【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

ベンチャーやスタートアップは、知名度の低さや予算の低さなどからマーケティングで不利に感じることがあります。しかしながら、講じる策がないわけではありません。では、一体、どのようなマーケティングをおこなえばいいのでしょうか。

この記事では、ベンチャーやスタートアップのマーケティング方法をご説明します。

ベンチャーやスタートアップは製品づくりがマーケティング?

人によってベンチャーやスタートアップのマーケティングは、製品づくりそのものという場合もあります。もう少し踏み込むと、製品やサービスをリリースしてからマーケティングを考えるようでは、製品リリースの完成度も危ぶまれるということでしょう。

ベンチャーやスタートアップは、これまで市場にはなかった製品やサービスを作ることがほとんどです。そのため、マーケティングなしに製品やサービスを作っても、暗闇に鉄砲を打つようなものです。

ほとんどの場合で、ベンチャーやスタートアップでリリースされたプロダクトは、かなり作り込まれたものでなければなりません。

ベンチャーやスタートアップの初期は顧客を無料で獲得すべき

ベンチャーやスタートアップは製品やサービスをリリースする時点でほぼ勝負は決まっていることがあります。しかし、リリース後に何もしなくていいわけではありません。

とはいえ、ベンチャーやスタートアップの初期の頃は、予算も限られていると考えられます。そこで有効なのは、顧客を無料で獲得することです。そして、資金が回るようになってから顧客にお金を使えばいいのです。

では、無料で顧客を獲得する方法とは何なのか。

正確な答えはありませんが、Web上で顧客に無料配信できるものであれば、利用したほうがいいでしょう。たとえば、TwitterやFacebookなどのSNSがあります。

TwitterやFacebookなどでは、自社のプロダクトをキャッチな文言とともに投稿することが可能です。ツイートに反響があれば、リツイートされて拡散率が高まります。ツイートやリツイートに反応したユーザーがプロダクトを利用してくれる可能性があるわけです。

しかし、印象的なツイートをしても、他の人に勧めたくなるようなものでなければ、拡散しません。いわゆるソーシャルフックを仕込むことがポイントになります。Eメールでの勧誘なども効果があるかもしれません。

このようにベンチャーやスタートアップの初期の頃は無料で活用できるツールを使って、顧客獲得を目指してみましょう。

コンテンツマーケティングも有効である

低コストで顧客を獲得する方法では、コンテンツマーケティングも有効です。コンテンツマーケティングとは、ターゲットを定義して、価値あるコンテンツの提供により集客や購買につなげる方法となります。

コンテンツマーケティングには、以下のメリットがあります。

顧客との関係構築の入口になる

自社でサイトやブログを立ち上げて、SNSでシェアしていくと顧客との関係構築の入り口となります。顧客からのコメントを通じて双方向の会話ができて、関係性の構築が始まります。また、そのような会話は顧客の興味や関心を知るチャンスになります。

ブランドの認知につながる

サイトやブログを立ち上げて、SNSでのシェアを続けても初めのうちは効果が薄いものです。しかし、継続していくことで顧客との接点を増やすことできます。顧客との接点が増えていけば、自社やブランドへの興味や関心の向上に効果があります。

コンテンツマーケティングに取り組む多くの企業は、ブランドの認知も目的にしています。

自然検索による流入が期待できる

サイトやブログは検索エンジンの評価により表示順位が決まります。評価基準には、新しい情報で良質なコンテンツであることや、被リンクが多いことなどがあります。最近ではソーシャルメディアでのシェアも関係しています。特に大事なのは良質なコンテンツであることでしょう。検索キーワードに対して最もわかりやすい回答を用意しているコンテンツであれば、検索上位になり自然流入も増えます。

結果として自社の製品やサービスの購入や問い合わせにつながることが多くなります。

コストを抑えた集客が可能

集客する方法には有料広告などもありますが、コンテンツマーケティングであればコストを抑えた集客が可能です。サイト運営にはサーバー代金やドメイン代金だけが必要であり、月に数千円程度以下です。

ベンチャーやスタートアップのように予算が限られているならば、コスト効率よく集客できる手法となります。

差別化ができる

ベンチャーやスタートアップといっても、競合がいることも多いです。しかし、コンテンツマーケティングで結果を出し続けると、オピニオンリーダーとしての地位を確立できるかもしれません。

そうなると、企業自体が他との差別化につながり、製品やサービスの売上も向上するでしょう。さらに、積み上げたコンテンツの価値を崩す新たなライバルの参入ハードルも高くなるため、長期間にわたり地位の確立が可能です。

リテンションの向上

価値あるコンテンツや興味深いコンテンツを配信すれば、顧客から目の離せない存在になるでしょう。一方でいつも代わり映えのしないコンテンツを揃えていてはユーザーも飽きてしまいます。

定期的にサイトやブログに再訪してくれる顧客は、その後の購買確率も高くなります。良質なコンテンツを配信し続けることは、リテンションの向上にも効果があります。

セールスサイクルが早まる

ベンチャーやスタートアップならば、見込み客が購買に至るまでのセールスサイクルが長くなるのは避けたいでしょう。コンテンツマーケティングでは、購買意欲の低い顧客を購買意欲の高い顧客に変えることが可能です。

コンテンツを通じて製品やサービス、業界について理解できるような魅力的なコンテンツであれば購買意欲を高めることができます。また、セールスライティングのスキルを向上させれば、より効果的です。

ベンチャーやスタートアップのマーケティングを理解しよう

ベンチャーやスタートアップは、マーケティングに費やせるコストが限られていることが多いです。ですから、無料で活用できるツールやコンテンツマーケティングにより集客することがポイントです。

また、製品やサービスは、しっかりとマーケティングしたうえで作り込む必要があります。成果のでるマーケティングに取り組んでいきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?