【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

Instagram(インスタグラム)ユーザーのなかでも利用している人が多い「ストーリーズ(Stories)」機能。Instagramは2016年8月の登場以降、いまや日本でのユーザーは約3,300万人(2019年3月時点)にのぼり、さらに日本の利用者が1日に投稿するストーリーズの数は700万件ともいわれています。本記事では、ストーリーズの詳しい機能や使い方、利用方法などを説明します。

1.投稿は24時間限定!画像や動画を気軽にシェア

まず、Instagramのストーリー機能について簡単に紹介しておきましょう。

1-1.ストーリーズとは

Instagramの「ストーリー」は15秒のショートムービーを共有できる機能です。通常のフィード投稿とは異なり、投稿から24時間で自動的に消えてしまう点が大きな特徴です。

スマホの縦型全画面の没入感の高い写真や動画投稿が可能で、ARフィルターをかけたり、文字を入力したり、スタンプを押したり、音楽を追加したりと編集機能も豊富。24時間経って消えてしまうストーリーですが、アーカイブされ「ハイライト」という形で自分のInstagramプロフィール上にまとめて保存・公開することもできます。

より気軽にコンテンツの投稿・閲覧を楽しめる点から、ストーリーは大変人気のある機能となって毎日多くのInstagramユーザーが利用しています。

1-2.ストーリーズの投稿例

ストーリーズの投稿は、通常投稿のように正方形ではなく、画面全体を使った投稿になります。写真を全面に配置して写真だけで投稿してもいいし、ひと言コメントだけ加えてもいい。この自由な投稿スタイルがストーリーズならではの気軽さといえるでしょう。

日常のシーン以外にも、自分のフォロワーへの感謝の気持ちやフィードに投稿した際の告知など、ストーリーズの豊富なエフェクトやビジュアルを使って、カード感覚で直感的に伝えることができます。

また複数投稿した際は、画面上部に表示数と表示時間を示すバーが現れる。そのまま表示していても数秒で次の投稿を見ることができるが、画面の右側をタップ(もしくはスワイプ)すると、自分のタイミングで次々に投稿を切り替えられます。

短時間に連続で投稿してもこのストーリーズ内に追加されていくだけなので、TwitterやFacebookのように「連続投稿するとフォロワーのタイムラインを荒らしてしまうかも……」といった心配がない。そのあたりも気軽な投稿として人気がある理由のひとつです。

2.【見る】Instagramストーリーの使い方

Instagramストーリーを見る方法は簡単です。

フォローしているユーザーがInstagramストーリーを公開すると、自分のフィード画面の上部に一覧で表示され、タップすることで閲覧することができます。

3.【投稿する-1】Instagramストーリーの使い方

ここからはInstagramストーリーを投稿する方法や各種機能の使い方を紹介していきます。

3-1.Instagramストーリーの投稿はたったの3ステップ

Instagramストーリーの投稿は非常に簡単です。

【ステップ1】まず、自分のプロフィール画面を表示し、「プロフィールアイコン」をタップするとストーリーの作成画面が表示されます。

【ステップ2】画面下の「シャッターボタン」をタップしてストーリーに投稿する被写体を撮影するか、画面左下の「カメラロールアイコン」から撮影済みの写真や動画を選択します。

【ステップ3】さいごに、編集画面(画像右)の上部にある様々な機能を使い、写真や動画に加工を施し、画面下の「ストーリーズアイコン」をタップすればストーリーの投稿が完了です。

4.【投稿する-2】Instagramストーリーの様々な機能

Instagramストーリーには、コンテンツを魅力的にする様々な機能がありますので、紹介していきましょう。

4-1.6種のストーリー撮影モード

Instagramストーリー作成画面では以下の撮影モードを選択できます。

4-2.Instagramストーリーの加工・編集機能

・作成する

テキストやアンケートなどシンプルなストーリーズを作成します

・Boomerang (ブーメラン)

往復再生されるショートムービーを撮影します

・レイアウト

3分割や4分割など複数枚の写真を一つのストーリーズにまとめて投稿します

・デュアル

外側カメラと内側カメラの両方を使って同時に撮影します

・Superzoom (スーパーズーム)

高倍率のズームを使って動画を撮影します

・ハンズフリー

撮影ボタンを長押ししなくても撮影できます(1回目のタップで撮影開始、2回目のタップで撮影終了)

5.ストーリーにいいねやコメントを付ける

ストーリーへは、いいね(リアクションスタンプ)やコメントが可能です。

相手のストーリー再生画面で、下に、顔マークとコメント欄が表示されています。ここから、いいね(リアクション)やコメントを送信します。顔マークをタップすると、ハートや顔の絵文字が選べます。+ボタンをタップすればここで表示されていない絵文字も選択可能です。

