【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

WebライティングとはWeb上に掲載する文章を作成すること、そしてそのための技術のことです。読みやすい記事を作るには、webライティングのポイントを押さえる必要があります。この記事ではWebマーケティング担当者に向けて、Webライティングの概要と書き方について解説しています。ライティング時のポイントや注意点も取り上げるので、参考にしてください。

1.Webライティングとは

「Webライティング」とは、PCやスマートフォン、iPadといったデバイスを用いて表示され、Webを通してユーザーに読まれることを前提とした文章執筆のことです。

印刷すれば終わりの書籍と違ってデバイスごとに表示画面が異なるため、すべてのデバイスに対応するように調整するほか、長文を読みなれていないユーザーでも読みやすいよう、文章そのものにも工夫を凝らします。

1-1.SEOライティングとの違い

SEOライティングは、検索エンジンのアルゴリズムを踏まえて検索結果の上位に記事を表示させることを目的としたライティング技術です。Webライティングは、ユーザーに向けた記事を書く技術であるのに対して、SEOライティングは検索エンジンに向けた記事を書く技術といえるでしょう。

2.いい文章とは?

そもそも、読者にとって“いい文章”とは何でしょうか?

SEOライティングで書かれた文書は確かに検索上位に表示されやすいですが、読者が読んだときに「読みにくい」「言い回しがくどい」とストレスを感じやすいです。内容が充実していても、そのサイトの他のコンテンツを読む気力がなくなります。

逆に言えば 、いい文章とは読んでいてストレスにならない文章のことなのです。

2-1.シンプルでわかりやすい

読者がストレスを感じないようにするためには、上手な言い回しや詩人のような表現などは必要ありません。

また、想定読者(ペルソナ)を設定し、意識することも重要です。例えば「初心者に向けた文章の中に専門用語を使う」というのはよくある間違い。ライターにとって当たり前の言葉でも、想定読者にとって難しい言葉・慣れない言葉は極力使わないようにしましょう。

とてもシンプルで端的な文章表現こそが、いちばんわかりやすい、つまり読者が理解しやすい文章です。

2-2.基本の雛形「SDS法」と「PREP法」

文章を書くことに慣れないうちは雛形を活用するという手もあります。「SDS法」と「PREP法」はWebの文章だけでなく、社内プレゼンなどにも適した技法です。

まず、SDS法は以下の略です。

  • S:Summary(記事の概要)
  • D:Details(詳細の説明)
  • S:Summary(全体のまとめ)

SDS法は結論を先に述べて、同じ内容を3回に分けて説明する方法です。全体の導線が短いので、素早く結論を伝えたいときに使用される手法と言えます。

一方のPREP法は以下の略です。

  • P:要点…最初に内容の重要な部分となる要点(結論や主張)を明確にしておきます。
  • R:理由…次にその要点に至った理由をわかりやすく書きます。
  • E:具体例…よりわかりやすくするために、具体例を示すと良いでしょう。
  • P:要点…最後に理由や具体例をふまえたうえで、もう一度要点を説明してまとめます。

PREP法は内容が頭に入りやすい文章構造。要点を前後の2回に分けることで読者の記憶に残りやすいですし、最初に結論を言うことで読者は「この文章には欲しい情報が書かれてる!」とすぐに気付き、時間のロスも少ないです。

3.SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEO(検索エンジン最適化)を意識した記事の書き方です。基本的に、キーワード検索ツールで抽出したSEOキーワードをもとに、その裏にある検索意図やニーズを把握して記事を書く、テクニックのいるものです。

読み物として需要のあるキーワード選定を行い、検索ボリュームも見て、検索クエリ(ユーザーが検索する言葉)から記事ページへある程度流入が見込めるものを使います。

3-1.SEO対策した記事は評価されやすくなる

記事は、Googleのデーターベースに登録される(公開)とコンテンツを評価するクローラー(ロボット)に定期的に巡回され、評価が高ければれば検索順位の上位に近づけます。また、ユーザーから支持されれば、それがPV数や滞在時間の結果となり、クローラーとユーザー双方から評価され、上位のコンテンツとして表示されやすくなります。

4.書き方のコツ

それでは、SEOライティングの基本的な書き方のコツについてご紹介します。

なんとなく知っている方も改めて確認してみてください。

4-1.共起語

共起語は、検索キーワードと一緒に出現しやすい語句を指します。ニーズの細かい部分を共起語から読み取れるので、SEO効果をだすのに有効でしょう。ただ、無理やり記事内に盛り込むことで文脈が崩れたり、内容が矛盾したりする可能性があるので、共起語の選定方法は記事の主張と関連性や重要度が高いものであることを念頭に選びましょう。

一度ライティングしたあとに共起語を盛り込む方法でも良いと思いますが、共起語は構成の段階から意識して盛り込めるようにしておくと、ライティング時に共起語を含めて書きやすくなります。

4-2.ユーザーファースト

「ユーザーファースト」とは、簡単に言えば“ユーザーのことを優先”するという意味です。記事の書き方という範囲で話すと、ユーザー目線に立って考えられて、丁寧に情報を伝えられているか、という点が大きいです。ユーザー=記事のターゲットになる人物、と考えてください。

  • このキーワードだったらどのようなことが知りたいか
  • もしかしたらこの用語はもう少しかみ砕いて説明したほうがいいか
  • この説明/表現ではわかりにくいか

