Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TwitterはSNSを代表するツールのひとつであり、多くの利用者がいます。簡単につぶやくことができて、趣味や思考が同じ人とつながることができます。

企業においてもTwitterはブランディングのツールとして活用していることが多いです。そこで今回は企業がTwitterを使う有効性やつぶやく内容、参考にしたい企業アカウントを紹介します。

 

企業がTwitterの運用をしたほうがいい?

Twitterは個人だけではなく、企業も積極的に運用しています。とはいっても、企業がTwitterを運用するのはどれだけ有効なのでしょうか。

企業がTwitterを運用する際は、その目的によって発信する内容を変えることが大事です。企業がTwitterを運用する目的は主に3つです。

 

・ブランディングや商品PR

・販売促進

・カスタマーサポート

 

ブランディングや商品PRの目的でTwitterを活用するときは、ユーザーとのコミュニケーションを通じて自社を理解してもらって、いい印象を与える効果があります。また、商品やサービスに関する発信をすれば、フォロワーから認知されやすいでしょう。

販売促進の目的であっても、Twitterを絡めた販路の構築も可能です。また、DM機能などをつかってカスタマーサポートもできます。

以上を考えると、企業もTwitterを積極的に活用してマーケティングに活かしたいところです。

 

企業がTwitterの運用をするときのポイント

企業がTwitterを運用することは、収益を向上させる意味でも有効です。しかし、単につぶやいていればいいというわけではありません。ここからは、企業がTwitterを運用するときのポイントを解説します。

 

ハッシュタグ(#)の利用

ハッシュタグとは、「#」をつけることで同じハッシュタグをつけた投稿をまとめて検索できるものです。

ツイート内容は黒文字ですが、ハッシュタグは水色で表示されていてクリックすることが可能です。タイムラインでみつけられなくても、ほかのツイートから自社のアカウントにたどりつく可能性があります。

 

発信内容を特化した運用

企業がTwitterを運用する際は、新商品やキャンペーンの情報発信に特化すると効果的です。

新商品やキャンペーンの情報をふんだんに配信すれば、新規顧客だけではなく過去に利用した顧客を呼び戻すことにもつながります。ほかにもクーポンを配信すれば、それを目的としたユーザーを獲得できるでしょう。

また、Twitterにはリツイート機能もあるため、既存のフォロワーから潜在層へのアプローチも可能です。

 

配信時間を決める

Twitterの利用者は非常に多いわけですが、配信時間を考慮しなければ効果も薄れてしまいます。

日中は仕事をしていたり学校にいたりするユーザーが多いでしょう。その時間帯に配信しても、目にするユーザーは少ないと考えられます。

配信時間は通勤や通学時間帯の朝7時から8時、昼食の時間帯、帰宅時間の17時から19時などユーザーがTwitterを開く時刻にあわせてみましょう。

その時間帯に集中してツイートするのは効果的ですが、更新頻度が多いとユーザーも鬱陶しいと感じます。1日に5回から10回くらいの更新を目安にしてください。

 

参考にしたい企業アカウント5選

以下で参考にしたい企業アカウントを5つ、紹介します。どのように運用しているのか、研究してみましょう。

コクヨ株式会社

コクヨ株式会社は「コクヨのぶんぐ」というアカウントを運営しています。主に自社商品の使い方を写真付きで発信しています。

単純に製品の写真をそのまま載せるのではなく、どのような場面で使われているかがわかるとなっており購買行動につながりやすいです。ときには社員が使っている文具を紹介しているため、実用的な情報が多くなっています。

参考:コクヨのぶんぐ(https://twitter.com/kokuyo_st

 

株式会社石井マーク

株式会社石井マークは、防災や防犯などについて視覚的にツイートしています。ツイート内容をみていくと標識や看板を使ってわかりやすく、みやすく仕上げています。

熱中症や暖房器具の使用による一酸化炭素中毒といった、季節に応じた発信はユーザーに有益です。

参考:株式会社石井マーク(https://twitter.com/ishiimark_sign?lang=ja

 

株式会社PFU

株式会社PFUは高級キーボードの製造・販売を手掛ける企業です。「HHKB OFFICIAL」という公式アカウントでは、商品情報やセール情報を発信しています。

また、ユーザーからのリツイートが多いのも特徴であり、幅広いユーザーに情報を届けている印象です。ツイート内容も親しみやすい言葉が並んでいて親近感を感じます。

参考:HHKB OFFICIAL(https://twitter.com/PFU_HHKB

 

セブン-イレブン・ジャパン

セブン-イレブン・ジャパンの公式アカウントは、2020年6月時点で340万人以上のフォロワーがいます。ツイート内容は新商品のPRやキャンペーン情報が中心であり、ときには芸能人などとのコラボもしています。

有名人とTwitter上で交流では、商品の認知度の向上につながっています。新商品のPRに力を入れたい場合は参考になるアカウントです。

参考:セブン-イレブン・ジャパン(https://twitter.com/711SEJ

 

サンワサプライ株式会社

OA機器やオフィス用品を取り扱うサンワサプライ株式会社は、「サンワサプライ」を運営しています。

特徴的なのは毎朝、「おはサンワ」というツイートです。これは「おはようございます」という意味ですが、ハッシュタグをつけてその日が何の日なのかを発信しています。

多くは商品情報を提供していますが、ユーザーとの距離を縮める意味でも「おはサンワ」は効果的なものでしょう。

参考:サンワサプライ(https://twitter.com/sanwainfo

 

Twitterを運用してマーケティングに活かそう

Twitterは個人のユーザーが多く、企業は幅広い潜在層にアプローチすることが可能です。企業がTwitterを活用してマーケティングに取り組む事例も多いです。この記事を参考に、ぜひTwitterの運用に取り組んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

データに基づいた最先端のSNS・インフルエンサーマーケティングなら

マイクロインフルエンサーも含めたインフルエンサーの特定・SNS分析なら、

日本最大級の総合インフルエンサーデータベースを抱えるmisosil(ミソシル)へご相談ください!

インフルエンサーを活用したSNSキャンペーンのモニタリングや効果分析ツール「Tofu Analytics」なら広告効果や拡散に貢献しているインフルエンサーが一目瞭然。インスタのハッシュタグのレポート分析もお任せください。

独自のAIを駆使した分析技術で他社が抱えるインフルエンサーも含めて客観的に分析することが可能です。

また、インフルエンサー限定で格安でサンプリングすることができる「Tofu Experience」も新登場。

詳細はこちら