【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

2020年はコロナ禍の影響もあり、ながら利用できる音声メディアが急成長しました。いまでは、さまざまな音声配信アプリがリリースされており、収益化やマーケティングに活かすことも可能です。

音声配信の市場は今後も拡大することが期待されており、企業がマーケティングで活用する機会もあるでしょう。そこで、この記事では音声メディアについてご説明します。

2021年は音声版YouTubeが台頭する?

2021年は声のライブ配信ができるようになり、音声版YouTubeが台頭するといわれています。

さまざまな音声配信アプリが登場

現在、非常に多くの音声配信アプリが登場しています。

・Apple Podcast

・Googleポッドキャスト

・Spotify

・SPOON

・stand.fm

・voicy

・ツイキャス

・note

・LIVE812 など

以上の音声配信アプリはいずれも無料で利用できるものです。なかには投げ銭など収益化ができるアプリもあります。アプリそれぞれに特徴があるため、目的に応じて使い分けてもいいでしょう。

既に米国では低コストでつくれる音声コンテンツへ大型投資が続いている

日本では2020年や2021年に音声メディアが注目されるようになっていますが、米国ではすでに音声コンテンツへの投資が続いています。

2019年、Spotifyは3社のポッドキャストメディアを買収しています。また、GAFAも本格的に音声メディアに参入しています。AppleのAirPodsなどの音声系ガジェットの台頭も音声メディア市場を賑わせた要因でしょう。 

音声メディアのメリット

ここからは、音声メディアのメリットをご説明します。

個性がでやすい

声紋があることからもわかるように、声はほかの人のコピーをすることができません。つまり、声はほかの人と差別化できるものなのです。声量や強弱で聞き手に訴えかけることができるため、リスナーからの共感も得やすくなります。

人間らしさがわかるエピソード、人柄が伝わる言葉を用いることで、より多くの共感を集められるでしょう。

他のツールと連動させると効果アップ

音声メディアの市場はこれから伸びていくだろうと申しましたが、音声だけに頼っていては非効率です。ブログやサイトの記事やYouTubeなどの動画、そして音声という複数のツールを組み合わせると相乗効果が生まれます。

また、文章や動画、音声ではそれぞれで強みが異なります。音声であれば、訴えたいことのコアな部分を抽出して深く伝えると効果があがるでしょう。そして、音声メディアの内容を活かして、動画作成や記事作成をすると幅広い発信が可能です。

配信ハードルが低い

音声は配信のハードルが低いです。SNSのような感覚で気軽な情報発信ができます。ときには台本が必要な場合もありますが、ブログやYouTubeのように特別な技術も必要ありません。

特にYouTubeは撮影した動画にテロップや効果音をつけるなど、投稿するまでに一定の時間が必要です。ブログもリサーチから始まり、文章を入力する手間があります。

一方で音声メディアであれば、アプリによってスマホ1台で収録から投稿まで完結します。ちょっとした時間に収録して投稿することもできるわけです。

音声市場の稼ぎやすさ

ここでは、一旦、音声市場についてみていきたいと思います。株式会社デジタルインファクトの調査によると、デジタル音声広告の市場規模は2020年に16億円、2025年には420億円になると予測しています。

つまり、今後は音声メディアでも収益化しやすくなるわけです。徐々に競合も増えると思いますが、早めに音声市場に参入することで先行者利益を受けることが可能です。また、広告出稿を検討する際も、広告がだしやすくなるのではないでしょうか。

※参考:デジタル音声広告の市場規模は2020年に16億円、2025年には420億円に

聞き手は隙間時間を利用できる

音声メディアの需要が高まる要因には、聞き手がながら聞きできることともあります。音声であれば「家事をしながら」「ランニングしながら」「お風呂に入りながら」と、別のことと並行しておこなえます。

ブログやYouTubeは視線を奪われるため、「ながら」には向きません。このように聞き手の受動的な可処分時間を奪えることは、音声メディアの大きなメリットです。

音声マーケティングの方法

ここでは、音声マーケティングの方法をご説明します。

音声広告

音声広告とは、文字通りですが音声だけの広告です。ラジオで流れる音声広告をイメージするとわかりやすいでしょう。現在の音声広告は、ユーザーの行動を分析して最適な広告を流すことができます。

そのため、ターゲットを絞った広告配信が可能であり、効率的なコンバージョンの獲得ができるでしょう。また、音声広告はバナー広告やテレビCMよりも押しつけがましさがありません。放送の途中にさりげなく入るため、リスナーのストレスにならないでしょう。

音声コンテンツ

音声コンテンツは、自社の商品やサービスに関する情報や関連情報、そのほか有益なことを配信することです。ブログやYouTubeも同じですが、ユーザーにどれだけ有益な情報を与えられるかがポイントです。

他社との違いを強調しながら、良質なコンテンツを作ってみてください。

音声配信で注意したいこと

音声配信では注意したいことがあります。まずはBGMや効果音などの著作権です。ブログやYouTubeと同様で、音声メディアでも著作権を侵害してはいけません。十分に注意してください。

BGMや効果音については、利用するアプリ内に用意されている場合もあります。その場合は、アプリ内の楽曲を使うようにしましょう。または著作権フリーのサイトからダウンロードして活用してみてください。

次に注意したいのは、話し方です。音声の投稿はハードルが低いものの、話し方によってはリスナーがすぐに離脱してしまいます。特に気をつけたいのは間延びしてだらだら話すことです。

文章も動画も同じですが、伝えたいことをしっかりと伝えてその理由を肉付けするような展開にしてみましょう。はじめのうちは慣れないかもしれませんが、早口で話すくらいがちょうどいいかもしれません。

最後に注意したいことは、通信環境です。アプリで簡単に収録してアップロードできる場合も多いですが、通信環境が悪ければ投稿ができません。外部音源からアップロードする際も、通信環境が不安定だと更新できないでしょう。音声を投稿する際は通信環境に注意してください。

音声メディアを活用しよう

今後、市場規模の拡大が期待される音声配信市場。徐々に音声配信アプリを活用する人も増えてきました。企業としても市場が伸びる音声分野に着手することで、マーケティングも効果的に進められるでしょう。ぜひ、音声メディアを活用してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?