【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

写真の投稿に特化したSNSであるInstagramですが、TwitterやLINEのように1対1やグループでメッセージのやり取りを行うことができるDM(ダイレクトメッセージ)機能が実装されています。

知っているけれど実際に利用したことはないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

InstagramのDM(ダイレクトメッセージ)は、友達と気軽にメッセージのやり取りができるため、メインの連絡ツールとして使っている方も見受けられます。

そこで今回はInstagramのDM(ダイレクトメッセージ)機能について解説をします。

1.InstagramのDM(ダイレクトメッセージ)とは?コメントの違いと特徴

はじめにInstagramのDM(ダイレクトメッセージ)についてご紹介してまいります。

1-1.DM(ダイレクトメッセージ)とは、特定のInstagramユーザーへ直接メッセージを送る機能

InstagramのDM(ダイレクトメッセージ)、正式名称「Instagram Direct」は特定のInstagramユーザーに対して直接メッセージを送ることができる機能で、日本で特に利用者の多いLINEのトークと似た機能となっています。

テキストや写真・動画のやり取りができる他、Instagramの投稿やストーリーズ、ユーザープロフィールのシェアを行うこともでき、1対1だけでなく複数人でチャットのようにやり取りをすることも可能です。

1-2.DMとコメントとの違い

投稿に付けられるコメントの内容はその投稿を見たユーザーの誰もが見ることができます。

一方でDM(ダイレクトメッセージ)のやり取りの内容は、やり取りしてるユーザーのみが見ることができる機能です。

1対1のやり取りなら自分と相手のみが、複数人でのやり取りであればグループに参加しているユーザーのみが内容を見ることができます。

1-3.「既読」や「オンライン状態」など、相手の状況がわかる

InstagramのDM(ダイレクトメッセージ)ではLINEのトーク機能と同様に送信したメッセージが読まれた際に「既読」マークが付き、やり取りしている相手がメッセージを確認したかどうかがわかるようになっています。

また、DMでメッセージのやり取りをしたユーザーの「オンライン状態」が表示されるようになっており、オンライン中のユーザーには緑の点が表示されます。

オフライン中のユーザーについては、いつまでオンラインだったか時間が表示されDMでやり取りをした相手の状況が把握できるようになっています。

1-4.画像、動画、ビデオ(電話)通話ができる

InstagramのDM(ダイレクトメッセージ)ではテキストの他に画像や写真、動画の送受信ができることは先にお伝えした通りです。

その他、スマートフォンのカメラとマイクを利用して互いの顔を見ながら通話ができるビデオチャット機能もあり、グループに参加しているメンバー全員で複数人のビデオチャットを行うことが可能です。

2.インスタグラムのDM 使い方一覧

では実際にメッセージを送ってみましょう。ここからは、DM自体や付随している各機能の使い方をご紹介します。

2-1.文字や写真、動画を送る

最も基本となる、文字や写真の送り方です。

文字はメッセージの入力欄に直接入力します。一方画像は入力欄右側の写真アイコンをタップしましょう。すると、スマホのライブラリが開きます。この中から送りたい写真や動画を選んで、矢印ボタンをタップすれば送信完了です。

スマホのライブラリのアルバムから選ぶこともできます。ライブラリを整理している場合はこのやり方が便利ですね。

2-2.「いいね」を送る

相手のメッセージにいいねをつける方法を紹介します。やり方はとても簡単。相手のメッセージをダブルタップするだけです。

2-3.スタンプ(GIFアニメ)を送る

スタンプやGIFアニメといった装飾を送る方法です。このあたりはインスタグラムならではの機能ですね。

まず、メッセージ入力欄の一番右側の顔アイコンをタップします。ここでいろんなスタンプを選べます。相手のメッセージに「いいね」のハートをつけるのではなく、スタンプでハートを送るのも良さそうですね。

なお、下のGIFアイコンをタップすればGIFスタンプ(動くスタンプ)を送れます。

2-4.消えるメッセージを送る

インスタグラムのDMでは、相手が閲覧すると自動で消える写真・動画を撮影して送ることができます。

・インスタグラムDMの使い方

左下にあるカメラアイコンをタップすると、消えるメッセージや写真、動画を撮影して送ることができます。

・インスタグラムDMの使い方

撮影ボタンをタップで写真が、長押しで押している間だけ動画が撮影できます。ストーリーの投稿時とほとんど同じなので、使い慣れている方も多いのではないでしょうか?

