【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

マーケティング担当者であれば、PRや広告、プロモーションという言葉を普段から耳にしているでしょう。しかし、それぞれの違いを把握しているでしょうか。

本記事ではPRと広告の概要と違い、両者のメリット・デメリットを中心にご紹介します。

PRと広告について

まずはPRと広告について、概要と両者の違いをご説明します。また、混同しやすいプロモーションに関してもご紹介します。

PRとは

PRとは、「Public Relations(パブリックリレーションズ)」の略語であり、社内外の関係性を構築することや信頼を得るための行動です。たとえば、自社のイメージ動画などを作って社内や社外との良好な関係を築くことなどが当てはまります。

広告とは

広告とは、さまざまな媒体に費用を支払って訴求したいことを発信することです。テレビCMや新聞広告、電車の中吊り広告、Webサイトなどで広告枠を買い取って、自社の製品やサービスなどを掲載します。

PRと広告の違い

PRと広告の違いを表でまとめてみました。以下をご覧ください。

PR広告
発信者メディア企業
特徴客観的なメッセージ訴求したいメッセージ(主観的)
効果持続性がある即効性がある
手段メディア、SNS広告枠

PRと広告で大きく違う点は、発信者です。PRはメディアを通じて自社と消費者を結びつけます。

一方で広告は企業が広告枠を購入して伝えたいことを発信します。PRはメディアによって発信情報を制御して客観的な内容で消費者に伝えるため、企業が訴求したいことが発信できる広告との違いがあります。

プロモーションとは

PRや広告と混同しやすい用語にプロモーションがあります。プロモーションは企業に限定すれば、販促活動(セールスプロモーション)を意味します。

PRと違うのは、直接、見込み顧客に働きかけることです。つまり、プロモーションの効果や効率を向上さるために広告を利用するわけです。

PRのメリット・デメリット

ここでは、PRのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

PRの大きなメリットは、情報を受け取った側が共感しやすいことです。客観的なメッセージを送ることで、消費者との関係も縮まるでしょう。広告だけでは、売り込み色が強くなるため、企業情報や商品のメリットなどをPRで伝えることで社内外から共感がされます。

また、PRは基本的に費用がかかりません。これはメディアに取り上げられるからです。企業が提供する情報にメディア側がさらに付加価値をつけて紹介する流れから、好意を持ったユーザーが拡散することも考えられます。

人々のつながりで情報が広まっていく特徴から、PRは費用がかからないわけです。

デメリット

PRのデメリットでは、配信される情報の内容が自社で管理しにくいことです。これは取り上げるメディアが掲載内容に決定権をもつからです。また、メディア側はターゲット層に向けて配信内容を検討することがほとんどであり、自社が思っているような内容で配信できないことも多いです。

そのため、PRのやり方次第で逆効果になります。PRは企業側で配信内容をコントロールできないため、「PRのつもりではなかったが、結果的に消費者からPRと思われずにプロモーションをしてしまう」などが起こります。いわゆる、ステレスマーケティングです。

ステレスマーケティングは、場合により違法となることがあるため注意が必要となります。

広告のメリット・デメリット

ここからは、広告のメリットとデメリットをみていきます。

メリット

広告のメリットは、発信内容や時期を自社で自由にコントロールできることです。商品やサービスのアピールポイントを存分に訴求して、認知度の拡大やコンバージョンにつなげることができます。

また、ターゲットに向けて広告が出稿できる点もメリットです。メディア広告であれば、自社の商品やサービスのターゲット層と合致するWebサイトなどを選んで広告枠の買い取りが可能です。

GoogleやYahooなどの場合はターゲティング機能を使って、より細かな設定によって広告の出稿ができます。

デメリット

広告のデメリットで真っ先にあげられるのが、費用面です。広告費は掲載媒体によって異なりますが、テレビCMならば数百万円なども珍しくありません。配信期間(クール)によっては数千万円単位になるでしょう。

しかし、近年ではSNS広告やオンライン広告などを活用すると、費用を抑えることが可能です。とはいえ、広告運用には一定のノウハウが必要です。広告はオフライン、オンラインに関わらず入稿規定や掲載規定などがあります。

SNS広告などは運用後のデータ分析によって、軌道修正も必要です。そのためには、広告運用に関する知識が必要になるわけです。

また、「広告」というだけで嫌悪感や抵抗感を持つユーザーもいます。ユーザーに受け入れられる広告に改善することもポイントです。

PR会社と広告会社

PRや広告に関して自社にノウハウがない場合は、PR会社や広告会社を利用しましょう。PR会社はできるだけ低コストで自社をメディアに掲載してくれるように働きかけてくれます。

広告会社は広告代理店と呼ぶことが一般的ですが、自社の広告活動を代わりに行います。新聞やテレビ、雑誌、SNS、webメディアなどさまざまな媒体への広告出稿をサポートします。

PRと広告の違いを理解しよう

PRと広告は混同しやすいですが、さまざまな違いがあります。いずれもマーケティングには必要な要素であるため、両者の違いを理解しておきましょう。

自社でうまく運用できないときは、PR会社や広告代理店に依頼して、スムーズなPR、プロモーションにつなげてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?