【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

日本は諸外国に比べてキャッシュレス決済の普及が低い傾向ですが、徐々に利用者も増えています。政府が実施したキャッシュレス決済に関するキャンペーン、新型コロナウイルス感染防止なども関係しており、事業者側もキャッシュレス決済への対応が迫られています。

本記事では、事業者向けにキャッシュレス決済サービスについてご説明します。決済代行サービスの比較も行いますので、ぜひ参考にしてください。

キャッシュレス決済が受け入れられている背景

キャッシュレス決済は小中規模の店舗や企業においても導入が進んでいます。その背景には以下があげられます。

・簡単に導入できる

・手数料の安さ

・入金までの速さ

・政府の後押し

・キャッシュバック目的のユーザーが増えた

キャッシュレス決済の導入に関しては決済代行サービスを活用すると、比較的簡単に行えます。また、スマホ決済は手数料の安さや入金までの速さが特徴です。

キャッシュバックやポイント獲得を目的としているユーザーの増加もキャッシュレス決済の普及に影響を与えています。

キャッシュレス決済を理解しよう

ここでキャッシュレス決済について、基本知識をおさらいします。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済と一言でいってもいくつかの種類があります。

・クレジットカード

・デビットカード

・電子マネー

・QRコード決済

・スマホ決済

上記のなかでもクレジットカードの利用者が多いです。理由としてはカード利用によりマイルが貯まったり旅行時の傷害保険がついていたりするからでしょう。また、デビットカードは、クレジットカードのように使えますが、連携している銀行口座から瞬時に利用金額が引き落とされます。

電子マネーではSuicaなどの交通系、nanacoなどの小売系、iDなどのクレジットカード系があります。QRコード決済ではPayPayに代表されるものです。

スマホ決済はApple PayやGoogle Payなど、端末にスマホをかざして支払いができるものになります。ただし、電子マネーやQRコード決済もスマホ決済に分類されることがあります。

キャッシュレス決済の導入方法

前述したさまざまなキャッシュレス決済を導入するには、2つの方法があります。

・直接契約

・決済代行サービス

直接契約はその名のとおり、各キャッシュレスサービス会社と直接的に契約することです。PayPayを導入するならばPayPayを取り扱う業者、クレジットカードを導入するならばその提供会社という形でそれぞれと契約していくことになります。

直接契約では決済手数料が安く済みます。しかし、各サービスの提供会社と契約する手間がかかったり入金のサイクルが違ったりします。また、システムの管理も自社で行う必要があります。

それらの手間や負担を解消できるのが、決済代行サービスです。決済代行サービスを利用すると、複数のキャッシュレス決済サービスの管理を任せることが可能です。ただし、決済代行サービスを利用するため、トータル的な手数料が高くなりがちです。

とはいえ、中小規模の事業者であれば決済代行サービスを利用するメリットが大きくなります。

キャッシュレス決済の代行サービス5社の比較

キャッシュレス決済の代行サービスでは以下の5社が有名です。

・AirPAY

・Square

・STORES

・Uペイ

・おてがるペイ

それぞれのサービスをさまざまな項目で比較してみます。

  1. 初期費用
AirPAYSquareSTORESUペイおてがるペイ
iPadもしくはiPhone代iOSかAndroid対応端末代、カードリーダ代iOSかAndroid対応端末代、カードリーダ代iOSかAndroid対応端末代、カードリーダ代iPadもしくはiPhone代

初期費用は決済サービスを利用するための機種代金、またカードリーダー代が必要です。初期費用を抑えたいときは、AirPAYかおてがるペイがいいでしょう。

  1. 月額費用
AirPAYSquareSTORESUペイおてがるペイ
全サービス無料

月額料金に関してはどのサービスも無料です。各社は決済手数料を収入源としています。

  1. 決済手数料
AirPAYSquareSTORESUペイおてがるペイ
3.24〜3.74%3.25〜3.95%3.24〜3.74%3.24〜3.74%3.24〜3.74%

決済手数料は売上金額に対して支払うものです。Squareが他社よりも少し割高な程度であり、全体的に大きな差はありません。

  1. 入金サイクル
AirPAYSquareSTORESUペイおてがるペイ
月3回/月6回翌日振込月1回/22回月2回月2回/月6回

入金サイクルは売上げが振り込まれるサイクルです。キャッシュフローを考えると、振込回数が多いほどいいでしょう。その点、Squareは翌日に振り込まれるので優位性があります。

ちなみに、STORESの月22回というのは、手動申請を月に最大22回できるということです。申請すると2営業日以内に振り込まれます。

  1. 入金手数料
AirPAYSquareSTORESUペイおてがるペイ
無料無料売上げ合計が10万円未満は200円、10万円以上は無料みずほ銀行は無料、その他は180円無料

入金手数料は振り込みの際の手数料です。こちらもキャッシュフローを考えると、無料に越したことはありません。STORESやUペイは条件付きですが無料ですので、問題ないでしょう。

  1. 対応クレジットカード
AirPAYSquareSTORESUペイおてがるペイ
7種類・VISA・JCB・MasterCard・Diners Club・American express・DISCOVER・UnionPay(中国銀聯カード)6種類・VISA・JCB・MasterCard・Diners Club・American express・DISCOVER6種類・VISA・JCB・MasterCard・Diners Club・American express・DISCOVER6種類・VISA・JCB・MasterCard・Diners Club・American express・DISCOVER7種類・VISA・JCB・MasterCard・Diners Club・American express・DISCOVER・UnionPay(中国銀聯カード)

対応しているクレジットカードは各社ともに大きな違いはありません。国際ブランドに関しては問題なく取り扱えます。

  1. 対応電子マネー
AirPAYSquareSTORESUペイおてがるペイ
・交通系電子マネー(9種類)・Apple Pay・QUICPay・iD・交通系電子マネー(9種類)・Apple Pay・QUICPay・iD・交通系電子マネー(9種類)・交通系電子マネー(9種類)なし

電子マネー関係はまだまだ普及が進んでいませんが、おてがるペイを除けば対応しています。国内でのiPhoneユーザーの多さを考えると、Apple Payへの対応もしておきたいところです。

以上のさまざまな観点から比較すると、AirPAYが全体的に優位性をもちます。

キャッシュレス決済を導入しよう

キャッシュレス決済を利用する人が増えてきたため、店舗や企業においても対応が進んでいます。さまざまなキャッシュレス決済に対応するには、決済代行サービスの利用がおすすめです。

本記事を参考にして、キャッシュレス決済の導入を進めましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?