【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

社内に情報が溢れており、不用意に漏洩することを防ぐことが大事です。そこでポイントとなるのが、ログ管理です。本記事ではログ管理の基本知識や種類などをご紹介します。

また、おすすめのログ管理システムも取り上げていますので、最後までご覧ください。

ログ管理とは?

ログ管理とは、コンピューターの利用履歴やデータ通信の履歴や情報について記録をとることです。たとえば、業務用のパソコンでどのようなソフトを使って、どのようなファイルを開いたのか、Webサイトの閲覧履歴はどうなっているかなどの記録が残ります。

システムやツールを活用すれば、さらに詳しい情報を集めることも可能です。そのようにして集められたパソコンの使用履歴をログといいます。そのようなログを適正に扱うことがログ管理です。

ログ管理の種類

一言でログ管理といっても、さまざまな種類があります。ログ管理の種類と簡単な特徴をご紹介します。

・認証ログ:システムやアプリケーションへの認証履歴のログ。

・操作ログ:パソコンの電源のオンオフ、ファイルの閲覧、編集、ネットワーク接続などコンピューター上で行った操作の履歴のログ。

・アクセスログ:サーバーやパソコンヘの接続や操作の履歴のログ。

・通信ログ:パソコンとサーバーとのやり取りのログ。

・通話ログ:発信や着信、不在着信など電話サービスのログ。

・印刷ログ:印刷をしたユーザーやファイル名、印刷枚数などのログ。

・エラーログ:パソコンやシステム、アプリケーションなどコンピューター上でエラーが発生したときのログ。

・物理的ログ:監視カメラの映像、入退館のログ。

以上のように、さまざまなログがあり、用途によって導入することになります。

ログ管理のメリット

ここからは、ログ管理のメリットをご紹介します。

情報セキュリティ対策

ログ管理の大きな目的であるのが情報セキュリティ対策です。適切なログ管理を行うことで、不正サクセスやサーバー攻撃などの脅威から企業の資産、個人情報を守ります。また、内部からの情報漏洩を防げるてんもメリットです。

不正の発見と抑制

ログ管理をすることで、不正の発見や抑止につながります。万が一、情報漏洩などがあった場合でも原因解明がしやすいです。

全般的なログ回収

ログ管理では不正なものだけではなく、全般的なログを回収することが可能です。これにより、誰がいつ、どのようなこうしんをしたのか追跡できるようになります。全般的なログの回収は内部からの情報漏洩などの抑止力につながるわけです。

障害発生時の原因解明

ログ管理は不正に関しての原因解明だけではなく、システムなどに障害が発生したときの原因解明に役立ちます。定期的にログをとることで正常なときとの変化がつかみやすくなります。

ログ管理の注意点

ログ管理は不正アクセスやシステム障害などに不可欠なものですが、注意点もあります。以下の注意点を考慮してログ管理にあたりましょう。

一元管理が難しい

システムごとにログをとるときは、一元管理が難しいです。各システムにログが記録されることにより、管理の煩雑さが増すわけです。

データ量が莫大になる

特に従業員が多い場合は、利用するネットワークやシステム数が多くなるため、取得するログが莫大になります。ログデータが莫大になると、分析時間が多くなり、データを保管するサーバーのスペースにも影響がでてしまいます。

ログ管理単体では万全ではない

ログ管理は、不正アクセスなどの情報を集めることであり、不正を検知したさいのセキュリティ対策も必要です。セキュリティ対策が不十分な状態でサーバー攻撃などを受けると、ログが削除される可能があります。

一度削除されたログは復元することが難しいため、セキュリティ対策にも重点を置きたいところです。

ログ管理のおすすめシステム5選

ここからは、ログ管理におすすめのシステムを5つご紹介します。

Splunk

Splunkは、データを収集して分析、そこから答えを導きだすログ管理ツールです。ログの監視をリアルタイムに行うことで、トラブルを未然に防ぐことが可能です。また、ビッグデータの分析によって、さまざまなビジネス成果をもたらします。

Splunkはこちら

LanScope Cat

LanScope Catは、IT資産の管理、情報セキュリティ対策の統合的な機能を持つツールです。アプリ稼働、画面閲覧、印刷などパソコンのログを取得して、違反ユーザーには警告などの通知によりトラブルを未然に防ぎます。

LanScope Catはこちら

Logstorage

Logstorageは、ログ管理の負担軽減、適切な可視化を実現するためのツールです。ログの収集や検索、検知、レポート機能などに加えて、AWS対応プラン、Microsoft office365などとの連携が可能となっています。幅広いクラウド構築環境で利用する際に向いています。

Logstorageはこちら

ALog ConVerter

ALog ConVerterは、ファイルサーバーやストレージサーバーなどからログを収集するツールです。イベントログの取得により独自の技術で分析や圧縮保管をします。監視内容を設定して自動アラートなどにより管理者の負担軽減が可能です。

ALog ConVerterはこちら

MalionCloud

MalionCloudは、社内のパソコンや外部デバイスのIT資産についての情報を集めて、監視・抑制するクラウドサービスです。60種類以上の機能を提供しており、直感的な操作感やスピーディーな導入で管理者の負担を減らします。

MalionCloudはこちら

ログ管理をしよう

ログ管理は情報セキュリティ対策として重要な役割がります。単体では次の行動ができないため、セキュリティ対策と同時に進めることがポイントです。

本記事ではログ管理におすすめのシステムやツールを紹介しました。ログ管理を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?