・インスタグラムDMの使い方

ストーリーと同様にここでエフェクトやフィルター、スタンプを使って編集することもできますし、左にある小さいサムネイルボタンをタップすると、スマホに保存してある画像や動画を選択することもできます。

エフェクトの種類はかなり多いので、飽きずに楽しむことができそうです。

なお、削除の条件は赤で囲んでいる3パターンから選べます。

1回表示1回再生されたら消える
リプレイを許可2回再生されると消える
チャットに保存DM上に残る(消えない)

こちらは受信側の画面。規定回数を再生すると、このようにグレースケールになり再生できなくなります。

・消えるメッセージのスクショは相手に通知がいく

なお、この消えるメッセージはスクリーンショットで保存すると相手に通知がいくという仕組みとなっています。

1度や2度しか再生できないため、画像として保存しようとするのはごくごく自然な心理かもしれませんが、その行為は相手に筒抜けというわけです。

2-5.ボイスメッセージを送る

次に、ボイスメッセージの送り方を紹介します。

入力欄にあるマイクアイコンからボイスメッセージを送ることができます。マイクのアイコンを長押ししている間だけ録音をします。マイクアイコンから指を離せば自動的にボイスメッセージが送信されますよ。

2-6.ストーリーや投稿を共有する

通常の投稿やストーリーをDMで共有することも可能です。まず、DMで送りたい投稿の画像の下にある矢印アイコンをタップします。

ここで、送る相手を選びます。検索窓から探して相手を見つけましょう。チェックを入れたら「送信」をタップすると送られます。送った後は相手へ送った投稿がリンクになっています。

ストーリーの場合は、下の方に矢印アイコンがあるので、そこをタップしましょう。その後の流れは投稿を送る場合と一緒です。

2ー7.位置情報を共有する

投稿についている位置情報もDMで送ることができます。旅行先やお気に入りのスポット、お店を調べる際に便利ですよ。

画像右上の矢印アイコンをタップし、あとは相手を選んで送信する流れです。

2-8.既読機能について

既読の有無は、最新の送信メッセージにのみ表示されます。ひとつひとつのメッセージに表示されるLINEとは違います。

追加でメッセージを送ると既読は消えます。あくまで、「ここまでは読んだよ」という目印です。

2-9.送信したメッセージやいいねを取り消す

インスタグラムのDMでは、送信済みのメッセージやいいねを取り消すことが可能です。やり方は以下の通り。

取り消したいメッセージを長押しすると、「送信を取り消し」という選択肢が現れるので、それをタップするだけです。

ただし相手が通知をONにしている場合、その通知までは取り消すことができません。相手が読む前に取り消しても必ずしもメッセージが読まれないわけではないので注意しましょう。

3.Instagramで送ったDM(ダイレクトメッセージ)を削除する方法

InstagramのDM(ダイレクトメッセージ)で送ったメッセージは削除することができます。

メッセージを削除するにはスレッド内で送信済みのメッセージをロングタップ(長押し)します。

「送信を取り消す」のボタンが表示されますのでそちらをタップするとメッセージを削除することができます。

4.使用する時の注意点は?

ここではDMを使い際の注意点を紹介します。

4-1.送った写真・動画は消えてしまう場合もある!

ダイレクトメッセージで送られてきた写真・動画は送る設定によって、24時間以内、もしくは一回表示しただけでで消えてしまうため、何か重要な物を送られてきた場合は忘れないうちに保存しておく必要になります。

4-2.個人情報を送るときは注意!

上でご紹介したように、インスタグラム上ではダイレクトメッセージはフォローしていなくても気軽に送ることができます。また、インスタグラムのアカウント作成自体も、誰でも気軽にできます。そのため、個人情報を送る場面では、本当に相手が信用できる相手なのかを吟味して送る必要があります。最近は、プロフィール画面からダイレクトメッセージとは異なった連絡先を載せているユーザーが多くなっており、そこからメッセージを送ることも可能です。

4-3.既読がつく!

LINEと同じようにメッセージを確認したら相手のトーク画面に既読のマークが付きます。LINEと同じように「既読無視」のトラブルの原因になるので注意が必要です。

4-4.最終ログイン時間がわかる!

2018年1月中旬より、ダイレクトメッセージ画面において下のように、最終ログイン時間が見ることが可能になりました。やりとりしていた相手に最終ログイン時間がわかるようになっているので、注意しましょう。非公開設定にもできます。

5.まとめ

ダイレクトメッセージ機能は、日に日に進化しています。機能が誕生したときは、単に個人間でのやりとりだけでしたが、今では上にご紹介したように多機能になっています。

また、インスタグラムを取り入れている企業にとってもダイレクトメッセージは実用的で、情報提供だけでなく、顧客とのやりとりや宣伝拡大などの有効手段としても活用できます。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?