト全体が、何かの専門性に特化しているかという観点です。その分野に精通した人が記事を書くと、一層評価が高まる可能性があります。

専門性がある人が書いた記事や、その分野に特化したWebサイトに掲載されているコンテンツであれば、当然記事の質も高くなるとGoogleが判断するからです。

 

1-2.A-権威性

誰が見ても「このコンテンツの内容は正しい」と思えるかという観点です。

権威性の説明をするときに、よく例に出されるのがお医者さんです。体調が悪ければ、誰の言うことよりもお医者さんの判断を重視しますよね。それと同じように、特定の分野において一定の地位を獲得することが求められます。知名度やブランドという言葉に置き換えるとイメージしやすいかもしれません。

 

1-3.T-信頼性

多くの人からその内容が信頼されているかという観点です。例えば、公共機関が発信している情報と、匿名の個人ブロガーが発信している情報を比較したとき、前者の情報の方がすんなりと信頼する人が多いはずです。

 

2.E-A-TとSEOの関係性

 

SEOにおいてE-A-Tは特に注目されており、Googleはより重視するようになっています。なぜならE-A-Tのベースは、ユーザーファーストの概念に近いからです。

Googleは何よりもユーザーファーストを重要視します。E-A-Tを意識したサイトはユーザー満足度が高く、評価される傾向にあるため上位化が期待できます。

もちろん「検索クエリとの関連性」や「メインコンテンツ、被リンクの質と量」も大切ですが、E-A-Tを考慮することも、SEOにおいてとても重要と言えるのです。

 

2-1.YMYLに該当するWebサイトは特に重要

YMYLとは(your Money or your Life)の略で、人の将来的な幸福や健康、金融にまつわる情報のことを指します。

 

・金融

・医療

・健康

・法律

 

などが当てはまるYMYLにおいては、特に情報の専門性、権威性、信頼性が問われます。なぜなら、YMYLに当てはまる情報は人々の生活に大きくかかわるため、もし仮に嘘の情報が出回った場合、ユーザーの生活に大きな影響を与える可能性が高いからです。

そのためYMYLのジャンルのWebサイトを運用している場合は特に、ライター情報を詳しく記載するなど、E-A-Tの観点から厳しくサイトをチェックしなくてはいけません。

 

 

3.E-A-Tを踏まえ、SEOで評価されやすい記事作成のコツ

E-A-Tと並んで、質の高いコンテンツに求められる要素として「独自性」と「網羅性」があります。E-A-Tを踏まえつつ独自性と網羅性の高いコンテンツ作りをすることが高い評価を得るために必要ですので具体的に紹介をします。

 

3-1.独自性とは

独自性とは、そのページにあるコンテンツのオリジナリティーが高いことです。まずは掲載される情報が類似していないことが重要なのかをユーザーの立場に立って考えてみましょう。

あるキーワードで検索したときに、1位に表示されるページと2位に表示されるページの内容が同じだったとします。1位に表示されているページで十分情報を得ることができなかったら、2位のページを見るでしょう。そこでも1位と変わらない情報しかなかったらどう思いますか?

ニーズが満たされないため満足度が得られません。

そのため検索エンジンは、ユーザーが求めている情報を提供するメディアやコンテンツを評価するのです。だからこそオリジナリティのある情報を発信できるように心がけましょう。

 

3-2.独自性を高めるには

独自性を高めるには「これからどうなっていくのかの予想」など、あえて主観の入る情報を記載する方法があります。ライター独自の切り口で、主観的な情報を書き込むことで独自性の高いコンテンツになります。

ただし、主観的な情報があまりに増えすぎると信頼性を損なう可能性があるので注意してください。

 

3-3.網羅性とは

網羅性とは、記載されている情報でユーザーが求めている情報をカバーできているのかという点です。ユーザーが求めていることや、それに付随する情報をページで網羅的に提供できている方が高い評価を受けやすくなります。

何かを知りたいと思って、検索エンジンであるキーワードで検索したときに一つのコンテンツで済めば他のサイトを回るという手間が省けるためユーザーにとって使いやすくなるからです。

 

3-4.網羅性を高めるには

第一にやるべきは、上位表示されているサイトとの比較です。上位表示されているページはGoogleから高く評価を受けているので網羅性もあるはずだと考えられます。1ページ目に表示されているページをみて自社サイト内にないコンテンツは取り入れてみましょう。

その際、オリジナリティーのある文章にしておくなどの工夫が必要です。

また、ページの内容が近いもの同士をまとめてしまうこともおすすめです。記事を一つにまとめると、同じキーワードに対して自社内の二つのページが対抗することを避けられるうえに、評価が一つのページに集まるので上位表示されやすくなります。

 

4. E-A-Tを考慮したSEO対策のポイント

E-A-Tを満たすには、長期的視野を持ってWebサイト運営を続けていくことが大切です。できる観点から取り入れて、質の良いコンテンツを定期的に発信できる状況を整えましょう。

