【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

コンテングマーケティングを効率的に進めたいと考えている担当者はいないでしょうか。コンテンツマーケティング自体は今後も重要な施策になるものの、企業によってはリソース不足に悩むことも少なくありません。

そこでツールの利用を検討する企業も多いわけですが、その選び方などに悩むこともあるでしょう。そこで、この記事ではコンテンツマーケティングツールに関してさまざまな視点からご説明します。ぜひ、参考にしてください。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、自社メディアを通じてユーザーを獲得後に顧客として定着させるために行うマーケティングです。

「コンテンツ」と名がつきますので、コンテンツを提供したマーケティングにもなります。顧客のニーズを拾いながら有益なコンテンツで顧客育成を行い、ファンとして定着させると考えましょう。

コンテンツマーケティングにはさまざまな工程がありますが、ツールを使うことでその一部を任せることが可能になります。

コンテンツマーケティングツールを活用するメリット

ここでは、コンテンツマーケティングツールを活用するメリットをご説明します。

業務効率化

コンテンツマーケティングツールを使うことで、業務効率化につながります。コンテンツマーケティングではキーワードの調査、記事などのコンテンツ作成、公開後の効果測定や分析、改善など、非常に多くの工程があります。

ツールを使うことでその工程にかかる時間を大幅に短縮できます。もちろん、ツールによりまかなえない工程もありますが、すべてをマンパワーに頼るより遥かにスムーズです。

数値やデータにもとづいた判断ができる

ツールを使うことで数値やデータにもとづいた判断が可能です。たとえば、コンテンツマーケティングではプロジェクト全員から理解を得る場面があります。「なぜそのキーワドを選んだの?」と上長に聞かれたときに、ツールを活用していれば根拠をもとにした説明が可能です。

検索ボリューム、競合にどれだけ流入しているかなど定量的なデータにもとづいた戦略はコンテンツマーケティングにおいて重要な要素です。的外れな施策にならないためにもツールの活用は有効といえるわけです。

コンテンツマーケティングツールの選び方

ここでは、コンテンツマーケティングツールの選び方をご説明します。

目的で選ぶ

コンテンツマーケティングツールを選ぶときに最も重要なのが、ツール導入の目的を検討することです。ツールを使うことで何をしたいのか、どんな課題や問題点を解決したいのか、しっかりと検討する必要があります。

その課題を解決できるツールを比較検討することがポイントです。有料版のツールならば無料トライアル期間が設けられていることが多いので、活用して操作性や機能性を確かめてみましょう。

機能性で選ぶ

コンテンツマーケティングは、段階的に施策が異なります。よって施策に対応できるツールの導入が大事です。集客が目的ならばSEOに強いツール、潜在顧客のニーズを把握したいならばキーワードツールなど、目的に応じての検討が必要となります。

自社メディアの現状を分析してツールを何に活用したいか深掘りして、最適なツールを導入しましょう。

費用で選ぶ

どの企業もツール導入には予算が決められていることでしょう。いくら現状のニーズにマッチしていても費用が用意できないのであれば仕方ありません。また、多くの予算を割いて導入したツールであっても目的にマッチしなければ費用対効果が悪くなります。

サイトの規模に応じて無料か有料かを判断したり、収益化が進んだから有料に切り替えたりなど状況に応じて検討してください。また、有料ツールは料金体系もさまざまですので、まずは資料請求や運営会社への相談などを活用しましょう。

目的別・コンテンツマーケティングツールおすすめ3選

最後にコンテンツマーケティングツールを目的別にご紹介します。

初心者向け:ミエルカ

「ミエルカ」は花王やビズリーチなどの大手企業も導入しているツールです。キーワード調査、ライバル分析、レポート作成まで一貫して行えるため、コンテンツマーケティングに必要な要素を網羅できます。

機能に網羅性があるため初めてコンテンツマーケティングツールを導入する場合に最適です。機能性だけではなく、学習コンテンツも充実しており自社の社員の知識やスキルアップにも効果的です。

ミエルカはこちら

幅広く効果をだしたいとき:keywordmap

「keywordmap」はデータをもとにWebサイトの運営をするためのツールです。SEOだけではなく、広告出稿、SNS領域でのデータを保有しているため、Webマーケティングの広い領域でデータ分析がしたいときに適しています。

キーワードマップ、PPC広告キーワード、競合獲得ワードなどを駆使すると自社のWebサイトに何が足りないのかが見えてきます。

Keywordmapはこちら

分析力重視のとき:Ahrefs

「Ahrefs」は世界中で導入されているツールです。このツールの特徴は競合サイトの流入数や流入キーワードがわかることです。リンクデータも豊富に保有しているため、被リンク分析にも強みがあります。

また、ダッシュボードでは自社サイトや競合サイトの情報が一眼で確認できて、情報を整理しやすいです。また、ミエルカやkeywordmapと併用することでさらに有効なデータの取得ができます。

Ahrefsはこちら

コンテンツマーケティングツールを使ってみよう

コンテンツマーケティングは多くの企業が取り組んでいます。しかしながら、工数が多いため自社でまかなえないことも多いです。そこで有効なのがコンテンツマーケティングツールの活用になります。

この記事を参考にしてツールの導入を検討してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?