【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイトビジネスにはポータルサイトの運営もあります。言葉自体を聞いたことはあると思いますが、「そもそもポータルサイトとは何なのか。」また、「ポータルサイトで収益化する方法とは何か。」など、さまざまな疑問をもつ方もいるでしょう。

この記事ではポータルサイトについて、概要や収益化の方法、立ち上げ手順まで網羅的に解説します。ぜひ、参考にしてください。

 

ポータルサイトとは

ポータルサイトとは、インターネット上にあるさまざまなページの入り口なる巨大なWEBサイトです。ポータルサイトの「ポータル」は玄関や入口という意味があります。

ポータルサイトの特徴はインターネット上に散らばっている情報から必要な情報を探し出せることです。そのほか天気予報やテレビの番組表、占い、株価など役立つ情報を閲覧も可能となっています。

 

なお、ポータルサイトの種類には以下があります。

 

  • 検索型:検索エンジン(GoogleやYahoo)やリンク集、交通情報など
  • 地域型:地域に特化した情報を提供するサイト(観光情報や病院情報、求人情報など)
  • 専門型:特定の分野に特化した情報を掲載しているサイト(健康や不動産に関するものなど)
  • 社内型:企業が扱う情報を集約して社内向けに公開されているサイト
  • 目的型:婚活サイトなどのように利用者の目的を実現するための情報サイト
  • ブログ型:ブログ記事をまとめて取り扱っているサイト(アメブロなど)

さまざまなタイプのポータルサイトがありますが、地域型や専門型、目的型などは企業がサイトビジネスとして取り組みやすくなっています。

 

ポータルサイトで収益化する方法

ポータルサイトを運営するにあたり、収益化する方法は以下の3つです。


広告費

サイトビジネスで最も一般的なものが広告費です。相当数のアクセス数やPV数が必要となりますが、固定広告となるためPV数が多いほど収入も大きくなります。

専門性の高いポータルサイトを運営するのであれば、全体的なPV数が少なくても1PVあたりの広告料は高いので、あえて狙ってみるのも戦略のひとつです。

 

月額や年額のシステム利用料金

ポータルサイトへの掲載料として、月額や年額のシステム手数料を徴収するのも収益化につながります。

たとえば、美容室のポータルサイトを立ち上げたとしましょう。立ち上げ当初などPV数の少ないポータルサイトでは広告料を支払ってもらえるかは微妙なところです。

しかし、機能性に優れるポータルサイトであれば月額や年額の利用料金を支払って、利用したいと考える美容室のオーナーがいるかもしれません。

ブログ、ヘアスタイルの登録、サロンメニューの登録、口コミの書き込みなどさまざまな機能があれば美容室側も利用してみたいと思うでしょう。

このように機能性を充実させると利用する企業や店舗が増えて、さらに月額料金などの定額制にすると運営側の収入も安定してきます。

 

成功報酬型

成果報酬型とは、ポータルサイトの利用企業や店舗に利益が出た際に運営側企業に課金されるものです。

先の美容室の例でいうと、ポータルサイトを通じて美容室に予約が入ったときに課金されます。店舗側としても成果報酬であれば、ポータルサイトの利用に対する課金として納得してもらえるでしょう。

さらに月額利用料を無料にして成果報酬型にすると、店舗が登録するハードルも下がり短期間で多くのユーザーを集めることが可能です。

昨今のポータルサイトでは成果報酬型を採用するケースが多くみられ、特に求人サイトではよく使われています。

 

ポータルサイトの立ち上げ手順

ここからはポータルサイトの立ち上げ手順を解説します。ポータルサイトを立ち上げる手順は以下の3つの手順をこなします。

 

サイトの構築

サイトの構築はWordPressを使いましょう。無料ブログなどで構築するのは、やめておきましょう。理由は企業が無料ブログのサイトに広告料を支払って使おうと思わないからです。

また、最初から綺麗なポータルサイトを目指す必要はなく、記事や利用登録者が増えてきてから改良しても構いません。立ち上げ段階では、トップページを綺麗に仕上げる程度でもいいでしょう。

 

キーワードの分析

ポータルサイトもGoogleやYahooの検索で上位表示させるには、キーワードの分析が大事です。1週間前後の期間をかけてじっくり分析して欲しいところです。

たとえば、地域型のポータルサイトを作るのであれば、「北海道」などビッグキーワードを分析していきます。分析はキーワードプランナーなどのツールで上位に来ているキーワードについて行い、記事などを作っていく流れです。

 

広告主の開拓

ポータルサイトの土台ができてきたら、広告主の開拓も行いましょう。広告主の開拓と聞くと難しそうなイメージを持つかもしれません。

しかし、さほど難しいものではありません。キーワードを実際に検索して、企業や店舗に営業をかけてみてください。

「北海道 旅館」「新宿 美容室」など、ポータルサイトで狙っているキーワードを検索。そこでヒットした上位5社くらいの企業や店舗に営業をかけます。

営業では「私どものポータルサイトに成果報酬型で掲載しませんか」「月々のシステム料金〇〇円でポータルサイトを利用しませんか」などと交渉してみてください。

 

ポータルサイトを収益化しよう

インターネット上にはさまざまなポータルサイトが存在します。収益化には広告費や定額料金、成果報酬のパターンがあります。立ち上げから広告主の募集といった流れも理解して、ポータルサイトを収益化していきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?