【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

WordPressを活用したサイト運営で、改行や段落を入れているでしょうか。改行や段落を適切に入れるとユーザーは文章が読みやすなり、SEO効果や収益の獲得につながります。

とはいえ、どのように改行や段落を入れることが効果的であるか、わからない方もいるでしょう。そこで、この記事ではWordPressの改行と段落についてご説明します。

WordPressの改行と段落について

はじめに、改行と段落について、概要をご説明します。

改行とは

改行は行を改めることです。通常であれば、下段に行を変えることであり、文章を読みやすくするために行います。

段落とは

段落は類似した話題の文章のかたまりです。一般的に段落を変えると、段落と段落の間に空白が生まれます。

改行と段落の違い

改行は文章を区切って行を変えること、段落は1つの主題における文章のかたまりです。両者に違いはありますが、WordPressを活用しているならば改行を行う必要はさほどひつようありません。

Webページは雑誌などと違って、改行を多用すると行と行の間が詰まってしまいます。そのため、読みにくくなり読者にストレスを与えかねません。

ですので、文章の意味を区切るときはスペーサーのような空白を入れてみましょう。

改行や段落を入れるポイント

改行や段落を入れる際は「見やすく区切られているか」がポイントです。

インターネットリサーチ業界では、簡潔で読み流しができるWebページほどユーザビリティが向上するといわれています。

ユーザビリティが向上すれば、SEO効果により検索順位が向上してコンバージョンにつなげることが可能です。

では、どのような改行や段落がユーザーに読みやすさを与えるのでしょうか。

記事の作成後にプレビュー画面でみやすさのセルフチェックならば、誰もが取り組めることです。自分がユーザーの視点に立って、適切な改行や段落分けができているかしっかりと見直してみましょう。

それ以上に効果的であるのが、誰かに記事を読んでもらうことです。第三者からのフィードバックは自分では気づかないものもあるため、非常に効果があります。

WordPressで改行と段落を入れる方法

ここからはWordPressで改行や段落を入れる方法をご説明します。

 入力時HTML
改行Shift + Enter<br/>
段落Enter<p>文章</p>

以上が改行と段落を入れる方法となります。「入力時」というのはWordPressにおいてブロックエディターやビジュアルエディターを使うときです。HTMLはテキストエディターを使うときに入力するコードになります。

改行と段落を明確にしないとペナルティを受けるといったことはありませんが、HTMLのルールの無視にはつながります。ですから、両者の違いを理解しながらコンテンツ作りをするようにしましょう。

WordPressの行間や改行幅の調整方法

以下でWordPressの行間や改行幅の調整方法をご説明します。

行間の変更

行間を変更はCSSで行います。行間の指定は「line-height」というプロパティで実施します。なお、「line-height」は次のパターンの値で指定されています。

・px:ピクセル

・normal:ブラウザの初期の値

・em:font-sizeの何倍の大きさになっているか

以上の値を大きくしていけば行間は広くなり、小さくすると行間は狭くなります。

改行幅の変更

改行幅の変更もCSSで行います。改行幅は「margin」または「padding」で変えることができます。いずれの値も大きくすれば改行幅が広くなり、小さくすれば改行幅は狭くなります。

一部の箇所だけ改行幅を変える方法

前述した改行幅の変更方法は、WordPress全体に適用されるものです。しかし、ときには一部分だけ改行幅を広くしたいと考えることもあるでしょう。そんなときはスペーサーを入れる方法があります。

ブロックエディターの場合は、スペーサーのブロックを追加します。その後、HTMLに変換して数値を変更してください。20~30pxが見やすい改行幅となります。

なお、次回以降も調整するのが手間になるため、再利用ブロックに追加しておくといいでしょう。すぐに呼び出しができて作業がスムーズです。

改行がうまくいかない場合

改行方法をご説明しましたが、なかにはうまく改行できていない場合もあります。また、改行が消えてしまうことも少なくありません。

その原因で考えられるのは、WordPressの自動整形機能が考えられます。特に1つの記事を編集している最中に、ビジュアルエディターとテキストエディターの両方を活用すると、改行が反映されないことがあります。

その場合、WordPressの自動整形機能をOFFにしましょう。または「Tiny MCE Advanced」で簡単に設定ができます。

Tiny MCE Advancedをインストールした後に、「設定」「Tiny MCE Advanced」「エディターの設定」と進みます。そして、「高度なオプション」の項目を確認します。

「Keep paragraph tags in the Classic block and the Classic Editor」にチェックをいれて「変更を保存」を押下すると設定が完了します。この流れによってWordPressの自動整形機能がOFFになります。

改行や段落を入れて見やすいページにしよう

この記事ではWordPressで改行や段落を入れる方法を解説しました。もう一度振り返ると、以下の方法で改行、段落を反映させることができます。

 入力時HTML
改行Shift + Enter<br/>
段落Enter<p>文章</p>

上記の方法により、改行や段落を入れて見やすいコンテンツを作りましょう。記事作成が終了したらプレビュー画面でのセルフチェック、さらに第三者によるチェックを入れると精度が高まります。

読みやすい文章はユーザビリティが向上してSEO効果も改善します。最終的に自社サイトの収益や集客の改善につながり、サイト運営の目的達成に塚づくでしょう。

この記事を参考にして、WordPressで改行や段落を入れてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?