【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

自社サイトを検索エンジンで上位表示させるには、リスティング広告とSEOのいずれかを活用することになります。多くのWEB担当者はリスティング広告やSEOについて、日々、取り組んでいると思います。

この記事はリスティング広告とSEOの違いをわかりやすく解説して、使い分ける方法や集客戦略を解説します。これから自社サイトの集客に注力したい場合は、参考にしてください。

リスティング広告とSEOについて

はじめに、リスティング広告とSEOについてご説明します。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて検索結果の上部にリンクで表示させる広告です。

画像は「SEO対策」とGoogleで検索したときの、リスティング広告になります。ご覧のように「広告」と記されているものが、リスティング広告です。前述のとおり、リスティング広告は検索結果で上位表示となるため、集客しやすいメリットがります。

特にリスティング広告は、有料検索と呼ばれることもあり、検索キーワードを指定したり検索サイト上に表示する内容を決めたりすることが可能です。このようなコントールのしやすさもリスティング広告の特徴となります。確実な上位表示や即効性があることもリスティング広告の魅力です。

ただし、リスティング広告は費用がかかり、人気のキーワードの場合は単価が高くなります。オークション形式で価格が決まるため、予定していた費用を超える可能性もあるでしょう。自社で用意できる予算も広告を打つときのポイントになります。

SEOとは

SEOとは、検索エンジンがユーザーの目的に適していると判断したページを上位表示することです。サイトやコンテンツのSEO対策を施せば、費用をかけずに上位表示が可能となります。このように、SEOの最大のメリットは費用をかけずに上位表示できることでしょう。

しかしながら、SEO対策を施しても上位表示できるとは限りません。一度投稿したコンテンツも検索エンジンのアルゴリズムに適するように、定期的なメンテナンスも必要です。また、一般的にコンテンツを投稿してから数ヶ月後に評価されるといわれており、上位表示まで時間がかかります。

検索結果の順位を決める際は、クローラーがインターネット上の情報を収集して検索エンジで扱いやすいように順位を決めていきます。そのため、キーワードをタイトルや文章中に正しく盛り込まないと、コンテンツの内容が正しく認識されません。

とはいえ、SEO対策に成功したコンテンツは、リスティング広告よりも信頼性が高いです。一度、上位表示に成功させると継続的な効果が見込めます。

リスティング広告とSEOの違い

リスティング広告とSEOの違いではっきりとしているのは、費用が必要かどうかです。そのほか、両者の違いを表にしましたのでご覧ください。

 リスティング広告SEO
即効性高い低い
料金有料無料
クリック率低い上位表示されると非常に高い
リンク先の変更ほぼ自由に設定できるコントロールできない
掲載順位の変更ほぼ自由に設定できるコントロールできない
ABテストできるできない
期間、時間、地域の設定ほぼ自由に設定できるコントロールできない

リスティング広告とSEOの使い分け

ここでは、リスティング広告とSEOの使い分けをご説明します。

コンテンツが大量にあるとき

サイト内にコンテンツが大量にあるときは、SEO対策をしっかりと行いましょう。良質なコンテンツが前提となりますが、大量のコンテンツがあるとサイト自体が評価されやすいです。

そのため、サイト内のSEO対策をしっかりと行うことで、上位表示させることができます。特に上位表示させたいコンテンツはリスティング広告を活用すると、さらに収益化ができるでしょう。

1つの商品しか取り扱っていないとき

サイト内で1つの商品しか取り扱っていない場合は、リスティング広告を使って集客していきましょう。商品が1つとなるとコンテンツを大量に投稿することができないため、検索エンジンから評価を受けにくいものです。

そのため、SEO対策だけを行っても上位表示できないことが多いでしょう。リスティング広告ならば、コンテンツの量に左右されず集客や販売につながります。

なお、リスティング広告では、検索キーワード、使用デバイス、時間帯などを細かく設定できるため、見込み客の高いユーザーの獲得も可能です。リスティング広告を活用するときは、より細かな設定を意識してみましょう。

一般的な企業サイト

受注を目的とした一般的な企業サイトならば、リスティング広告とSEO対策の両方を行うと効果的です。まずはリスティング広告で結果に即効性を出しながら、得た結果や情報をもとに長期的なSEO対策を考えていきましょう。

集客で大事なことは現状把握

サイト運営における集客はリスティング広告とSEOのいずれかです。どちらも使い方次第で、強い武器になります。とはいえ、Webサイトの集客で大事なことは、現状の把握です。

コンテンツをどれだけ保有しているか、検索数はどれくらいか、誰に何を販売するのか、など総合的に現状を分析しましょう。

極端ですがコンバージョン率が0%ならば、いくら集客しても効果がありません。ですから、アクセスがないのか、コンバージョン率が悪いのかなど現状を把握することは大事になります。

リスティング広告とSEOを使い分けよう

リスティング広告とSEOは、サイトの集客方法となります。どちらもメリットやデメリットがあるため、それぞれの特徴を理解しましょう。また、自社サイトのアクセス数やコンバージョン率など現状を把握して、集客に活かすことも大切です。

まずは、自社サイトの現状分析から始めてみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?