【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

近年、SNSのユーザーが増えるなど、情報の取得方法が増えました。そのなかでキュレーションサイトという言葉を聞くこともあるでしょう。キュレーションサイトと聞くと、まとめサイトとの区別がつかなかったり、正しい情報を発信しているのか不安になったりするユーザーも多いです。

その背景からキュレーションサイトの構築に踏み切れないこともあるのではないでしょうか。この記事では、キュレーションサイトの概要やまとめサイトの違いなどをご説明します。

また、キュレーションサイトの作り方、具体例などもご紹介します。ぜひ参考にしてください。

キュレーションサイトとは?

キュレーションサイトとは、特定のジャンルに特化してインターネット上から情報を集めつつ有益なものを選んで再編集したサイトです。たとえば、暮らしや美容、金融、医療、教育など多岐にわたる分野のキュレーションサイトが存在します。

キュレーションサイトは増加している

キュレーションサイトの数は増加傾向にあります。総務省の情報通信政策研究所調査研究部が公開した「我が国の情報通信市場の実態と情報流通量の計量」によると、流通情報量が増加しているものの消費情報量は停滞しています。

これはユーザーが検索した際に表示される情報量が増えていることを意味します。情報量が増えると、ユーザーが情報の選別のために時間がかかるため消費情報量が少なるわけです。

その結果として、ユーザーに必要な情報をピンポイントに届けるためにキュレーションサイトが増加しました。

※参考:我が国の情報通信市場の実態と情報流通量の計量

まとめサイトとの違いは?

キュレーションサイトと聞くと「まとめサイトとの違いは?」と思う方も多いでしょう。結論からいうと、キュレーションサイトとまとめサイトは同じ意味です。キュレーションサイトは情報の信ぴょう性を不安に思うユーザーもいますが、専門性が高く信頼性が担保されているサイトもあります。

一方で情報の出所がわからない、または信ぴょう性に欠けるキュレーションサイトが存在することも事実です。

キュレーションサイトの収入源

キュレーションサイトは、サイト内に貼った広告がメインの収入源です。有名なところでいうとGoogleアドセンスなどでしょう。またはアフィリエイト広告も収入源になります。ほかには、課金型のキュレーションサイトも存在しており、有料会員が増えると収入も向上するケースもあります。

さらに、ECサイトのように商品を販売することで収入が得られるキュレーションも増えています。ECモデルのキュレーションサイトは、記事で有益な情報を発信してアクセスを集め、商品の販売までつなげる仕組みです。

キュレーションサイトのメリット

キュレーションサイトは、ユーザー側と運営側の双方にメリットがあります。ユーザー側のメリットとしては、サイト内に多くの情報がまとまっていることでサイト内検索をすると悩みが解決できることがあげられます。

また、多くのキュレーションサイトはスマホ画面での閲覧も可能であり、ユーザービリティの高さもメリットです。

一方、運営側のメリットはサイト構築の労力が少なくて済むことです。キュレーションサイトは既存の情報を集めて精査、そして正しい情報を発信していくことになります。つまり、取材をする必要もないわけです。サイトの構築も一般的なサイトと同様でWordPressを使用することが多く、費用を抑えることが可能です。

キュレーションサイト運営の注意点

キュレーションサイトの作成や運営の際は、以下の注意点を覚えておきましょう。

・無断転載、著作権違反

・医療や金融など極めて専門性の高い分野の取り扱い

・コンプライアンス違反

以上が主な注意点です。端的にいうと法律やコンプライアンスに触れないように、正しい情報を発信することがポイントです。また、医療や金融など人々の生活において大きな影響を与える分野のコンテンツは、基本的に一次ソースを用いるか専門家に執筆依頼をしましょう。

間違えた情報を発信してしまうと、サイトの信頼を落とすだけではなく企業イメージの低下につながります。

キュレーションサイトの作り方

キュレーションサイトの作り方で大事なことは、発信する内容を1つのカテゴリに絞ることです。インテリア、ファッション、旅行などの分野から1つのカテゴリを選んで、それに特化したコンテンツを配信します。

特化型のキュレーションサイトのほうがサイトの価値が高くなり、コンテンツが上位表示されやすいです。

成功しているキュレーションサイト3選

最後に成功しているキュレーションサイトを3つご紹介します。

グノシー

グノシーは幅広い分野のニュースを取り扱うキュレーションサイトです。政治経済、雑学、コスメなど非常に幅広い情報をカバーしており、ユーザーを飽きさせません。また、ユーザーが過去に閲覧したニュースのカテゴリからおすすめの記事を紹介している点も特徴です。

グノシーはこちら

Antenna(アンテナ)

Antennaは、350以上の提携メディアから預かっている記事を独自に編成して、東京での暮らしを豊かにするコンテンツを配信しています。カテゴリも幅広くなっており、グノシーのようにユーザーを飽きさせない点も魅力です。雑誌感覚で利用しているユーザーも多いでしょう。

Antennaはこちら

北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店は、ECモデルのキュレーションサイトです。商品のレビューが詳しく書かれていたり、特集記事が充実していたりユーザーに有益な内容が充実しています。ユーザーがじっくりと読み進めることで、商品の購入にもつなげています。

北欧、暮らしの道具店はこちら

キュレーションサイトを運営してみよう

キュレーションサイトとは、インターネット上の情報を整理して再編集しているサイトです。収入源は広告、会員料金、商品販売などです。キュレーションサイトをはじめるときは、カテゴリを絞ってコンテンツを増やすことがポイントです。

ただし、著作権や無断転載、コンプライアンス違反などに注意することが大事となります。メリットや注意点を理解して、キュレーションサイトの運営に挑戦してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?