【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

「DMの発送を効率的に行いたい!」など、DMに関する悩みをお持ちではないでしょうか。そんなときにおすすめなのがDM発送代行会社です。本記事ではDM発送代行会社の概要や選ぶポイント、おすすめのサービスをご紹介します。

DM発送代行会社とは?

DM発送代行会社とは、DM(ダイレクトメール)の印刷から発送まで必要な業務を全般的に代行してくれるサービスです。業者やサービスごとに料金や対応枚数がそれぞれ異なり、費用だけで比較すると失敗する可能性があります。

DM発送代行会社の選び方は後述しますので、参考にしてください。

料金相場

DM発送代行会社の費用相場は、送付する素材や発行部数で異なります。たとえば、ハガキは1,000枚までなら1枚あたり70円程度です。一方のカタログは、1,000冊までは1冊400円からとなり、素材によって単価が異なります。

よって、複数の業者やサービスを比較して、利用することが大事です。

DM発送代行会社を使うメリット

DM発送代行会社を使うメリットは以下の通りです。

・業務の効率化

DMは発行部数が多くなるほど、作成や発送まで時間がかかります。人件費も増えることから、本業での業務に支障をきたす恐れがあります。DM発送代行会社を使うことで、専門知識を持つスタッフが効率よく配布まで行います。自社は本業に専念できて生産性が向上します。

・依頼から発送までがスピーディー

DM発送代行会社にもよりますが、依頼してから発送までがスピーディーです。これはDMに関するプロが作業にあたるからです。なかにはインターネットサイトで見積もりから制作まで簡単にできるサービスもあります。特に急いでいる場合は重宝するでしょう。

DM発送代行会社を使うデメリット

DM発送代行会社を使う際は以下のデメリットに注意してください。

・費用がかかる

当然のことながら、DM発送代行会社を使うと費用が発生します。基本的に発行部数が多いほど単価が安くなるため、少ない発行部数の場合は単価が高くなります。結果として費用対効果が得られないこともあるでしょう。自社のリソースと業者への費用を比較してみてください。

・リストの整理が必要

DM発送代行会社に依頼する前に顧客リストの整理が必要です。これはDMを届けたい顧客にしっかりと届けるためです。顧客リストの整理では、購買履歴などの情報も管理したいところです。

DM発送代行会社を選ぶポイント

DM発送代行会社を選ぶときは、以下の3点で比較してください。

DMの発送枚数から考える

まずは自社で希望する発行枚数から比較します。これは大口を得意とする業者があったり、小口を得意としたりする業者があるからです。業者の強みによって料金が変わるため、できるだけ多くのサービスを比較して決定してください。

DMの追跡調査の有無

DM発送代行会社のほとんどは、追跡調査が可能です。ただし、なかには別途で請求される場合があるため、事前に確認しておきましょう。追跡調査は配達ができた部数、住所不明で届けられなかった部数などを丁寧に報告してくれる業者がおすすめです。

納期がいつか

納期に余裕があるときは問題ないですが、急ぎでDMの作成は配布を依頼したいときは納期を確認してください。対応力がある業者は数日や1週間程度で完了しますが、なかには対応できない業者も存在します。

複数の業者を比較するなかで、納期もチェックしてください。

DM発送代行会社・おすすめ5選

以下でおすすめのDM発送代行会社を5社ご紹介します。業者選びの参考にしてください。

ダイレクトメール発送ONLINE

ダイレクトメール発送ONLINEは、実績豊富なDM発送代行会社です。最短で即日の発送ができるため、急ぎの依頼もできます。手書き対応が可能など、細かなサービス提供も魅力です。プライバシーマークを取得しているため、個人情報対策も万全です。

ダイレクトメール発送ONLINEはこちら

DM発送おまかせ便

DM発送おまかせ便は、印刷会社の特徴を活かした低料金が魅力です。これは社内生産によりワンストップでのサービスを提供しているからです。また、運輸業社とも提携しており、発送コストの削減にもつながっています。検知センサーを導入して記入漏れなどを防いでいる点も信頼感があります。

DM発送おまかせ便はこちら

ラクスル

ラクスルは、業界最安値といわれる料金とネット印刷によるスピーディーさが魅力です。デザインはインターネット上で行い、豊富なテンプレートから選べます。注文完了まで最短30分、発送は最短で2営業日など急ぎの場合は任せたい業者です。

ラクスルはこちら

ジャパンメール

ジャパンメールは、宛名リストの用意から対応している業者です。リピート率が高い業者であり、依頼した企業の満足度が伺えます。また、中小ロットに特化しているため、10通からの依頼も可能です。発行部数が少ない場合はおすすめの業者です。

ジャパンメールはこちら

DM診断

DM診断は、圧縮ハガキや封筒などさまざまな素材に対応している業者です。地方工場を利用して印刷などを行うため、コストを抑えています。全般的に任せるプラン、印刷からのプラン、発送だけのプランなど、ニーズに合わせたサービスの提供も魅力です。

DM診断はこちら

DM発送代行会社を利用しよう

DMは作成から発送まで手間乗っかる業務です。すべてを自社で行おうとすれば、本業に影響が出てしまいます。DM発送代行会社を利用すると、発送までスピーディーに行えます。DMの発送を検討している場合は、DM発送代行会社を利用してみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?