【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

インスタグラムのURLにまつわる悩みを抱えている人は多く、特に次の2つのやり方を知りたい方が多いようです。

  • インスタグラムの自分のアカウントのURLを知り、それを他人に共有したり、ブログやHPに掲載したい。
  • インスタグラムの投稿にTwitterなどの他SNSのアカウントへのリンクや、公式HPのURLを貼り、インスタグラムからユーザーを獲得したい。

今回は、そのどちらにも詳細に解説することで、インスタグラムのURLに関する疑問や悩みを解決していきます。

1.インスタグラムの自分のアカウントURLを確認する方法

他のSNS(FacebookやTwitter)でインスタグラムのアカウントを宣伝したい場合、またLINE等でインスタグラムのアカウントを共有する場合に、自分自身のアカウントのURLを知ることが必要になる場合が多いでしょう。

また、企業のSNS運用担当者の場合は、公式HP等から公式インスタグラムへのリンクを作り、フォロワーを多く獲得したいという場合もあると思います。

上記のような多様なリンクニーズに応えることが出来るため、インスタグラムの自身、もしくは他ユーザーのアカウントへのリンクを他SNSなどから場合の手順や確認方法をお伝えします。

1-1.自分や共有したいインスタグラムのユーザーネームを知っている場合

自分や共有したいインスタグラムアカウントのユーザーネームを知っている場合、インスタグラムのアカウントURLを知ることは非常に簡単です。

インスタグラムのアカウントURLは共通して以下のようになっており、「ユーザーネーム」の部分に自分や共有したいインスタグラムアカウントのユーザーネームを入力することでURLリンクが完成します。

たとえば、共有したいインスタグラムのユーザーネームが「fm_instalab」であった場合は

https://www.instagram.com/fm_instalab/

とすることで、自分のインスタグラムアカウントのURLリンクとすることができます。

ですので、既に自分や共有したいアカウントのユーザーネームがわかっている場合はこの方法を活用するとよいでしょう。

1-2.【スマホアプリ向け】自分のインスタグラムのアカウントURLを確認する方法

スマートフォンアプリから、自分のインスタグラムのURL(ユーザーネーム)を確認する方法は次のようになっています。

まず、アカウントURLを知りたいインスタグラムアカウントを表示します。

一番上の部分にユーザネームが表示されていますのでこちらを先ほどのURLテンプレートに記入すれば完成です。

ユーザーネームが長かったり複雑な場合は自分のプロフィール画面の「プロフィールを編集」をタップすることでインスタグラムアカウントのユーザーネームが表示されますので、コピー&ペーストしましょう。

先ほど紹介した以下のテンプレートの「ユーザーネーム」の部分にコピペすれば自分のインスタグラムアカウントのURLが完成です。

1-3.【スマホアプリ向け】他人のインスタグラムのアカウントURLを確認する方法

他人のインスタグラムアカウントのURLを確認するのは、自分の場合と比べてより簡単にできます。

共有したいインスタグラムアカウントを表示させましょう。

右上の「…」をタップしてメニューを開き「プロフィールURLをコピー」をタップすることで、表示しているインスタグラムアカウントのURLリンクをコピーできます。

ちなみに、この方法でURLリンクをコピーすると

https://instagram.com/fm_instalab?igshid=9lua5zh5szkg

のようにユーザーネームの後ろに「?igshid=9lua5zh5szkg」などの英数字が自動的に追加されます。これはパラメーターと呼ばれるもので、分析に使う際に利用されるものです。

友達に共有するなどの際にはパラメーターが付いていても問題なく共有できますのでそのままコピペしましょう。

もし、URLが気持ち悪いと感じる場合は、ユーザーネームの後ろの「?」以降の文字列部分を削除して、テンプレートの形にしてもOKです。

1-4.【パソコン(PC)向け】インスタグラムのアカウントURLを確認する方法

パソコン版のインスタグラムから、インスタグラムのURLを確認する方法は次のようになっています。

まず、URLを知りたいインスタグラムアカウントをインターネットブラウザで開きます。

画面上部に表示されているURLがインスタグラムアカウントのURLリンクですので確認・コピー&ペーストしましょう。

2.インスタグラムのプロフィールにリンク付きURLを掲載する方法

次は、インスタグラムのプロフィールページに、自社サイトのURLを載せる方法です。

インスタグラムで自社のアカウントに見にきてくれたユーザーにスムーズにサイトに流れてもらうのが狙いです。

FacebookやTwitterと違い、インスタグラムはURLが自動でリンクになりません。

リンクが付いていないURLはクリックしてもサイトに遷移しないので、サイトへの導線づくりとしては弱く、送客のタイミングを逃してしまう可能性があります。

プロフィールにリンク付きURLを掲載するには以下の手順で設定が必要です。

※なお、PCでの設定方法をご紹介しますが、アプリ・PC・スマホでも手順は同じです。

①プロフィールページの「プロフィールを編集」をクリックします。

「ウェブサイト」の項目にURLを追加します。

これでプロフィールページの一番下にリンク付きのURLが掲載されます。

「ウェブサイト」の項目に追加できるURLは1つだけで、2つ目以降は自己紹介欄にテキストをそのまま掲載する形となり、リンクとはなりませんのでご注意ください。

3.ホームページにインスタグラムを埋め込む方法

ホームページにインスタグラムの投稿を埋め込む方法は、以下のとおりです。

〇インスタグラムの埋め込みコードを取得

パソコンからインスタグラムにログインし、埋め込みたい投稿を確認します。

そこで画像右上の「…」ボタンをクリックし、続けて表れた埋め込みボタンをクリックして埋め込み用のコードを表示します。

〇埋め込みコードを貼り付ける

パソコンで表示された「埋め込みコードをコピー」をクリックし、そのコードをホームページのHTMLファイルの任意の箇所へ埋め込んだり、CMSの編集画面内に埋め込んだりすれば作業完了です。

ほかにも、外部ツールの「InstaWidget」や「SnapWidget」などを使ってユーザー名やハッシュタグを指定し、埋め込みコードを取得してHTMLファイルやCMSの編集画面内に埋め込む方法もあります。

4.ホームページにインスタグラムを埋め込む時の注意点

ホームページにインスタグラムを埋め込むことは、フォロワー数増加や自社の普段の様子を伝えるのに効果的ですが、デメリットもあります。

それは「投稿削除後にエラー表示になる」ことと、「カスタマイズの自由度が低い」ことです。

投稿削除後にエラー表示が出る

自社のインスタグラム投稿を埋め込んだあと、仮にその投稿を削除してしまった場合はエラー表示が出てしまいます。

また、ほかのユーザーの投稿を埋め込んでいても、それが削除された場合は同じくエラー表示になります。

自社のインスタグラムアカウントからの投稿の場合は、削除した際にホームページから埋め込みタグを除去すると思いますが、ほかのユーザーの投稿がエラー表示になっているかどうかは確認してみないとわかりません。

ホームページ内に埋め込んだ投稿の表示がエラーになっている場合はタグを除去し、ユーザーの利便性を低下させないようにしましょう。

5.まとめ

自社サイトにインスタグラムにそれぞれリンクを掲載する方法と、インスタグラムで更新した内容を自社サイトに埋め込む方法をご紹介しました。

インスタグラムから自社サイトに誘導したい場合は、ぜひ参考にしてみてください

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?