【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

多くのWebサイトにはサイト内検索ができるようになっています。サイト内検索ができるWebサイトは、ユーザーだけではなく運営者側にもメリットがあります。

この記事ではサイト内検索の概要やメリットから、やり方まで網羅的にご説明します。まだサイト内検索を設定していない場合は、この記事を参考にしてください。

サイト内検索とは

サイト内検索とは、特定のサイト内の特定のコンテンツを検索できる機能です。素早くサイト内検索をする方法には、Googleの検索エンジンの検索窓に「site:(サイトドメイン)」を入力すると、そのサイト内でインデックスされているページが一覧になります。

ほかにもGoogleの検索オプションを利用する方法などがあります。しかしながら、この方法は、ユーザーにとってわかりにくいものです。

そこで、Webサイト内に検索窓を用意してサイト内検索ができる状態にすることがポイントとなります。

サイト内検索のメリット

サイト内検索には主に3つのメリットがあります。

ユーザーがコンテンツを見つけやすい

Webサイト内でサイト内検索ができると、ユーザーが好みのコンテンツが見つけやすくなります。ユーザーの検索行為は、関心の高さを示しており、サイト内検索をするユーザーは購買意欲などアクションを起こしやすいといえます。

そのため、サイト内検索ができるWebサイトは、ユーザーだけではなく運営者にも大きなメリットとなるわけです。

コンテンツ管理がしやすくなる

サイト内検索ができると、運営者はコンテンツ管理がしやすくなります。特に莫大なコンテンツを扱うWebサイトであれば、どのような記事があったのか振り返ることも一苦労です。

サイト内検索を利用すると、情報が古いコンテンツを見つけて修正や非表示などの作業もしやすくなります。

ユーザーの興味を惹く

サイト内検索は、ユーザーが過去に調べたキーワードが履歴として残ります。次にサイト内検索をするときには、以前調べたキーワードがプルダウンで表示されるため、検索しやすいです。

また、運営者もサイト内検索の履歴を見ることができるため、Webサイトの運用課題の改善につなげることができるでしょう。

サイト内検索のやり方

ここからは、サイト内検索のやり方を3種類ご紹介します。

Googleカスタム検索の利用

Googleカスタム検索は、Googleアカウントを保有していると無料での導入が可能です。サイト内検索を設置したいWebサイトのURLを入力して、検索エンジン名を入力すると設定が完了します。

ただし、無料提供のツールであり、機能は最小限におさえられています。

Googleカスタム検索はこちら

WordPressならプラグインの利用

WordPressによりWebサイトを構築しているのであれば、標準ツールが搭載されています。しかし、機能面で劣ります。おすすめはサイト内検索用のプラグインを使うことです。

たとえば、Search Everythingというプラグインは、カテゴリーやコメントなど幅広い箇所からコンテンツを抽出できます。

Search Everythingはこちら

専用ツールの利用

基本的にWebサイト内にサイト内検索機能を設置するときは、プラグインなどで対応するだけで十分です。しかし、ECサイトなどコンテンツ量が莫大なときは、専用ツールを導入してみてください。

専用ツールを利用するときは、検索精度だけではなくユーザーインタレストを図ることができるかも大事です。

それから、専用ツールを導入するに多額のコストが必要になるケースがあります。高機能ではあるものの、本当にそこまで必要なのかしっかりと検討してください。

サイト内検索をするときのおすすめツール

最後にサイト内検索をするときのおすすめツールを3つご紹介します。専用ツールを導入する際の参考にしてください。

SyncSearch

SyncSearchは、Webサイトのユーザーに配慮した機能が多彩です。サムネイル画像の表示、検索ワードハイライト、サジェスト機能、もしかして表示など、検索精度の高さが魅力です。初期費用20万円から、月額費用3万円からの導入ができます。

SyncSearchはこちら

ポットファインド

ポットファインドは、ECサイトに必要な機能であるJavaScriptタグの設置やデザイン調整だけで簡単にサイト内検索が設置できます。商品検索、類義語検索、絞り込み検索、オプション検索などが可能です。

価格は月間検索数や商品展示数によって変動します。

ポットファインドはこちら

i-Search

i-Searchは、ユーザーに正確にわかりやすく表示できるツールです。たとえば、サイト内検索の入力欄をクリックしたり、キーワードの一部を入れるとプルダウンで検索キーワード候補が表示されたります。

的確にユーザーを導きたいときはおすすめできるツールでしょう。管理機能も優れており、利用状況の確認、検索キーワードの集計機能なども搭載されています。

料金は5万円からとなっており、サイト内のページ数で変動します。

i-Searchはこちら

サイト内検索ができるようにしよう

サイト内検索は、Webサイト内の検索窓です。サイト内検索を利用すると、ユーザーは好みのコンテンツが調べやすくなります。

また、運営者もコンテンツ管理がしやすくなるメリットがあります。サイト内検索を設置するには、Googleカスタム検索、WordPressのプラグイン、専用ツールのいずれかで検討しましょう。

ただし、基本的にカスタム検索かプラグインでの対応で十分です。ぜひサイト内検索を設置して、運用してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?