【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

ECサイトのデザインに悩んでいたり売上げの向上を目指したりしたいとお考えではないでしょうか。ECサイトのデザインは売上げなどにも影響があるためこだわって設計したいところです。

本記事では、ECサイトをおしゃれにする方法を事例とともにお伝えします。

ECサイトのトレンド

ECサイトはトレンドを取り入れることでおしゃれにデザインすることが可能です。以下でECサイトのトレンドをご紹介します。

3Dデザイン

近年、3Dでの表現技術が向上したことから3Dデザインを採用するサイトが増えてきました。3Dデザインはスマホであっても表示させることが可能です。動きのある表現はユーザーに興味を持たせるため、離脱率や回遊率の上昇につなげることができます。

ミニマルデザイン

ミニマルデザインとは、必要最小限の情報で設計されたデザインです。シンプルなデザインといい換えることができますが、ユーザーにサイトの意図を伝える必要があるため、デザインの難易度が高いです。

スプリットスクリーンレイアウト

スプリットスクリーンレイアウトとは、画面を分割してそれぞれのコンテンツを目立たたせるデザインです。画面を分割することでコンテンツの対比ができて、ユーザーの興味をひきます。レスポンシブデザインとの相性も良く、サイト設計時に問題なく導入できます。

おしゃれなECサイトにするポイント

おしゃれなECサイトにする際は、次の3点を意識してください。

シンプルで分かりやすい

シンプルで分かりやすいデザインは、ユーザーの回遊率の向上につながります。できるだけ無駄な情報を省いて、必要な情報を表示させましょう。シンプルな情報にするには、関連する項目をまとめるといいでしょう。

ファッションサイトであれば、ブランド、アイテムの種類などカテゴリを階層的にすることで情報をうまくまとめることができます。

購入前での動線を意識

デザインをシンプルにするだけではなく、動線も意識しましょう。ユーザーの動線を意識することでページの離脱率を低下させ、滞在時間を向上させることが可能です。結果として売上げを最大化できるのです。

基本的にはTOPページ、商品ページ、カートページ、決済ページというフローになります。そこでいかに離脱率を下げるか、次のページに移動してもらえるかがポイントになります。

具体的にはファーストビューを意識して、定期的に見直すことでユーザーの離脱率の低下につながります。

スマホでも見やすい

いまや多くのユーザーがスマホを利用して買い物をする時代です。そのため、パソコン画面だけではなくスマホ表示に対応していることが求められます。

いわゆるレスポンシブデザインで構築することは不可欠です。ただし、スマホで表示した際に文字が小さかったり画像が崩れたりしないように、構築後には実際のスマホ画面で確認してください。

おしゃれなECサイト5選

ここからはおしゃれなECサイトの事例を5つご紹介します。

ネコノテパン工場

ネコノテパン工場は、広島県内にあるパン製造工場のサイトです。TOPページは昭和的な温もりを感じさせます。具体的には、木を彷彿とさせる茶色の背景に実際の商品が陳列されているデザインです。

商品の紹介ページでは手書き風のフォントが使われており、機械的な印象を受けません。カートから購入までシンプルな流れになっている点も特徴です。

ネコノテパン工場はこちら

BAKE

BAKEは、海外にも進出しているチーズタルト専門店です。アニメーションが豊富に使われており、ユーザーの目を引く工夫がなされています。さらに、十分な余白がモダンさを感じさせることに成功しています。

英語や中国語などスムーズに切り替えられるような言語スイッチャーも特徴的です。

BAKEはこちら

Amadana

Amadanaは、デザインにこだわった家電製品やアパレルを取り扱うオンラインショップです。TOPページの上部におすすめ商品などがスライドショーで表示されており、ユーザーの興味をひきます。

商品のカテゴライズでは2つの切り口が用意され、商品単体だけではなくブランドやデザインの統一性にこだわるユーザーに配慮がなされています。また、商品画像が大きく表示され、内容が確認しやすい点も特徴です。

Amadanaはこちら

HUMOR

HUMORは、女性向けアパレルブランドのサイトです。英語をふんだんに取り入れており、スタイリッシュでシンプルな雰囲気を出しています。おすすめ商品の紹介やスタッフのコーディネート紹介など、ユーザーに有益な情報を網羅している点が特徴です。

HUMORはこちら

HappySocks

HappySocksは、スウェーデンのアパレルブランドの公式サイトです。大胆なフォント、原色を使ったカラフルなデザインが特徴的なサイトです。ポップアップでクーポンを表示するなど、ユーザーの購買意欲を掻き立てる工夫がみられます。

購入ボタンからサイズが選択できるなど、独自の機能が備わっている点もメリットです。

HappySocksはこちら

ECサイトを外注するときの費用相場

ECサイトをおしゃれにする際は、自社で対応できない場合があるでしょう。外注する際は費用が気になるところです。費用は構築したいECサイトによって異なりますが、完全にオリジナルのECサイトを構築する場合は100万円以上になる可能性があります。

一方でAmazonや楽天市場などのECモールを使う場合であれば、10万円程度での立ち上げが可能です。どのようなサイトにしたいのかを十分に検討して複数の業者から見積もりを取りましょう。

ECサイトをおしゃれにデザインしよう

売上げを向上させるためにもECサイトはおしゃれにしたいところです。トレンドを取り入れつつ、ユーザーの使いやすさなどを加味しておしゃれなECサイトを作りましょう。

外注する際は相見積もりなどで費用を比較して、理想とするECサイトの構築に取り組んでください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?