【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

SEOとその対策はサイトやブログを運営するうえで、最も重要なものです。しかしながら、有名ブロガーには「SEOはオワコン」「ブログではもう稼げない」など悲観的な意見を述べる方もいます。

これからサイトビジネスを検討している企業にとって無視しがたい言葉です。この記事では、SEOはオワコンなのか考えていきたいと思います。

そもそもSEOとは何なのか

まずはSEOについて解説します。SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字のであり、日本語では「検索エンジン最適化」といいます。

具体的には特定のキーワードで検索されたときに、自社のサイトやブログのページを上位表示させることです。

SEOには3つの要因があるといわれ、「ページ要因」「サイト内要因」「サイト外要因」にわけられます。

ページ要因とはどんなコンテンツなのか、HTMLがどのように構成されているか、タイトルやタグはどうするかなどです。

サイト内要因はドメイン名、サイト全体のテーマ、サイト内の情報構造。サイト外要因は他のサイトからリンクを貼ってもらっているかです。

それらの要素をGoogleが判断して、上位表示させるかが決まります。

評価を得るには検索ボリュームを調べ、複数のキーワードを組み合わせながらコンテンツにしていくことがポイントです。

 

SEOがオワコンといわれている理由

SEOはサイト運営で欠かすことのできないものでありながら、なぜ、オワコンといわれているのでしょうか。

その理由は以下が考えられます。

  • 継続の難しさ(結果が出るまでサイト運営を続けることができない)
  • 小手先のテクニックが通用しなくなった(単にキーワードを本文に羅列したような記事など)
  • 公式サイトの評価が高まるアルゴリズムになっている
  • YouTubeの台頭(サイトやブログの閲覧数の減少)
  • Googleのアルゴリズムが絶えず変化する
  • SEOだけの施策では難しくなっている など

以上の理由からSEOがオワコンと叫ばれています。ただし、継続の難しさ、公式サイトの評価の高まりという理由は企業がサイト運営するうえでそこまで大きな問題ではないと思います。

企業がサイト運営するのであれば、自社内に担当者を置くことで継続的なコンテンツ配信が可能となります。また、企業が運営しているとわかるサイトならば、信頼性も高いのでGoogleの評価を落とすことは考えにくいです。

しかし、いくら企業サイトとはいえ、小手先のテクニックによるコンテンツ制作やサイト運営は通用しないでしょう。ユーザーの利益になるようなコンテンツを意識することが非常に大事です。

また、サイト運営を脅かすのがYouTubeの台頭です。テキストや画像だけのコンテンツよりも動画コンテンツを好むユーザーが増えてきているため、今からSEO対策を頑張ってサイト運営をするのは非効率と考える方も多くなっています。

検索アルゴリズムの変更もサイトビジネスには大きな影響を与えます。おおよそ2年ごとにGoogleは検索アルゴリズムを変更し、検索ユーザーに有益な情報が提供できるようにしています。

ですから、2〜3年前のコンテンツは利益を生み出せない可能性があるわけです。それによりSEO対策を続けても効率が悪いという考えを持つ方もいます。

また、Googleの検索アルゴリズムではTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを優遇するようになっています。SNSでも有名な企業や個人が運営するサイトはGoogleも評価するようになってきました。

よって、サイト運営をSEOの施策だけで行っていると限界がみえてくるわけです。

 

結局、SEOはオワコンなのか

SEOがオワコンといわれる理由はさまざまあります。結局のところ、SEOは本当にオワコンなのでしょうか。

結論をいうと「SEOはオワコンではない」と考えられます。

ただし、YMYL(健康や経済、安全に影響を与えるページ)やE-A-T(専門性/権威性/信頼性)という概念から考えると、ブラックハットSEOのような「検索対策」はオワコンといえます。

ブラックハットSEOとは、検索アルゴリズムの盲点をついて検索順位を上位にすることです。一昔前ならば、検索エンジンの精度も低く、抜け穴が多くありました。

たとえば、被リンク数を自作自演で増やしたりリンクファームをしたり、今では禁じられている手法を講じて上位表示させることができたのです。

そのような手法は通用せず、ユーザーファーストのコンテンツが評価されるようになっています。ユーザーファーストのコンテンツをつくるには、次のことを意識しましょう。

 

  • ユーザーの検索意図を考える
  • ユーザーが求めている情報を深堀りする
  • ユーザーが欲しい情報を網羅する
  • 成約や獲得を目指すならそこまでの導線を簡単にする
  • サイト内の関連コンテンツとの内部リンクを行う など

以上を意識してコツコツとコンテンツを増やすことが、SEOにつながります。SEOは変化していきますが、評価されることは大きく変化しないでしょう。ユーザーのことを考えたサイトやコンテンツであれば、今後もサイトビジネスで利益を上げることが可能です。

たとえるなら「自分が経営する旅館に初めて泊まりに来た人をもてなす」というイメージをもってコンテンツをつくってみてください。

「こちらがトイレです」「お部屋はこちらです」「お部屋には〇〇がありますのでお使いください」など、お客さんが迷子にならないような親切な説明があれば信頼できるでしょう。

コンテンツづくりも同様で、ユーザーが欲しい情報についてどんどん掘り下げて、わかりやすく、簡潔にすることが大事です。

 

SEOは変化する!しかし、やること大きく変わらない!

SEOはオワコンという言葉を聞きますが、オワコンではなく変化を続けると認識しましょう。検索アルゴリズムの変化(アップデート)があっても、ユーザーのことを考えた愚直なやり方は変わらないと思います。

ぜひ、ユーザーファーストのサイト運営を行ってください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?