【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

ローカル検索をご存知でしょうか。すでにローカル検索で上位表示を目指して対策をしている担当者もいると思います。ローカル検索は自社のマーケティングを有利に進める施策のひとつになるため、しっかりと取り組みたいところです。

この記事ではローカル検索について概要や特徴、上位表示のための対策などをご説明します。ぜひ、参考にしてください。

ローカル検索とは?

ローカル検索とは、Googleの検索使用の特徴であり、ユーザーが検索をした場所によって検索結果が違うことです。

よって、東京と大阪で「居酒屋」や「美容室」と検索した際に上位表示されるページは異なります。地方にいて「居酒屋」と検索して東京のお店が表示されても意味はありません。そこで、ユーザーの位置によって最適な情報を表示するようになっているわけです。

ただし、地方にいても「居酒屋 東京」などと地域キーワードを入れることで、現在位置情報に関係なく調べることができます。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

通常検索との違い

ローカル検索と通常検索では同じ記事ページであっても、表示順位が異なる場合があります。たとえば、「英会話」「英会話 東京」「英会話 新宿」と検索した場合に、それぞれで表示順位が異なることがあるわけです。

「東京」「新宿」など地域に関するキーワードを入れると、そのエリアに最適なページが表示されるようになっています。「英会話 東京」で検索して上位にランクしていても、英会話教室が渋谷にあれば「英会話 新宿」で検索されたときに順位が下がる可能性も考えられます。

よって、エリアによってベンチマークする競合ページ(サイト)も変わってきます。

ローカル検索の特徴

ここでは、ローカル検索の特徴をご説明します。

ローカルパックやナレッジパネルでの表示

ローカル検索をすると、ローカルパックやナレッジパネルで表示されることがあります。ローカルパックは検索した際にマップと店舗名などが表示されることです。

マップ が含まれている画像

自動的に生成された説明

この画像は「英会話 東京」と検索した際のローカルパックです。具体的なスクール名などは変更になることがあるものの、具体的なお店がわかるためユーザーがアクセスしやすくなります。

また、ナレッジパネルは検索した際に画面右側に表示されます。たとえば、「ECC」と検索すると下の画像のようなナレッジパネルの表示が出現します。

テキスト

自動的に生成された説明

ナレッジパネルがあることで、公式サイトにすぐにアクセスできるメリットがあります。

アルゴリズム

ローカル検索にも検索アルゴリズムがあります。前述したローカルパックやナレッジパネルは、Googleマイビジネスに登録した情報と検索されたキーワードとの関係性や店舗所在地との距離、ビジネス情報の知名度が主なアルゴリズムとなっています。

このような独自のアルゴリズムがあることがローカル検索の特徴のひとつです。

モバイル検索ユーザーがよく使う

スマートフォンの普及から多くのユーザーはモバイル端末からの検索をするようになっています。自分の行動を振り返っても、「おすすめの居酒屋を調べたい」と考えたときにスマホでサクッと検索することがほとんどでしょう。

少し前のデータになりますが2016年にGoogleが公開した資料によると、ローカル検索をするユーザーの30%はモバイル検索であることがわかりました。こういった統計を考えると、サイト運営の施策もわかってくるでしょう。

・参考:How Mobile Search Connects Consumers to Stores

検索流入

ローカル検索は検索流入が期待できます。これは前述したような地域キーワードやローカルパック、ナレッジパネル、アルゴリズムなどの要因があるからです。人口規模の小さな街であっても、検索流入からの集客や売上げ増加なども見込めるわけです。

ローカル検索の検索順位の決まり方

以下で、ローカル検索の検索順位の決まり方を詳しくみていきます。

関連性

ローカル検索の検索順位には関連性が大きく影響します。何度か申し上げているように、東京で「美容室」や「ラーメン店」と検索すれば東京都内の美容室やラーメン店が優先的に検索結果に表示されます。(Googleマイビジネスに登録している店舗の表示)

キーワードとGoogleマイビジネスに登録しているプロフィール(ビジネス情報)の関連性により検索結果が決まると考えてください。

距離

距離もローカル検索の検索結果に影響します。「美容室」と検索すると、現在地から近い店舗が優先的に上位表示されます。

知名度

知名度もローカル検索では大事な要素です。知名度はオンラインだけではなくオフラインも関係します。オンラインでの知名度には、WEB上にどれだけ情報があるかで判断されます。

自社サイトのリンク、記事数、店舗一覧などが多いほど上位表示される可能性が高いです。また、Googleでの口コミ数もポイントです。いい口コミが多いほどローケル検索で検索上位になります。

ローカル検索で上位表示させるには?

ローカル検索で上位表示させるには、以下に取り組んでみてください。

・スマホ対応

・Googleマイビジネスに登録

・地名などの地域キーワードをページに盛り込む

前述したようにスマホからの検索が多くなっているため、サイトをスマホ対応にすることは非常に大事です。また、検索結果に表示されるようにGoogleマイビジネスへの登録も行ってください。

対策ページには地名などの地域キーワードを入れることで、ローカルパックやナレッジパネルに表示されやすくなります。

ローカル検索対策をしてみよう

ローカル検索の仕組みを理解することはWebマーケティングに重要なことです。地域キーワード、ビジネス情報、口コミ数などによりローカル検索での表示順位が決まります。

このことを理解して、自社のサイトやページでローカル検索対策をしてみましょう。