ただ、E-A-Tは定量的な評価基準ではないので、「E-A-Tを考慮する」といっても何から対応していいか分からないという方も多いかもしれません。そこで、E-A-Tを満たしたサイトに繋げるためにはどうすればいいのか、SEO対策のポイントを解説します。

 

4-1.テーマに特化したWebサイトにする

あらゆる内容を網羅するようなWebサイトではなく、特定のテーマに特化したWebサイトを構築しましょう。その際、自分の経験や実績が生かせる切り口にしてください。

 

4-2.経験に基づいた情報をアップする

経験に基づいた情報は、他のサイトにはない「あなただから書けるコンテンツ」です。一般的な内容を解説した後でも、あなたならではの観点から経験や補足をプラスすることでE-A-Tが高まります。

著者自身に専門性が足りないと思われる場合は、専門の資格を持った人に「監修」してもらうことで専門性が高められます。

 

4-3.著者・運営者情報を充実させる

著者や運営企業の情報をしっかり掲載してください。Googleの検索品質ガイドラインは

 

「すべてのページはWebサイトに属しており、以下について明確である必要があります。

  • Webサイトの責任者(個人、会社、ビジネス、財団など)。
  • 評価対象のページのコンテンツを作成した人物(個人、会社、ビジネス、財団など)」

 

などと記載されているからです。

「誰が書いたか」という著者情報や運営者情報は、ユーザーがコンテンツの内容を判断するために重要な要素です。客からコンタクトが取れる問い合わせフォームや電話番号の記載しておきましょう。

 

4-4.whois情報を公開する

個人が運営しているサイトなど、全サイトが必要ではないですが、企業情報が分かるwhois情報は公開しておきましょう。1つ前で説明したように運営者情報を充実させることに繋がります。

 

4-5.サイトはSSL対応が望ましい

個人情報のやり取りが発生するECサイトなどは、個人情報を暗号化するSSL対応が必須です。SSL対応をすることで、サイトの信頼性を高める効果が見込めますので、SSL対応していないサイトは早めに検討しましょう。

Googleのランキング要素シグナルとなっていますので、SEO観点からもSSL対応がおススメです。

 

4-6.被リンクやサイテーションも意識する

ユーザーが求める価値のあるコンテンツを提供すると、被リンクや良い評判のサイテーションが集まります。良い評判である被リンクやサイテーションは、E-A-Tに良い影響を与えるのでユーザーファーストでよいコンテンツを提供しましょう。

 

4-7.引用・参照は公的機関から

Webサイトのコンテンツの中に、公的機関の発表しているデータや考えを引用すると、内容の信憑性が高まります。そのためサイトの信頼性向上をするために引用は公的機関が発表した情報に限定してください。

また、公的機関を含む他のWebサイトから無断で引用したり、コピペするのはNGです。必ず出典を記載した上で、引用タグでくくるなどして対応しましょう。

 

4-8.記事の公開日・更新日を公開する

ユーザーがその内容が信頼できるか判断するために使われる指標が「公開日・情報更新日」です。できればページ内に記載するようにしましょう。

 

4-9.定期的に記事を更新する

SEO対策関連の情報も、数年経つと全く常識が変わってしまいます。すると、それまで効果的とされていた手法がペナルティ対象の行為になる可能性が出てくるのです。このように、古い情報は誤っていることがあるためユーザーに不利益を与えてしまいます。後悔した木jは定期的に確認し、正確な情報を伝えられるようにしましょう。

 

4-10.検索キーワードも意識する

記事を作成する際には、検索ボリュームのあるキーワード(ユーザーが求めている情報)を調査し、その内容を取り入れながらユーザーの疑問に答える内容になるように心がけてください。

内容の専門性も大切ですが、専門用語が乱立するとユーザーにとっては非常にわかりにくく、離脱されてしまう可能性があります。検索キーワードを意識しつつ、わかりやすい文章を作成しましょう。

 

4-11.一次情報の記事を作る

専門性を意識した記事でも監修したもの必ずしも評価されるわけではありません。監修記事ではない、ユーザーが体験した一次情報による記事は、匿名であっても専門性が高い記事と評価されることがあります。

伝聞の記事ではなく、自らが体験した一次情報による記事を心掛けると、E-A-T対策になる場合があるのです。

 

4-12.Googleマイビジネスを登録する

Googleはあらゆる評判を情報源にします。その1つにGoogleマイビジネスがあります。Googleマイビジネスには一般ユーザーからの口コミが投稿されており、情報源にしていると考えられます。Googleマイビジネスの運用に取り組んでいない方は、口コミの返信やユーザーとの積極的なコミュニケーションとして活用してみてください。

 

5.最後に

Googleは「ユーザーに有益な情報を提供する」という方針をとっています。しかし、ユーザーに有益な情報が提供できれば、検索順位向上だけではないメリットをあなたに与えてくれます。今後も、E-A-Tをはじめとして「Webサイトの質」は重要視されていくでしょう。

そこで大切なのは検索順位の上位表示を目的とするのではなくユーザーファーストの方針を取ることです。そうすれば自ずから結果が出てくるでしょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?