【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

LINEなどのコミュニケーションアプリが普及しているなかで、SMSサービスを利用する企業が多いことをご存じでしょうか。「今さらSMS?」「そもそもSMSサービスとは?」と思う方もいると思います。

この記事では、SMSサービスの概要、メリット、活用方法をご紹介します。また、おすすめのSMSサービスも取り上げていますので、ぜひ参考にしてください。

SMSサービスとは

SMSサービスとは、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を活用して、本人確認やプロモーションを行うサービスです。後述しますが、SMSサービスを使うことで、マーケティングに活かすことができます。

SMSサービスのメリット

SMSサービスのメリットは主に3つあります。

開封率が高い

SMSはメールなどに比べて開封率が高いです。およそ9割の人は、SMSで送られてきたメッセージを開封するといわれています。SMSは文字数が限られており、多くの情報を入れることができません。

そのため、受信者は端的に要件を把握することができるため、開封率の高さにつながっているのでしょう。メールやLINEのようにやり取りが多いツールではないSMSだからこそ、目につきやすい可能性もあります。

携帯番号を変える人は少ない

スマホの機種変更をする方は多くいても、番号を頻繁に変える方は少ないでしょう。そのため、一度、番号を把握するとメッセージを送りやすい点があります。

メールであればキャリアを変えると@以下が変わってしまい、その後に企業がアプローチしにくくなるものです。しかし、携帯番号であればナンバーポータビリティにより、番号を変えずにキャリアを変更することが可能です。

このような背景からSMSは末永く利用できる手段といえます。

特定の用途で使いやすい

SMSサービスは個別送信、一斉送信が基本的な使用用途です。個別送信であれば、支払督促、出荷連絡などに利用できるでしょう。また、一斉送信ならばアンケートや何かしらのリマインダーとしても有効です。

自社の課題や希望に応じて特定の用途に使いやすい点も、SMSサービスのメリットです。

SMSサービスの活用方法

ここからは、SMSサービスの活用方法として、3つの事例をご紹介します。

Webサービスの本人認証

金融関連の業種では、以前からSMSサービスを本人認証の手段として活用しています。近年では、Webサービスへのログイン時にIDとパスワードだけではなく、SMSで認証番号を発行して入力する2段階認証をするケースが増えてきました。

SMSならば電話番号と本人が結びついているため認証がしやすいです。なりすましなどからの被害を防ぐ目的から使われています。

重要メッセージの送信

SMSは支払督促や業務連絡など、重要度の高いメッセージの送信に適しています。支払督促であれば、端的なメッセージが受信者に伝わりやすいです。また、最近ではLINEなどのツールではなくSMSにより業務連絡のやり取りをする企業が増えています。

派遣会社などは多くの登録者がおり、なかにはLINEなどの個人アカウントを登録したくない方もいます。また、派遣会社は連絡先として携帯電話の番号を登録することがほとんどであり、SMSとの相性がいいわけです。

プロモーション・キャンペーン

日本ではまだまだ活用事例が少ないものの、SMSを活用したプロモーションも集客などに有効です。

近年では、メルマガやDMのレスポンスを補う手段として活用されています。具体的にはメッセージでWebページへ誘導したり新製品の告知をしたりするケースがります。

SMSサービスの選び方

SMSサービスは多岐にわたります。そのなかから自社に合うサービスを選ぶときは、いかに着目してみてください。

  • 自社の利用目的に合ったもの
  • コスト
  • 周辺業務効率的に行えるもの

まずは自社がSMSサービスを利用する目的を明確にしましょう。業務連絡、プロモーション、マーケティング全般など目的に合うサービスを検討してください。

また、SMSサービスは基本的に従量課金です。1通送るごとに費用がかかるため、大量に一斉送信をしたいときは、配信数が増えるごとに単価が下がるサービスを選びましょう。

それから、Webサービスなどリンクを送信したいときは、そのページを作成することになります。SMSの送信機能とWebページの作成機能が搭載されたサービスを選ぶと効率的な業務になるでしょう。

SMSサービスおすすめ3選

最後におすすめのSMSサービスを3つご紹介します。

空電プッシュ

空電プッシュは、大手携帯キャリアとネットワークを構築しており、セキュリティの高さが強みです。24時間365日の有人監視体制を整えているため、深夜の故障にも対応することができます。また、長文分割機能を使うと、最大700文字までのメッセージの送信が可能です。

空電プッシュはこちら

メディアSMS

メディアSMSは、導入実績が豊富なサービスです。大手携帯キャリアと直接接続により到達率が99.9%と謳われています。また、CRMなどのシステムとの連携も可能であり、一斉送信までの手間を省くことが可能です。670文字までの長文配信、双方向のやり取りなど豊富な機能も強みです。

メディアSMSはこちら

Cuenote SMS

Cuenote SMSは、メール配信サービス「Cuenote」のSMSサービスです。開発元はメール配信について実績があり、その基盤を活かしてSMS配信の確実性が強みです。本人認証システムとの連携、キャリア直収方式、最大660文字まで対応など機能面にも優れます。

Cuenote SMSはこちら

SMSサービスを使ってみよう

SMSサービスは、携帯番号を使ってメッセージを送るサービスです。開封率が高い、特定の用途に使いやすいなどのメリットがあり、幅広い分野に活用することができます。SMSサービスを選ぶときは、自社の目的に合っているものかどうか、コストがまかなえるかなどに注目してください。

この記事では3つのSMSサービスをご紹介しました。導入の際の参考にしてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?