【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

ランディングページ(以下、LP)のSEO対策を考えている担当者はいないでしょうか。LPへの自然検索による流入は自社商品やサービスの売上げにも大きく影響していると思います。

しかしながら、どのようなSEO対策を実行すればいいかわからないものです。そこで、この記事ではLPのSEO施策をわかりやすく解説していきます。ぜひ、参考にしてください。

LPの意味や定義のおさらい

はじめに、LPの意味や定義をおさらいします。LPとは日本語に直訳すると「着地するページ」となります。

つまり、広義的な意味でのLPはユーザーが最初に着地するページとなります。もう少し狭い範囲で考えると「ユーザーの購買意欲を高めるページ」に該当します。

LPの種類

LPといいましても、1ページ完結型とカテゴリごとにまとめられたLPがあります。1ページ完結型は初回利用のユーザーを対象として、すぐに購買を狙う目的があります。また、カテゴリごとにまとめられたLPは、取り扱う商品が多い場合に活用します。

こちらは即時での購入を期待するものではなく、より多くのユーザーの獲得を目的にしていることが多いです。

実際のところLPはSEOに向いていない

LPを欠かせないものと位置付けている企業も少なくはないでしょう。しかしながら、LPはSEOとの相性がよくありません。理由としては、コンテンツとして考えた場合にテキスト量が少ないからです。

ユーザーがそのページで十分な情報を得られなければ、ユーザーだけではなく検索エンジンからの評価も下げてしまいます。また、ページ数の少なさもSEOに影響を与えています。

LPは多くの場合で最低限のページ数で作成することが多く、インデックス数や内部リンクの少なさがSEOの観点からみると弱いわけです。

これらを解消するにはサイト一体型LPの構築が有効です。

サイト一体型のLPにしてSEO対策を行う

サイト一体型LPとは企業サイトやサービスサイトなどの自社サイトの下層にあるLPのことです。サイト一体型LPは一見すると一般的なサイトのように見えますが、LP本来の目的であるコンバージョンまでの導線を作ることに変わりはありません。

コンテンツ量を増やすなど、一般的なサイトと同様にSEO対策をしていけば効果が高まっていきます。

サイト一体型LPのSEO施策

ここからは、サイト一体型LPのSEO施策についてご説明します。

トップページへの導線を入れる

サイトならばサイト一体型LPに限らず、どのようにアクセスを増やしていくかが大きな課題です。まずは自社商品やサービスに関係するノウハウ記事や教育コンテンツで上位表示を狙いたいところです。

しかし、それだけではLPの目的であるコンバージョンには直結しません。ユーザーは知識を得ただけで離脱することも珍しくないため、コンテンツ下部にトップページへの導線を入れるようにしましょう。

コンテンツ内で何度もLPへの誘導を行うと、かえって逆効果になることがあるのでコンテンツの下部のみに入れるほうが効果的です。

また、ユーザーの多くはコンテンツの見やすさを求めますので、スマホ対応も必須です。

ABテストを実施してコンバージョン率を確認

コンバージョン率を高めるには、肌感覚で施策を実行してはいけません。しっかりとした理論をもとに実行することが大事です。そこで重要になるのが、ABテストです。トップページの構造を2パターンにわけてどちらがコンバージョン率が高いか、測定してみてください。

また、2つのトップページを用意するときは、全体的に異なるものではなく、一部だけを蛙長にしましょう。具体的にはメインキャッチ、メイン画像、CTAボタン、ボディコピー、コンテンツの順番といった箇所を変更するだけで十分な検証結果が得られます。

なかでもメインキャッチはLPに流れてきたユーザーが最初に目にします。ユーザーはメインキャッチを見ただけで瞬時に離脱してしまうか、コンテンツを読み進めるか決定するため、非常に重要な部分です。

そう考えると、クリエイティブな能力が必要と思うかもしれません。しかし、ページ全体や自社商品を表現する言葉を入れ込めば大丈夫です。

継続的なコンテンツ作成と被リンク獲得

一度、サイト型LPを構築したからといって、それで終了ではありません。コンバージョン率の向上を目指すならば、定期的な運用の見直しも大切です。対策キーワードでどれだけの流入があるのか、アクセス数の推移はどうなっているのか、さまざまな視点で分析と改善が必要になります。

また、コンテンツの継続的な更新もポイントです。ユーザーが求める内容になっているのか、常に検討することが大切になります。

それと並行して被リンクの獲得も目指しましょう。被リンクとは外部サイトから自社サイトに向けて貼られたリンクのことです。被リンクはSEO上、大きな効果を発揮するため狙いたいところです。

ただし、悪質な被リンクはペナルティの対象となるため注意が必要です。健全な被リンクを集めるには、やはりコンテンツの質が重要になります。ユーザーの視点に立っていいコンテンツを提供してください。

ツールを使ってSEO対策の結果を検証する

SEO施策がうまくいっているかどうかは、GoogleサーチコンソールなどGoogleが無料提供するツールを使って検証してみてください。

Googleサーチコンソールでは、ユーザーがどのような検索キーワードで流入しているかが可視化されています。それが対策キーワードとマッチしているかを確認して、メインキャッチやコンテンツの内容を改善しましょう。

LPのSEO対策をしてみよう

これまで多かった1ページ完結型のLPなどはSEOに弱いため、サイト一体型LPの構築がおすすめです。サイト一体型LPではトップページへの導線設計やABテストの実施、コンテンツの見直しなどを繰り返すことでSEO効果が高まります。

この記事を参考にして、ぜひ、自社のLPのSEO対策を行ってみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?