【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

インターネットを介した決済手段は世界中で広く用いられており、多種多様な決済サービスが登場しています。

そのなかで注目したいのは全世界でその利用範囲を広げつつある「Stripe」です。

本記事では「Stripe」の特徴や手数料、使い方などを解説します。決済サービスの導入を検討している際は、参考にしてください。

「Stripe」とは

「Stripe」は、サンフランシスコを拠点に世界中で活動するオンライン決済プラットフォームです。その特徴は、135以上の通貨と支払い方法に対応し、47ヵ国以上で提供されているという、広範な対応力にあります。

APIを活用することで、さまざまな決済形態を受け入れ、金融機関やデジタルウォレットとも連携可能です。これにより1日あたり2億5000万件以上のリクエストが行われています。

2011年のサービス開始以来、順調に規模を拡大し、現在では大手企業からスタートアップまで、100万以上の企業がStripeを導入しています。日本では2016年から本格的に展開を開始し、現在では多くの企業が導入を進めています。

「Stripe」のメリット

Stripeは、初期費用が一切不要で、導入が容易な決済代行サービスです。このサービスの魅力の一つは、その手数料体系の明確さにあります。

一律3.6%の手数料が設定されており、クレジットカードの種類や売上実績によって手数料が変動することはありません。これにより、利用者は複雑な計算をすることなく、安心してサービスを利用することが可能となります。

導入に関しても、最短で1日というスピーディな対応が可能です。クレジットカードの審査などの手続きもStripeから申し込むことで一括対応が可能となります。これにより、手続きが大幅に簡素化され、利用開始までの時間を大幅に短縮することができます。これは、時間がない企業や個人にとって大きなメリットとなります。

また、Stripeでは支払いユーザーの会員登録が不要で、支払いの数量や回数、間隔を自由に設定できます。これにより、事業者は自身のビジネスモデルや販売戦略に合わせて、自由にサービスを利用することができます。これは、多様なビジネスモデルを持つ事業者にとって大きな利点となります。

さらに、Stripeには24時間365日の充実したサポート体制があります。開発者向けのテクニカルサポートも提供されているため、技術的な問題に直面した際も安心して対応することができます。これは、技術的な知識が限られた事業者や初めて決済サービスを導入する事業者にとって、大きな安心感を提供します。

「Stripe」の手数料

Stripeは、決済手数料が基本的に一律3.6%と設定されているため、ユーザーはその費用を容易に理解し、管理することができます。

当然、いくつかの決済方法では手数料が変動する場合もありますが、主要な決済手数料、つまり「カードウォレット」、「コンビニ決済」、「銀行振込」などは固定されています。これにより、利用者は予期せぬ手数料の変動による混乱を避けることができ、安心してサービスを利用することが可能です。

「Stripe」の使い方・手順

「Stripe」の使い方や手順は下記を参考にしてください。

アカウント作成

「Stripeアカウントの作成」ページから初めて、メールアドレス、氏名、国、パスワードを記入します。その後、登録したメールアドレスに確認のメールが送られます。メール内のリンクからアクセスし、再度パスワードを入力することでアカウント登録が完了します。

事業情報及び個人情報の登録

事業に関する情報や詳細、銀行口座情報、個人情報を設定します。画面の指示に従って必要な情報を入力してください。

二段階認証の設定

セキュリティ向上のため、二段階認証を設定することを推奨します。認証アプリ、SMS認証、またはハードウェアのセキュリティキーを利用することが可能です。これにより、不正な出金を防ぐことができます。

本人確認

直接入金を受け取るためには、本人確認書類の提出が必要です。「パスポート」、「運転免許証」、「在留カード・特別永住者証明書」、「マイナンバーカード」、「住民票」のいずれかを用意しましょう。

法人の場合は「登記謄本」、「印鑑登録証明書」が必要です。従業員は誰でも申請可能です。本人確認資料提出後、最大24時間審査に時間を要する場合があります。入力情報と本人確認書類が一致することを確認してください。

その結果、Stripeの手数料体系は、ユーザーが自分の決済手数料を把握しやすいという利点を持つとともに、安定したビジネス運営をサポートする形となっています。

「Stripe」の活用方法

Stripeはその決済手段の豊富さから、様々なシーンで活用可能です。

例えば、リアル店舗では、Stripeが提供する「Stripe Reader」を利用すれば、クレジットカードやデジタルウォレットなど、多様な決済方法を取り扱うことができます。

一方、ECサイトでは、Stripeの「Payment Links」機能を使って、簡単に決済フォームへのリンクを作成できます。このリンクは、QRコード化したりメッセージで送ったりすることも可能で、ユーザーにとって決済手続きが容易になります。

また、セミナーやイベントなどの集客時にも、Stripeの支払いリンクや「Stripe Reader」を利用して、参加者からの決済をスムーズに行えます。

さらに、Stripeは135カ国以上の通貨に対応しており、海外でのビジネス展開にも適しています。海外向けのビジネスで売上が発生した場合、自国通貨で受け取ることができ、仮想通貨にも対応しているため、銀行口座を持たないユーザーからの支払いも可能です。

「Stripe」を導入しよう

Stripeは各種決済手段を取り扱い、国内外のビジネスにおける決済問題を解決します。導入が容易で、手数料体系が明確であるため、ユーザーは安心して利用することができます。

また、24時間365日のサポート体制もあり、初めて決済サービスを導入する事業者にとっても安心感を提供します。これらの理由から、Stripeは多くの企業にとって欠かせないツールとなっています。

決済手段に迷っている場合は、ぜひ検討してください。

【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?