好きな絵文字をタップすると、それがリアクションとして相手に送信されるほか、相手のストーリー画面にもあなたのアイコンと送った絵文字が表示されるのが特徴です。

コメント欄からはメッセージを送信できます。送ったメッセージは、相手のDM(ダイレクトメッセージ)に届くようになっています。

6. ストーリーを保存する

投稿から24時間経つとフィード画面上部のストーリートレイからリングが消えてしまうストーリーですが、過去のストーリーでも閲覧・保存は可能です

6-1.投稿したストーリーを端末に保存する

ストーリーは、自分のスマホ端末へ保存ができます。自分のストーリー投稿を開いたら、右下の…(その他)をタップ。ストーリーが1枚の場合はメニューから保存(Android版では写真(動画)を保存する)を選択すれば、端末への保存が完了します。

iPhone版では、2枚以上のストーリーで保存するをタップすると、次のメニューで写真(動画)を保存またはストーリーズを保存が表示されます。写真(画像)を保存では、その時に表示されている画像もしくは動画のみを端末に保存できます。

一方でストーリーズを保存を選択すると、自分のストーリーに投稿されている画像と動画をまとめて1本のスライドショーとして保存できます。

6-2.ストーリーアーカイブから保存する

インスタの「アーカイブ」には、自分が投稿したストーリーズが保存されています。24時間が経過すると消えてしまうストーリーも、自分のアーカイブにはずっと残っているため安心です。

アーカイブは、プロフィールタブの右上にあるメニューボタン→アーカイブをタップすると展開されます。

過去のストーリーから保存したいものをタップし、右下のメニューボタンから動画を保存で端末への保存が完了します。

ストーリーアーカイブとは別に、投稿のアーカイブ機能も存在します。投稿のアーカイブ機能は、プロフィール画面からの一時的な非表示機能となっており、ストーリーとは別の役割を果たしています。

6-3.他人のストーリーも端末へ保存可能

インスタグラムでは、他ユーザーのストーリー投稿は原則保存できません。ただし、専用の外部ウェブサービスやサードパーティ製アプリを利用し、ストーリーの写真や動画を保存する方法は存在します。

7.過去のストーリーを公開できる「ハイライト」

投稿後24時間が経過したストーリーでも、自分のプロフィール上で常時公開しておける機能が「ハイライト」です。

ハイライトは、インスタグラムのプロフィール画面上に丸枠で表示されています。これまでのストーリーの中から、お気に入りのものや、自分で決めたジャンルのものだけを一つにまとめて、タイトルやカバー写真を自由に編集ができるのも特徴です。

8.ストーリーを削除する

ストーリーの投稿は、放っておいても24時間経てば自動的に表示されなくなりますが、間違えて投稿してしまったときなどに手動で削除することも可能です。

削除したいストーリーを開き、右下の…(その他)をタップします。削除を選択すると、確認のポップアップが表示されるので、再び削除をタップすれば完了です。

9.ストーリーのシェア・リポスト

ストーリーは引用シェア(リポスト)が可能です。自分のストーリーをシェアする場合と、他人のストーリーをシェアする場合に分けて解説します。

9-1.自分のストーリーをフィードにもシェア(投稿)

ストーリーをそのまま自分のフィードに投稿として反映させるには、ストーリー再生中に右下のメニューボタンから投稿としてシェアをタップします。

投稿の編集画面へ切り替わったら、フィルタやキャプション、位置情報などのフィード投稿編集をおこない、シェアするだけでOKです。

ストーリーが動画であれば、フィード投稿にも動画のままで反映されます。

9-2.自分や他人のストーリーをDM経由でシェア

自分や他人のストーリーは、ダイレクトメッセージ(DM)で簡単に共有できます。

自分のストーリーをシェアするには、ストーリー再生中に右下のメニューボタンから宛先を指定して送信をタップ。次の画面で、送信先アカウントを選択して送信するだけです。

他人のストーリーを再生した状態で、右下の送信(紙飛行機)ボタンをタップすると送信先リストが表示され、DM経由でのシェアがおこなえます。

9-3.ストーリーの「リポスト」

他人のストーリーにタグ付け(メンション)されると、その投稿を自分のストーリーでリポスト(シェア)できます。メンションされると、画面下にこれをストーリーズに追加と表示されます。ここをタップするだけです。

また、インスタ公式の機能ではありませんが、専用アプリなどを利用して他人のストーリーをリポスト(引用シェア)するテクニックもあります。詳しい手順は下記記事で紹介しています。

10.まとめ

超人気の機能であるストーリーは、インスタグラムを楽しみ活用するためには絶対に外せない存在です。

特に、Instagramストーリー上での健全なコミュニケーションはInstagramのアルゴリズム(システム)により評価され、発見タブにおすすめ表示されやすくなる傾向にあります。

自分で投稿することで様々な学びを得ることができますので、何はともあれまず実践して、フォロワーとのコミュニケーションを是非楽しんでみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?