【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

DMPという言葉を聞いたことがあっても、どのようなものなのかわからない方も多いのではないでしょうか。DMPはWEB広告施作のトレンドになってきており、WEBマーケティングを担当するのであれば知っておきたいものです。

そこで、この記事ではDMPについてわかりやすく解説します。

DMPの概要

DMPとは「Data Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)」の略称です。難しい名称ですが、端的にいうとインターネット上に蓄積された数々のデータを管理するものです。

たとえば、自社サイトに訪れたユーザーの属性や行動履歴などのデータをまとめて管理、分析して顧客とのコミュニケーションに活かすことができます。

具体的な施策としては、一度、自社サイトで商品を購入したユーザーの行動を確認し、しばらく購入がなければメルマガや広告を配信することが可能です。

DMPの2つの種類とできること

DMPには「オープンDMP」と「プライベートDMP」の2種類があります。それぞれについて、どのようなDMPであるかを解説します。

オープンDMP

オープンDMPは、外部が蓄積しているユーザー情報やサイトの行動履歴などを取得できるDMPです。パブリックDMPと呼ぶこともあります。

他社サイトにおけるユーザーの行動もわかるため、顧客の新規開拓に効果的です。自社のユーザー情報の蓄積が少ないときはオープンDMPを活用するといいでしょう。

プライベートDMP

プライベートDMPは、自社の顧客に関するDMPです。自社サイト内でのユーザーの行動履歴や顧客情報、購買履歴などを蓄積していきます。作成できるセグメントも豊富であり、既存顧客との関係強化に活かせます。

プライベートDMPはオープンDMPの領域も網羅しているため、アプローチできるユーザーも広がります。

DMPのメリット

ここからは、DMPのメリットを解説していきます。

狙いたいユーザー像の把握が可能

DMPは狙いたいユーザー像をしっかりと把握できます。前述のとおり、DMPを活用するとユーザーの行動履歴、アクセス履歴、配信している広告の情報、顧客情報など幅広い情報を取得して蓄積でき、分析も可能です。

分析の結果、狙うべきターゲットがはっきりするわけです。そのため、効率的なマーケティングにつながります。

見込み顧客の属性がわかる

マーケティングにおいて、見込み客の属性がわかることは有効です。その理由は、どのような意識をもつユーザーなのかがわかるからです。

自社サイトを分析しただけでは、商品購入があっても流入経路くらいしかわかりません。しかしながら、パブリックDMPを使うことでユーザーの商品購入までの行動が把握できます。どのように検索して、どのサイトから商品購入に至ったのかなどがわかってきます。

さらに、自社のサイト以外にもどのように検索して行動しているかも把握できます。顧客の趣味嗜好を深く知ることで見込み客の属性が判断できるわけです。

ターゲットに適切な施策実施ができる

プライベートDMPならば自社内のデータ、パブリックDMPならば外部のデータを活用してユーザー像の把握が可能です。そのユーザー像をもとに広告やメッセージを適切に流すことができます。

ツールを導入するときの注意点

効果的なマーケティングにするためにはDMPは非常に有効なものです。しかし、導入するにあたり、次の2つに注意してください。

実施するマーケティングと連携のしやすさがあるかどうか確認する

DMPのツールを導入する前に、DMPでどのようなマーケティングをしたいのか考えてください。

成約に向けてユーザーに広告配信を行う場合は、広告配信システムとの連携が容易なものがいいでしょう。また、顧客とのコミュニケーションに重点をおくならば、サイト内で施策実行ができるツールが適しています。

このように施策によって必要となる機能も異なります。DMPを使って何をしたいか、しっかりと考えましょう。

料金体系が多様なため、安く使えるツールをしっかりと確認する

DMPの料金体系は、使った分だけ支払う従量課金制や月額料金制などさまざまです。めぼしいツールがあっても料金体系で悩むならば、マーケティング施策でどのツールを使うと安いかを判断基準にしてみましょう。

また、なかにはDMP単体でマーケティング施策ができなかったり、開発をおこなために初期費用がかかったりする場合もあります。DMP導入にどの程度の予算があるかも考慮して、検討することも大事です。

代表的なDMPサービス3選

DMPサービスは多岐にわたりますが、以下で3つのサービスを紹介します。

Intimate Merger(インティメート マージャー)

「Intimate Merger」はパブリックDMPで有数の市場シェアを誇るDMPです。特徴はセグメントにわける際に高い自由度があり、細かなターゲティングが可能なことです。ほかにもLPOツールやアドネットワーク、CRMなど数多くのツールと連携ができるのもメリットとなっています。

Intimate Mergerはこちら(https://corp.intimatemerger.com/)

Arm Treasure Data eCDP(アーム トレジャー データ イーシーディーピー)

国内の大手企業(キリン、資生堂)なども導入しているのが、「Arm Treasure Date eCDP」です。このツールは顧客の一人ひとりのさまざまなデータや製品データを、リアルタイムで取得できます。

また、500種類以上ものツールと連携ができるため、データを統合する際の工数も大幅に削減可能です。インフラ管理やサポート体制、セキュリティ水準も高いため安心して使えるでしょう。

Arm Treasure Date eCDPはこちら(https://www.treasuredata.co.jp/)

AudienceOne(オーディエンスワン)

データ量では国内最大級の「AudienceOne」は、月間4.8億ユニークブラウザをはじめとする巨大なデータソースが魅力です。特定の顧客の行動パターンから類似ユーザーをピックアップできる機能など、精度の高い推計技術で品質のよいデータを取得して活用することができます。

AudienceOneはこちら(https://solutions.dac.co.jp/audienceone)

まとめ

DMPはインターネット上のデータを取得、蓄積してマーケティングに活かせるツールです。自社サイトだけではなく、他社サイトにおけるユーザーの情報を取得できるのも特徴です。

DMPサービスを導入するにあたり、どのようなマーケティング施策を考えて、相性のいいツールを選ぶことも大切です。DMPを活用してマーケティングを効果的に進めましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?