【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Instagramのフィード投稿やストーリーには、位置情報を追加できる機能があります。場所を知らせる役割を担うほか、最近は位置情報にかわいい言葉やユニークなフレーズをつけて投稿しているユーザーもよく見かけます。

本記事では、インスタグラムで投稿・ストーリーに位置情報をつける基本的な方法はもちろん、かわいくておしゃれな位置情報を設定するテクニックを紹介。また、該当の位置情報が検索で出てこないときの対処法についても解説します。

1.位置情報とは?

インスタグラムでは「位置情報」(スポット情報)をつけて写真を投稿することができます。好きなお店や旅先紹介などでよく利用されている機能です。

見ているユーザーは、フィードからタップ一つで写真の場所を確認できるように。

位置情報はスポット情報とも呼ばれています。写真の位置情報をタップすると、地図以外にユーザーの関連投稿がスポット情報として一覧表示されます。

景色、人、料理、お店など、様々な視点の投稿写真がスポット情報には集まっています。

旅行先などの情報を調べたいときは**「スポット情報検索」をすると、ガイドブックには載っていないような観光スポットが見つかることも。眺めて楽しむだけでなく、情報収集ツールとして便利に使えるのです。

2.位置情報をつけるメリットは?

インスタで位置情報を追加するとどんなメリットがあるのか、自宅位置までバレないのか気になる点を解説します。

〇メリット

メリットは同じスポットに興味を持つユーザーと繋がるチャンスになる点です。フォローやコメントをもらうきっかけにもなるでしょう。

例えば「○○グルメ祭」や「○○のサイン会」などの位置情報投稿では、気の合う人からの絡みが期待できます。

また位置情報を活用した地域活性化写真コンテストが開催されていたり、位置情報投稿をするとクーポンがもらえるお店もあります。位置情報の楽しみ方は一つだけではないようです。

〇デメリット

デメリットとしては防犯上のリスクが0ではないこと。家で撮った写真に自宅の位置情報をつければもちろん自宅バレに繋がるでしょう。

また近所の位置情報投稿が多いだけでも、推測により自宅の場所が割り出されてしまう可能性も。

ただインスタは全投稿に位置情報が自動でつくものではなく、投稿毎に自分で選択ができます。「遠出したときだけ」や「時々だけ」など、位置情報をつけるマイルールを持っておけば、デメリットはカバーできるでしょう。

3.位置情報機能を利用する際に注意したい2つのポイント

インスタグラムの投稿で自宅を知られてしまった著名人の話などを耳にすると、自分も同じように自宅が公開されてしまうのでは?と不安に感じる場合もあるでしょう。こうした場合に気を付けておくべき注意点を2つ紹介します。

〇自宅周辺で写真をたくさん取らない

自宅やその周辺で撮った写真を数多く投稿すると、その写真が地図に表示され自宅が推測されてしまう可能性があります。特に近くにランドマークがあり、住所を示す標識があるなどは推察されやすく、宅配便のシールからも判断されてしまう場合もあるでしょう。

写真自体は別の場所で撮ったにもかかわらず、自宅から投稿したことで位置情報が付与されてしまう可能性もあります。

〇位置情報をオフにする

ほとんどのデジタルカメラにはExif情報というメタデータが埋め込まれており、これはスマートフォンのカメラでも例外ではありません。もともとのExif情報の役割は、フォーカスや露出データを記録しておくものですが、撮影場所などの位置情報や日時も同時に記録されているのです。

インスタグラムでは、投稿時にExifデータを破棄するようになってはいるものの、不安を感じる場合は上述した位置情報をオフにする、変更・削除するなどの対応を取る必要があるでしょう。

4.位置情報を追加して投稿する方法【iPhone/Android共通】

4-1.フィードに位置情報投稿をする方法

いつもの投稿画面を開き、キャプションを書く画面から位置情報を追加できます。

[位置情報を追加] > [検索]して該当の場所情報を選択 で設定は完了です。

4-2.ストーリーで位置情報投稿をする方法

プロフィール画面に行き、自身のアイコンをタップしてストーリー投稿画面を開きます。

1.画面上部にある[ステッカーアイコン] > [場所]をタップ

▲[ステッカーアイコン]は写真選択(撮影)後の画面上部に。

2.[検索]して該当場所をタップ > 左下の[ストーリーズ]をタップ

▲位置情報ステッカーはタップするとデザイン色が変わり、サイズ調整と移動も可能。閲覧できる相手を選ぶときは右下の[送信先]から設定。

5.あとから位置情報を追加・変更・削除する

位置情報をあとから追加、変更する手順はiPhone・Android共通です。ただし削除をする手順のみiPhoneとAndroidとで異なります。

5-1.あとから追加する方法

1.該当する投稿のメニュー[…] > [編集]をタップ

2.[位置情報を追加…] > [検索]して該当場所をタップして追加する

5-2.あとから変更・削除する方法

iPhoneとAndroidでやや手順が異なるので、それぞれ解説します。

〇iPhoneの場合

該当する投稿のメニュー[…] > [編集]をタップ > 設定した位置情報をタップ > [位置情報を変更]または[位置情報を削除]から。

あとから位置情報を変更削除する手順2

〇Androidの場合

該当する投稿のメニュー[…] > [編集]をタップ > 検索窓が出たら左上の[×] > [✓]をタップ

▲位置情報の検索窓には入力せず、画面左上の[×]で削除となる。

6.位置情報を検索するやり方【iPhone/Android共通】

位置情報を検索する方法はいたって簡単。いつもの虫メガネアイコンを開き、「スポット」タブから検索ができます。

因みに位置情報検索で追加したいスポットがヒットしない場合は、『Facebook』から新規でスポット情報の登録もできます。ただし実際にその場に行かないと新規登録できないのでご注意ください。

7.まとめ

インスタの位置情報は自宅が特定されないよう意識して投稿をすれば、メリットの方が目立ちます。

フォロワーやコメント数アップに繋がったり、カフェなどでクーポンがもらえたりと位置情報投稿は活用できるポイントがいろいろ。

位置情報が利用できないときは「通信環境」「位置情報利用許可」「スマホ本体とInstagramアプリのバージョン」を見直してみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?