【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

広告にはさまざまな形態があり、時代とともに変化しています。そのなかで、WEB広告は需要も高く市場規模も拡大しています。さらに、動画広告はWEB広告のなかでも費用対効果があり、注目されています。

この記事では動画広告について、自社で制作するときに役立つツールを中心にご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

 

動画広告作成ツールについて

はじめに、基本的な知識として動画広告作成ツールについて解説します。動画広告作成ツールとは、画像や動画、音楽を組み合わせてひとつの動画を作成するものです。これだけでは、動画編集ソフトと同じですが、動画広告に特化したツールを「動画広告作成ツール」と呼びます。

一般的な動画は数分のものもあれば、数十分、長いものだと1時間単位の作品もあります。しかし、動画広告はテレビCMと同様で15~30秒程度がほとんどです。

短時間の動画で視聴者に興味を持ってもらうためには、インパクトが大事です。訴求内容も絞る必要があります。そのようなニーズに対応するために、動画広告作成ツールには豊富なテンプレートが用意されている場合もあります。

ですから動画広告を作るときは、それに特化したツールが有効なわけです。

 

動画広告作成ツールは多くのメリットがある

動画広告作成ツールは最近、注目を集めています。その理由は以下によるものです。

  • 販売管理費の低下
  • ツールを使うことで思い通りの広告に仕上がる
  • 制作スキルが身につけば、さらなるコストダウンにつながる など

2020年に入り世界の国々の経済に影響を与える、新型コロナウイルス感染症。その影響で多くの企業が販売管理費の削減をしています。一般的に不況になると広告費から削減していくことになり、外注すると数十万円単位の費用がかかる動画広告に踏み切れない企業も多いでしょう。

とはいえ、動画広告は消費者の印象に残ることが多く、手掛けていきたいところです。そこで、費用を抑えつつ動画広告の作成が可能なツールが注目されているわけです。

特に動画広告は今後、一般的な広告の種類になると考えられます。早い段階で動画広告の制作に関するノウハウを身につけることは企業にとって有益になるでしょう。

また、動画広告を自社で作成することは、自由度が高まりますので制作面でも優位にはたらきます。外注するとイメージのズレやコミュニケーションのミスが生まれることがあり、結果的に思い通りの動画広告にならず、伝えたいことが伝わらない広告になるかもしれません。

自社の商品やサービスの広告であれば、商品知識が豊富な自社内の社員が広告制作を担当すると、思い通りのものが仕上がりやすいです。

さらに、自社の社員の制作スキルが蓄積していくと外注する工程も少なくなり、コストダウンが加速します。そのため、自社の予算の兼ね合いをみて、自社制作に踏み切るなどの判断が必要になります。

  

おすすめの動画広告作成ツール3選

ここからは、おすすめの動画広告作成ツールを3つ紹介します。

 

ハイクオリティを目指すなら「VideoShow」

「VideoShow」は、スマートフォンアプリで動画広告が作成できるツールです。特殊効果やBGMも用意されていますので、好みに応じた広告にしやすいでしょう。そして、無料ながら時間制限無制限で長めの動画をつくりたいときにも重宝します。

加えて合計500以上のステッカーとテーマも無料でダウンロードできて、編集の幅も広がります。操作性や編集後の画質に多少の課題はありますが、長編動画の編集ができるため広告以外にも社内の広報動画などにも活用できます。

Anndoroid 

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.xvideostudio.videoeditor&hl=ja

iOS

https://apps.apple.com/jp/app/videoshow-%E5%A4%9A%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E7%B7%A8%E9%9B%86%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2/id930380089

 

機能重視なら「Ripl」

機能性やSNSを使ったマーケティングも検討しているならば、「Ripl」がおすすめです。「Ripl」はSNSでの動画広告に特化した機能が充実しています。

既存のテンプレートは数千種類にもなり、フォントや文字色の追加も簡単です。制作した動画広告はFacebookやInstagram、Twitter、YouTubeなどのSNSとすぐに共有できます。

共有後のパフォーマンスの追跡もできて、最近の投稿表示からエンゲージメントを確認しパフォーマンスの傾向を分析することも可能です。ただし、このツールは月額料金が約1500円発生します。

スマートフォンアプリもリリースされていますので、一度、無料で使ってみるのもいいでしょう。

https://www.ripl.com/

 

Go Proを使っているなら「Quik」

ユーチューバーなども愛用して人気のアクションカメラ「Go Pro」。「Go Pro」を活用している企業であれば、Go Pro社が提供している「Quik」を使ってみてください。

「Quik」は「Go Pro」から自動的に画像を読みとるなど、動画制作がスムーズに行えます。動画の作成時は、使いたい画像をタップして編集していくなど直感的な操作が可能です。

「Quik」もスマートフォンアプリですので、導入も手軽に行えます。なお、「Go Pro」を使っていない場合でも「Quik」の利用は可能です。一度、アプリをダウンロードして使い勝手を体験してみてください。

https://apps.apple.com/jp/app/quik-gopro%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BF/id694164275

  

予算をおさえて動画広告を自社で制作しよう

昨今、動画広告の市場が伸びてきており、多くの企業が注目しています。しかし、動画広告の外注は費用が気になるものです。

この記事で紹介したツールを使えば、コストをさほどかけずに動画広告の制作ができます。自社のノウハウ構築のためにも、動画広告作成ツールを導入してみてはどうでしょうか。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?