【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

特に若者に人気のSNSであるInstagram。消費者だけではなく、多くの企業がマーケティングで取り入れているツールです。そのInstagramは複数のアカウントにログインしたり切り替えができる機能があります。

複数のInstagramのアカウントを保有することで、目的に合わせた運用が可能です。本記事ではInstagramのサブアカウントについて解説しますので、マーケティングに活かしてみてください。

Instagramのサブアカウントとは?

Instagramのサブアカウントとは、メインアカウントのほかのアカウントを意味します。InstagramだけではなくTwitterなどでもサブアカウントを開設して運用するケースも多いです。

SNSの一般ユーザーは、特定の相手にしか公開していないサブアカウントを開設している場合もあります。

複数のアカウントを運用するメリット

メインアカウントのほかにサブアカウントを保有して複数のアカウントを運用するメリットは以下の3点です。

使い分けができる

複数のアカウントを持つことで、アカウントごとに投稿内容の使い分けが可能です。実際にさまざまな企業がメインアカウントとサブアカウントを使い分けています。

たとえば、メインアカウントでは企業情報や事業内容を発信して、サブアカウントでは特定の事業に関してより詳しく投稿するなど、用途に応じて使い分けが可能です。特定の事業内容に特化した投稿をしていけば、顧客満足度の向上につながることが考えられます。

アカウントに応じてつながる人を限定できる

Instagramのサブアカウントの運用次第で、つながる人を限定できます。前述したように、特定の人にしか公開しないアカウントを開設すれば顧客育成にも効果があります。

特定のユーザーにしか公開していないアカウントは良い印象を持ちにくいですが、目的に合わせた投稿で統一するとフォロワーも集めやすいです。

たとえば、ある商品やサービスの問い合わせや見積もりにつなげるために、関連情報を投稿するなどの使い方はユーザーにも有益となります。

タイムラインの整理が可能

複数のアカウントにわかることで、ホーム画面にも統一感がでます。メインアカウントのみの運用になると、いろんな分野の情報が散乱してユーザーもわかりにくいものです。

そこで、商品やサービス、事業ごとにアカウントを開設して運用すれば、タイムラインの整理にもつながり、ユーザーも見やすくなります。

複数のアカウントを運用するデメリット

Instagramのサブアカウントを開設して、複数のアカウントを運用する際はデメリットもあります。

・ひとつの情報で管理できるのは5つのアカウントまで

・切り替え忘れをして投稿する可能性がある。

Instagramのアカウント開設時に登録したメールアドレスなどの情報に紐づけられるサブアカウントは最大で5つまでです。よって、「商品ごとにアカウント運用したい」「事業ごとにアカウントを開設したい」と考えるならば、吟味することが必要です。

また、Instagramの運用者はアカウントの切り替え忘れにも注意してください。アカウントの切り替えを忘れてしまうと、意図しない情報を流してしまいます。特に特定のユーザーにしか公開しない予定の情報を投稿する際は注意が必要です。

たとえば、ユーザー限定のお得情報を全体向けのアカウントに投稿してしまうと、思わぬトラブルに発展する可能性があります。

最低限、以上の2点は念頭において複数のアカウントの運用にあたってください。

Instagramで複数のアカウントを作る方法

Instagramで複数のアカウントを作る方法は2通りあります。

新しいアカウントを追加

前述のとおり、同一情報には最大で5つまでしかサブアカウントが開設できません。それ以上のアカウントを運用したいときは、新しいアカウントを登録しましょう。

新しいアカウントの開設方法は、Instagramのページかアプリにおいて、「設定」「アカウントの追加」とタップして進みます。

その後、ユーザーネーム、パスワード、Instagramでの表示名、メールアドレスか電話番号を入力すると完了です。

既存アカウントを追加

既存のアカウントに追加するときは、アプリやサイト画面を開いて「既存のアカウントにログイン」を選択します。そして、ユーザーネームとパスワードを入力してログインしてください。

その後、追加したいサブアカウントのユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をタップすると完了です。

Instagramのアカウントの削除方法

複数のアカウントを運用していても、不要になることがあります。そのときは以下の手順でアカウントの削除を行いましょう。

アカウント削除の専用ページにログイン(ブラウザ)

・削除したいアカウントのログイン情報をメモ(アカウント復活の際に必要)

・専用ページで削除したいアカウントにログイン

・削除する理由を選択して、パスワードの再入力

以上の手順でアカウントが削除できます。なお、実際にアカウントが消えるのは処理から30日後です。30日以内であれば再ログインして、削除申請したアカウントを復活させることもできます。運用方法が変わったり、誤って削除したりした際はアカウントを復活させてみてください。

Instagramのサブアカウントを運用してみよう

Instagramはメインアカウントのほかにサブアカウントの開設が可能です。サブアカウントを運用することで、事業ごとや商品ごとの情報発信が可能です。場合によって投稿内容の公開を一部のユーザーに限定できるため、顧客育成にも効果的です。

ぜひ、Instagramのサブアカウントを運用してみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?