【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

WEBマーケティングの担当者であれば、「アドネットワーク」という言葉を聞いたことがあるでしょう。しかしながら、アドネットワークを活用してどのような効果があるのかご存知でしょうか。

また、アドネットワークに費用を充て続けても、思うような効果が得られなかったというケースもあります。そこで、本記事ではアドネットワークについて概要や仕組み、メリット・デメリット、DSPとの違いなどをご説明します。

最後にアドネットワークサービスをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

アドネットワークとは?

アドネットワークとは、WEBサイトやブログ、SNSなど複数のメディアの広告枠をまとめているネットワークです。広告配信の際はそのネットワークに加入しているメディアに一括で配信できて手間が省けます。

アドネットワークの仕組み

アドネットワークは、広告配信をしたい人が各種アドネットワークのアカウントを開設することから始まります。その後、キャンペーンの作成、広告グループの作成、広告入稿と進みます。

実際に利用するまでは細かな操作が必要ですが、簡単な作業で大量のトラフィックを創り出せる点が特徴です。

アドネットワークが生み出された背景

アドネットワークは広告主とWebサイト側の苦労がありました。広告主は広告掲載が可能なメディアのリサーチ、広告枠を確保するためのマンパワー、メディアごとの広告管理の煩雑さなどに課題がありました。

一方、Webサイト側はスポンサーへの営業活動、クライアントごとの報告業務、メディアのPV数を増やして広告枠の魅力の訴求などの苦労が絶えませんでした。

このような両者の苦労や課題からアドネットワークが誕生しています。

アドネットワークとDSPの違い

アドネットワークと類似したものにDSPがあります。DSPは「Demand Side Platform」の略称であり、ターゲットを絞った広告配信ができるツールです。

まず、アドネットワークは文字通り「ネットワーク」、DSPはツールであるという点が異なります。また、DSPはツールであり広告枠を持っていません。

アドネットワークは複数広告媒体のパッケージ、DSPは複数のアドネットワークを束ねるツールと考えるといいでしょう。

アドネットワークのメリット

ここからは、アドネットワークのメリットを広告主とWebサイト側のメリットにわけてご説明します。

広告主のメリット

広告主のメリットには以下があります。

・アドネットワークに入札するだけで加盟サイトに広告配信ができる

・インプレッションやクリック、CTRなどのデータをリアルタイムで確認できる

・ネットワークに配信すると大規模な広告配信ができる

・課金形態が統一されている(クリック型やインプレッション型)

・リターゲティング配信や時間指定配信などのメニューがある

Webサイト側のメリット

Webサイト側のメリットは以下になります。

・サイトの規模にかかわらずネットワークに加盟すると集客に効果的

・タグをサイトに貼り付けるだけであり販売の手間がかからない

・効果測定指標(クリック数など)はアドネットワークを提供する業者が計測してくれる

・売れ残りの可能性が少ない(1つの広告枠に複数の広告掲載が可能)

アドネットワークのデメリット

アドネットワークを利用すると、広告主側は広告枠の指定ができないデメリットがあります。よって、自社のプロダクトや事業とマッチしないメディアに広告が掲載されることが考えられます。

また、広告が掲載されたメディアによって自社のブランドイメージが既存されることもあります。

それらのデメリットを解決するのがDSPです。場合によってアドネットワークとDSPを使い分けたり併用したりすることも検討してみましょう。

有名なアドネットワークサービス3選

最後に有名なアドネットワークサービスをご紹介します。

Google Display Network(GDN)

Google Display Network(GDN)は、Googleが提供するアドネットワークです。世界最大のアドネットワークであり、主にGoogleアドセンスに広告配信を行います。出稿金額に制限がないため、大企業だけではなく中小企業の利用も可能です。

画像、テキスト、動画広告に対応しており、ターゲットに最適な広告配信もできます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN) ※現YDA

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、Yahoo! Japanの広告枠や朝日新聞デジタル、食べログといった提携サイトに広告配信ができるアドネットワークです。年齢や性別、地域などターゲットに関する細かな属性を絞り込んだ広告配信が可能です。

また、検索キーワードと連動した配信、リターゲティングもできます。

Facebook Audience Network

Facebook Audience Networkは、Facebookのターゲティング機能を活用してFacebookと提携しているアプリへ広告配信ができます。有名なアプリではGunosyなどがあり、ニーズの高いアプリにも対応しています。

Facebook広告はターゲティング機能が強みであり、Facebookユーザー以外にも対象を広げられる仕組みとなっています。

アドネットワークを理解しよう

アドネットワークとは、メディアの広告枠をまとめているネットワークです。広告主、Webサイト運営側の双方にメリットがあります。場合によりDSPとの使い分けや併用が必要となりますが、これまでの手間を大幅に削減した広告配信ができます。

集客の手段としてアドネットワークを利用してみてはどうでしょうか。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?