【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

2020年8月5日に公開されたInstagram(インスタグラム)の新機能『リール』。短尺動画SNSのTikTokによく似ていることで話題になりました。

リールにはスタンプや音楽、エフェクトを付けることができ、インスタストーリーよりもクリエイティブ性に溢れる動画を投稿できます。

今回はリールの視聴方法から投稿手順まで、リールの使い方を紹介します。

1.Instagram「リール(Reels)」とは

「Reels(リール)」は15秒の短尺動画を閲覧・投稿する機能です。既存の音楽を使用して歌に合わせて踊ったり、映像エフェクト(フィルター)を使用して他のユーザーの動画をマネたり、複数の動画をアップロードして繋ぎ合わせたりすることができる新しい形式の表現方法です。

15秒から30秒の動画を投稿することができ、Instagram内の「ストーリーズ」とも似ていますが、ストーリーズのように24時間で消えることはありません。ストーリーズも15秒の短尺動画を投稿することができる機能ですが、24時間で投稿自体が消えるため「この瞬間!」を​シェアする機能です。

2.【見る】Instagram「リール(Reels)」の使い方

まずは、リールの動画を見る方法を紹介します。

リールが表示される場所は主に

  • Instagram発見タブ
  • リール投稿者のInstagramプロフィール
  • Instagramフィード

3カ所です。リールの操作方法とあわせて紹介しましょう。

2-1.Instagramリール閲覧画面の操作方法

リールはタップとスワイプにより直観的な操作が可能です。

各アイコンの説明は以下になります。

・プロフィール

リール投稿者のプロフィールを表示

・続きを読む

リールのキャプションテキストを表示

・音源タイトル

タップすると同じ音源が使われているリール動画を一覧表示

・ハート

リールに「いいね!」をする。ダブルタップでも可能

・コメント

リールにコメントを残す。他ユーザーのコメントも閲覧できる

・シェア

リールを他ユーザーにシェア。自分のInstagramストーリーズにも共有できる

・その他メニュー

報告、興味なし、保存、リール動画のURLリンクコピー、外部へのシェアが可能。

見たくないジャンルのリールが表示されるときは「興味なし」により、表示頻度をある程度減らすことができる。

・上下スワイプ

次のリール、前のリールに移動

2-2.リール表示場所:Instagram発見タブ

Instagramアプリ下部の「発見タブ(虫眼鏡アイコン)」をタップすることで、リール動画が上部に表示されます。(画像左)

また、発見タブの動画像一覧の中にもリール動画が挿入されます。

2-3.リール表示場所:Instagramプロフィール

Instagramでリールを投稿しているユーザーのプロフィール画面に「リール」アイコンが追加され、過去投稿されたリールを閲覧することができます。

2-4.リール表示場所:Instagramフィード

Instagramのフィード(タイムライン)画面にリールをシェアしている人がフォロワーの中にいる場合、リール動画が自分のフィード画面も表示されます。

動画の左下に「リールを見る」が表示されており、動画をタップすることでリール動画を全画面で表示できます。

3.【投稿する】Instagram「リール(Reels)」の使い方

続いてリール動画を投稿する方法を紹介します。

3-1.リール動画作成の仕組み

リールの動画は15秒から最大で30秒のショートムービーを作成できます。(基本は15秒だが変更できる)

いくつかの動画クリップを編集によりつなぎ合わせることで一つの動画をつくっていく仕組みのため、「ワンカット」で動画を撮影したり、「複数カット」の撮影により動画をまとめるといった使い方ができます。

あらかじめスマホで撮影した動画も取り込みでき、BGMやエフェクトを追加することで視覚・聴覚に訴える魅力的な動画コンテンツを作成可能です。

3-2.リール動画の作り方

リール動画は以下の手順で作成していきます。

  1. リール作成画面の表示
  2. 音源(BGM)の選択
  3. 動画の撮影(必要に応じてエフェクト追加)
  4. 撮影した動画の編集
  5. キャプションの記入とカバー画像の選択

詳しく解説していきましょう。

1. リール作成画面の表示

リール動画はInstagramストーリーズ作成画面からつくることができますので、まずはストーリーズ作成画面を表示しましょう。

例として、プロフィール画面のストーリーズアイコンをタップ。続けてInstagramストーリーズ作成画面下の「リール」をタップします。

リールの作成画面が表示されます。表示されるアイコンの機能は以下の通りです。

・「リール」アイコン

動画の撮影。複数回に分けて撮影可能

・Length

動画の長さを15秒/30秒に変更

・音源

Instagramのミュージックライブラリから音楽を選択

・速度

動画の録画スピードを0.3倍~3倍で段階的に変更

・エフェクト

様々なARエフェクトを追加

・タイマー

動画1クリップの撮影時間を設定。複数カットを撮影する際に重宝する

・カメラロール(左下写真アイコン)

