【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

「これからのビジネスはデータドリブンが大事だ!」と上司や同僚から聞いたことがあるビジネスパーソンは多いかもしれません。外資系企業やIT企業では日々飛び交っている用語の一つです。しかし、聞いてもその意味がいまいち分からないという方も多いでしょう。

そこで今回はデータドリブンとは何か?そして、今なぜ重要なのかを理解してもらえるように基本を解説します。

1.データドブリンとは?

データドリブン(Data Driven)とは、経験や勘などではなく、様々な種類と膨大な量の情報を蓄積するビックデータとアルゴリムによって処理された分析結果をもとに、ビジネスの意識決定や課題解決などを行う次世代型の業務プロセスのことです。

昨今のビジネス界では、データの重要性が年々高まっており、Web上のデータを解析すれば、個人を特定しない範囲でユーザーごとの利用環境、興味・関心などを把握することができ、それに応じたシナリオを設計してマーケティングを実行することができるため重要性が高まっているのです。

2.データドリブンはなぜ必要なのか?

データドリブンの重要性が高まっている背景にはいくつかの理由があります。

その背景は多岐にわたりますが、データをいかに活用していくかが企業の明暗を分けてしまうほど重要視されています。

2-1.顧客の購買行動が複雑になった

デジタル化社会が進んだことでビジネスに生じた大きなインパクトとは、「顧客購買行動の複雑化」です。昨今の顧客はリアルとデジタルを自由に行き来し、情報を収集して、目的に沿った最適な製品・サービスを常に探しています。

たとえば、ある企業がシステム会社に開発を依頼する場合、複数のシステム会社を招いてコンペを開き、要件に一番マッチしたところと契約するというのが従来の光景でした。

しかし、今はコンペすら開かれないことが当たり前です。なぜなら顧客はシステム会社からの提案を受ける前に、ネットで製品情報や会社情報、事例情報や口コミなどを入念に調査して、そこからピックアップした特定のシステム会社だけにコンタクトを取っているからです。とある企業は、営業担当者にコンタクトを取る時点では6割方の購買プロセスが終了しているとのこと。

顧客の購買行動が複雑になった現代では、継続的に利益を生み出すためにデータドブリンを活用しないといけなくなっているのです。

2-2.デジタルマーケティング技術が発展した

デジタルマーケティングとは、リスティング広告を運用して検索結果ページに自社広告を掲載したり、YouTube等の動画プラットフォームで動画広告を配信したり、自社Webサイトにコンテンツを掲載して製品認知度を拡大したり、デジタル上で展開するマーケティングのことです。

以前は、テレビCMや雑誌・新聞広告、街頭広告などがマーケティングの基本でしたが、現在ではそのフィールドがデジタル上に完全移行しています。デジタルマーケティングの施策効果を高めたり、効率良くマーケティング活動を実施したりするための技術が飛躍的に発展しているのです。

デジタルマーケティング技術が発展したことにより、今までにないマーケティング施策が実行され、データドリブンマーケティングも多数展開されています。こうした状況においてデータドリブンを活用しないと企業は生き残れない時代になっているのです。

3.データドリブン具体的活用とは?

では、実際にデータドリブンをどのようにして活用すればいいのでしょうか。

この章では、主な実践フローを解説していきます。

3-1.データ収集

まずは分析に利用するデータ収集が必要です。

業界によって必要なデータの傾向は異なりますが、多くは顧客の購入履歴やどのようなサイトを閲覧しているのかといったものです。

POSシステムや顧客管理システム(CRM)、マーケティングオートメーション(MA)ツールを導入すれば、簡単にデータ収集が可能です。

3-2.データ可視化

データ収集が終われば次は収集したデータを分析しやすいように見える化することです。次で行う分析も容易になります。単純に収集したデータでは本来必要のないデータが含まれているため、そのままのものを分析してまうと無駄に時間がとられてしまうからです。

ただし、初心者はもちろんのこと慣れている人でもデータが膨大になれば、手動での見える化には時間がかかってしまいます。そのため、BIツールやDMPなどを使うようにして役に立つシステムを整えることが大切です。

3-3.データ分析

データが見える化できれば次は実際にデータ分析していきます。具体的には得られたデータを細かく分けてから分析をしていきます。例えば、商品の売り上げをアップさせたいのであれば売り上げデータを解析して、どんな時間やタイミングで売り上げが落ちているのかを調査します。

ただ、分析はデータアナリストなどといった、専門的な知識が必要です。しかし、上でも出てきたBIツールやDMPなどを使えば初心者でも分析が簡単に行えるのでツールの活用をしながら分析を進めていきましょう。

3-4.アクションプランの策定・実行

データ分析結果が終わるとアクションプラン策定と実行に移ります。データから得られた情報を適切に捉えて、適切な方法でアクションプランを考えないといけません。さらに、そのアクションプランを速やかに実行へ移し、実行結果の効果検証を行ってさらなる改善活動に繋げることが大切です。

例えば、今まで行っていたあまり効果的でないサービスを止めたり、できるだけお金のかからない対策を行いましょう。逆に、効果的だからといって現在の経営を大きく圧迫するものや、それを行う人材がいないにも関わらず計画を立てることは止めてください。

これらはせっかくデータドリブンを行っても経営に対して逆効果です。また、実行後にはしっかりとその結果が出ているのかを評価し、もし効果が出ていないのであれば修正するのを忘れないでください。

4.データドリブンを成功させる3つのポイント

このデータドリブンを成功させるには以下のポイントを押さえることが大切です。これらはデータドリブンを行う環境を作ることや初心者であってもデータドリブンを行えるようにする方法になります。

4-1.知識・スキルを持った人材を確保する

データドリブンを組織的に成功させるには知識・スキルを持った人材の確保が必要です。データを分析し、アクションプランを計画できる人が必須であり、また、その人材を他にも育てられる教育ができなくてはならないからです。

実行可能な人材は以下のスキルを持ち合わせていることが条件となります。

1. ビジネスに関する深い理解

2. データ分析に関する知識

3. 統計学の知識

4. データ処理の知識

5. ロジカルシンキング力

6. マーケティングの知識

ただし、そうして人物は中々いないので日頃から育成しておきましょう。いない場合は、ロジカルに説明ができ、データに対して拒否感がない人材がいるだけでも大きく変わってきます。

4-2.組織的な理解・実行力を高める

データドリブンの成功には組織的な理解・実行力を高めておかないといけません。これは組織全体がデジタルマーケティングについて一定の理解を示し、分析結果から計画されたアクションプランを実行する意思決定が必要だからです。

特に日本企業というのはリスクを取らないといわれており、これが利益を上げる機会を奪っているといわれています。したがって、データドリブンに科学的な根拠があり、効果的であることを理解して実行できるように社内の理解に務めましょう。

4-3.目的別支援ツールの有効利用

データドリブンを成功させたくても人材が乏しかったり、初心者しかいないケースも考えられます。その場合は、目的別支援ツールを有効活用しましょう。

実は、データドリブンを支援するためのITツールというものは複数開発されており、集客目的であればDMPやWeb解析ツール、顧客化を図りたいならSFAなどがあります。

したがって、それらのツールの中から自分たちの業務領域に適したものを選択し、活用してください。ツールを活用すれば、経験がない企業でも手間をかけずにデータドリブンができるようになります。

5.まとめ

データドリブンのメリットは、リアルタイムな状況把握と柔軟な対応が取れ、素早く適切な意志決定をできることにあります。まずは適したデータを待つめることが必要です。

紹介したポイントを押さえてデータをもとに必要な意志決定をし、実行してアクションプランを成功に導いてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?