【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

ロングテールSEOというSEO対策を聞いたことがあるでしょうか。コンテンツSEOではビッグキーワードに目が行きがちですが、比較的検索ボリュームが小さいキーワードでもコンテンツ数を増やすことで多くのアクセスが集まります。

その手法がロングテールSEOです。ロングテールSEOは、理にかなった施策であり最終的にビッグキーワードでも上位表示がしやすくなります。

この記事では、ロングテールSEOについてメリットややり方を中心にご説明します。

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、ビッグキーワードに関連するキーワードを組み合わせてコンテンツ制作に活かす方法です。関連キーワードを組み合わせることで、上位表示のハードルがりますが1記事あたりのアクセスは少なくなります。

しかし、少ないアクセスをもつコンテンツが蓄積されると、まとまった集客になります。このような手法をとることはサイト運営では理にかなった方法です。

ロングテールSEOのメリット

ロングテールSEOは以下のメリットがあり、理にかなった施策となります。

コンバージョン率が高い

ロングテールSEOは、関連キーワードを含んでいるためターゲットが絞りやすいです。そのため顕在的なユーザーに響くコンテンツが作れるようになり、コンバージョンにも好影響です。

とはいえ、ロングテールSEOは一つひとつの記事へのアクセスは少ないため、ビッグキーワードを使った記事も制作してそこから流入を促すような対策も必要です。

長期的な集客が可能

ニッチな対策キーワードほど競合性が低くなるため、検索順位が急に下がるようなことも少ないです。サイト運営に限らず、競合が少ないというのは長期的かつ安定的な集客に有利です。

仮に検索順位が下がったとしたらリライトで最新情報を盛り込むなどの対策をとりましょう。

検索意図にマッチしたコンテンツが作りやすい

SEO対策で最も重要なのは良質なコンテンを制作することです。前述のとおり、複数のキーワードを組み合わせた対策キーワードは、ターゲットを絞ることが可能です。

ターゲットを絞り込むと検索意図の把握もしやすいです。検索意図の把握は、見出しの作成や執筆にも役立つためユーザーの欲しい情報から外れることも少なくなります。

このように検索意図にマッチしたコンテンツを検索エンジンは評価するため、ロングテールSEOは上位表示のために理にかなった施策といえます。

ロングテールSEOのデメリット

ロングテールSEOには以下のデメリットがあります。取り組む前に確認しておきましょう。

成果が出るまでに時間がかかる

ロングテールSEOの大きなデメリットとなりますが、成果が出るまで時間がかかります。そもそもロングテールSEOは1記事単位で多くのアクセスを集めるものではなく、継続的なコンテンツの更新を行う手法です。

良質なコンテンツを作るとアクセスも集まりますが、それまでには時間がかかります。少なくとも半年から1年はかかるでしょう。しかし、逆の見方をすると半年先や1年先、それが難しいなら2〜3ヶ月先を見越したコンテンツづくりをするといいわけです。

いずれにしても即効性のある施策でないことは覚えておきましょう。

コンテンツの管理コスト

ロングテールSEOは記事を積み上げていくという特徴があり、100記事、200記事とコンテンツが増えていくと管理コストがかかります。

たとえば、設置したリンクが切れているとそのリンクの削除のための作業量も増えてしまします。また、コンテンツが多いが故に似通った記事が増えてしまうこともあります。重複コンテンツは評価されないため、サイトの評価にも影響がでてしまいます。

それらの改善や修正の管理コストを削減するために、サイト運営の体制をしっかり整えることも大事です。

計画性がないと効果がでにくい

ロングテールSEOをすすめるときは、キーワード戦略がカギとなります。具体的には、SEOに関するキーワードを見つけたら、それに関連するものでコンテンツを増やすことがポイントです。

関連性の高い記事を増やしていくことでドメインパワーも向上して、ロングテールSEOの効果がでてきます。また、キーワードを選定しても、定期的に更新していかないと評価されるまで時間がかかります。

「週に2記事」や「月に15記事」などある程度の更新頻度を保ようにしましょう。

ロングテールSEOのやり方

ここからはロングテールSEOのやり方を具体的にご説明します。

キーワードの選定方法

前述のとおり、ロングテールSEOでキーワード選定は重要な工程です。まずはビッグキーワードを決めてください。たとえば、「SEO」「英語」などの1語キーワードを決定します。

次にそのキーワードに関して、「ラッコキーワード」などの関連キーワードを調べるツールを活用します。関連キーワードを取得したら、「Googleキーワードプランー」などで検索ボリュームを調べて競合性も把握します。

キーワードプランナーは無料で使うと検索ボリュームが「1万〜10万」など大まかなものになります。なお、一定のアクセスを得るために「100〜1000」までのキーワードを選ぶようにしてください。加えて競合性の「低」となっているキーワードであれば、上位表示しやすいです。

コンテンツ設計の方法

キーワードが決まったら、コンテンツの設計をします。大事なことは、キーワードに対して1つのコンテンツで完結させることです。

ですから、「SEO対策・前編」「SEO対策・後編」などのようにコンテンツをわけて作ることは避けてください。ユーザーは1つのコンテンツで悩みが解決できないと、離脱する可能性が高いため検索エンジンの評価も上がりません。

当然ながら対策キーワードに全く関係のない分野の情報を入れることもNGです。

なお、タイトルや見出しを考えるときは対策キーワードについて上位5サイトを参考にすると効果的です。コピペはいけませんが、上位表示されている記事内容を網羅するようなコンテンツ設計を意識してください。

コンテンツ制作の方法

コンテンツ設計が終わったら、制作に移ります。不用意に文字数を増やすことはいけませんが、できるだけテキストを増やすことを意識してください。というと難しいように思えますが、上位サイトを網羅するようなコンテンツの設計ができていれば、自ずと文字数も増えていきます。

コンテンツ管理も忘れずに

ロングテールSEOは記事数を積み上げていく手法ですので、定期的な改善が必要です。記事単位ではGoogleアナリティクスなどを活用して、コンテンツへの反応状況を分析してみてください。

必要ならばタイトルやディスクリプションの変更、追記や古い情報の削除などを行いましょう。

ロングテールSEOに取り組んでみよう

ロングテールSEOは少ないアクセス数の記事を増やしていく手法です。しっかりと運用していくと、長期的にアクセスが安定します。しかし、成果がでるまでに時間がかかるなどの注意点があります。

中長期的な視点でキーワード選定やコンテンツ設計を行なって、ロングテールSEOに取り組んでみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?