撮影済みの動画を取り込み

2. 音源(BGM)の選択

「音源」アイコンから音源を選択します。

上部の検索ボックスに楽曲のタイトルを入力することで、リールで使いたい目的の音源を検索することができます。

また、音源で使用したいシーンを切り抜くことも可能です。サビの部分だけ使いたいといった場合に便利です。

3. 動画の撮影(必要に応じてエフェクト追加)

「エフェクト」を選択すると、さまざまなARエフェクトを動画に追加できます。

希望のエフェクトを選択し「画面中央下のエフェクトアイコン」をタップすることで、そのエフェクトを反映した動画を撮影できます。もう一度タップするとリール動画の撮影がストップします。

なお、動画の撮影は撮影ボタンの長押しでも可能ですので、好みに合わせて使い分けましょう。

直前の動画の終わりと同じ配置で次の動画を撮影したい場合は、「位置合わせ」機能が便利です。(動画を一つ以上撮影すると追加されます)

左メニューの「位置合わせ」アイコンをタップすると、直前の動画の最後のシーンがうっすらと画面に表示され、動画開始位置のサポートになります。

4. 撮影した動画の編集

ワンカットあるいは複数カットの動画を撮影したら、各動画の長さを編集します。

画面下の「左矢印アイコン」をタップすると、今まで撮影した動画クリップが画面下に一覧で表示されます。

「ハサミアイコン」をタップすると、それぞれの動画クリップ切り取り編集ができます。また、「ゴミ箱アイコン」をタップすると必要ない動画クリップを削除できます。

違和感なく一つのリール動画になるよう調整しましょう。

一通りの編集ができたら、画面下部の「右矢印アイコン」をタップしましょう。編集した複数の動画が一つになったリール動画が表示されます。

確認画面ではInstagramストーリーズと同じように右上アイコンからスタンプ、ペイント、テキスト挿入などの加工ができます。

画面下部の動画スライドを左右に動かすと見たい動画のシーンに移動できますので確認し、問題なければさらに「右矢印アイコン」をタップしましょう。

5. キャプションの記入とカバー画像の選択

さいごにリール動画の内容に沿ったテキストを入力します。

Instagramの投稿と同じようにハッシュタグ(#●●●●)やメンション(@+ユーザーネーム)の追加もできますので、必要に応じて記載しましょう。

また、「カバー」をタップするとリール動画のカバー画像を変更できます。

動画のワンシーンあるいはカメラロールから選択できますが、他ユーザーが興味を持ってもらうために重要なものですので、動画を見たくなるインパクトのあるカバーを設定しましょう。

なお、作成したリール動画は自分のInstagramのフィード(スイッチのON/OFF)やストーリーズ(同画面の「ストーリーズタブ」より)にも追加可能です。

公開したい場所を設定したら「シェア」ボタンをタップしてリールの投稿完了となります。

【見る】項目で紹介したリールの表示場所(発見タブ、プロフィール、フィード)に投稿したリール動画が表示されるようになります。

4.TikTokとの違い

ここまでリールについて紹介してきましたが、「TikTokと何が違うの?」と思った方もいるのではないでしょうか。確かに15秒の短尺動画であることや音楽や映像エフェクトを使った動画作成機能、スクロールすると次の動画が再生される点など、似ている点も多くありますが、TikTokとInstagramのリールではユーザー属性や投稿後に期待できるユーザーアクションに違いがあります。

まずユーザー属性は、現状Tik Tokは中高生など10代が中心です。使用シーンとしては、一人で暇な時間に見るだけでなく、「学校で皆と」「友達同士で」など大人数でTik Tokを使って遊んだりすることも多いのが特徴です。それに比べて、Instagramは20~40代が最も多く、各々の趣味や興味関心、トレンドに関する情報収集を行う場として使われることの多いSNSです。

Instagramのリール機能によって、10代のユーザーも更に増えることは期待されますが、企業が活用する上では現状のユーザー層を理解した上で活用するSNSを決めることが重要でしょう。

投稿後に期待できるユーザーアクションについては、Instagram上での購買機能やユーザーの購買行動の活発化が背景にあります。写真や動画を投稿する以外にもショッピング機能が充実しているInstagramでは、例えば企業が新商品を紹介するリールを観て「欲しい!」と思った後に、Shop Now(ショップナウ)機能という直接ECサイトに遷移させることができる機能を活用しているアカウントであれば、ユーザーをInstagramから離脱させることなく購買まで繋げることが可能です。

従って、今Instagramを活用している企業であれば、これまでフォロワーとのコミュニケーションが確立しているため、新規でTik Tokなどの新しいSNSを開設し新しいユーザーとの関係を築くよりも、動画を観てくれるハードルはグッと下がるでしょう。

5.まとめ

ユーザーの動向や需要によって次々と変化するInstagram。新機能リールについての紹介はいかがだったでしょうか。動画を活用したプロモーションはどこでも観れる手軽さや5G実用化の追い風もあり、ユーザーにとって、とても身近にある媒体となります。

積極的に活用して集客力をあげていきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?