など、ユーザーの心理レベル、知識レベルなどを考慮して書き方や内容を工夫することが必要です。SEOコンテンツは、Web接客の役割も担っています。ユーザーに価値を感じてもらうためにも試行錯誤して仕上げることを意識してください。

第三者目線の客観的な目で考えられるといいですね。必要に応じて箇条書き、太文字、カラーのタグを設置して視認性も上げてみましょう。

クローラーを気にするのも重要ですが、読み手は人であることを忘れないよう血の通ったコンテンツにすることが”質”につながると考えています。

4-3.わかりやすい見出し構成

見出しもSEOライティングの重要なポイントです。

まず、記事タイトルや見出しにSEOキーワードや共起語をなるべく入れることです。見出しだけで各章にどのような内容が書いてあるかわかるぐらいが理想ですね。Web記事では、最初に目次を置いていることが多いので、目次をぱっと見ただけで全体がわかるのも親切だと思います。クリックすれば興味のある項目にすぐ飛べるので便利です。

重要度の高い共起語を入れるのはクローラーの評価基準として良いとして、現代はユーザーの可処分時間の取り合いですから、なるべくパッと見て全体がわかる記事だと、ユーザーにとって“良いコンテンツ”として見られやすくなるでしょう。

4-4.独自性

クローラーは、コンテンツを評価するときに独自性を見ます。それは、競合と差別化できているか=他社コンテンツをコピーしていないか、自社サイト内のコンテンツが重複していないかというチェックも含みます。

独自性は、そのコンテンツのオリジナルとなるので評価されやすいでしょう。ただ、SEOコンテンツが氾濫しているネット上ではとくに後発組の場合差別化は難しくなってきています。

記事の独自性というものは、文章そのものや記事内の画像(二次利用ではなくオリジナル)、構成の見せ方(視認性)、オリジナルのノウハウ・レシピなど様々です。企画によっては、書き手だけでの情報収集では限界があり、他部署や外部の人間を巻き込むこともあります。コンテンツ制作するうえで、どのような独自性が出せるか構成段階で考えてみてください。

4-5.専門性

専門性は、コンテンツの独自性のみならず信憑性にも関わる重要な評価ポイントです。

例えば医師監修、栄養士監修となっている記事は、専門家の知識あってのものなので、信憑性が高いものとして評価されます。

とくに医療系は専門家のサポートがないと上位表示は難しいでしょう。他にも、限られた人間しかわからない分野、経験者しかわからない範囲も専門性が高くなります。

5.Webライティングの記事を書くポイント

ここでは、Webライティングの記事を書く際におさえておきたいポイントについて解説します。

5-1.文章構成は結論を先に伝える

Webライティングの文章構成においては、結論を先に伝えましょう。Webライティングの記事を読むユーザーはゆっくり記事を読むよりも、すぐに答えを知りたいという人が多いため、わかりやすさを重視した書き方を意識することが必要です。

5-2.40字程度のシンプルな文章にまとめる

1つの文章は40字程度のシンプルなものにまとめましょう。これは、ユーザーが素早く情報が得られるようするためです。冗長な表現が続く長い文章はユーザーにとっても読みにくいため、避けなければいけません。

5-3.わかりやすい言葉と表現を使う

文中の言葉や表現はわかりやすいものを使用しましょう。難しい表現や専門用語を使用するとユーザーにとってわかりにくいものとなってしまいます。難しい漢字はひらがなで表現する、専門用語は言い換えるなどの工夫が必要です。

5-4.文末に気をつける

記事を読んでいて、「〜ます」「〜ます」と同じ文末が続いている場合は修正しましょう。Webライティングに慣れていないと違和感を感じる文章になってしまいがちです。対策としては「ですます調にする」「文末を毎回同じにしない」のように、レギュレーションを作っておくことが挙げられます。

5-5.改行と段落を使い、見た目を整える

改行は文章を区切り、行を変えること、段落は文のまとまりを主題によって区切った部分のことです。改行や段落がないと、文字が続く見にくい記事となってしまいます。そのため、記事を作成するときは、改行と段落を使いながら見た目を整えましょう。

5-6.箇条書きや表で要点を伝える

要点や手順などを説明するときは箇条書きや表などをうまく使いましょう。文章で表現すると長くなってしまう内容でも、箇条書きにすればすっきりとした見た目になり、読みやすくなります。

5-7.画像や装飾を入れて読みやすくする

文字だけの記事だと読みにくくなるため、適宜画像や動画などを入れるようにしましょう。実際に、ユーザーは画像や動画のある記事を好むとされています。文字に関しても、下線や太字、赤文字などの装飾をすることで読みやすくなるのでおすすめです。

5-8.トンマナを意識する

トンマナとは「トーン&マナー」のことで、記事に一貫性を持たせるためのルールのようなものです。トンマナを意識すると、統一感が生まれ、記事やコンテンツ全体をより良く見せられます。逆にトンマナが守れていないと、一貫性のない記事になったり、他の記事とテイストが異なる記事ができたりするので、注意してください。

6.まとめ

WebライティングとはWeb上に掲載する文章を作成すること、そしてそのための技術のことです。Webサイトに掲載する記事を書く場合、記事の内容や読みやすさはもちろん、SEOライティングを意識することも重要です。また、Webの記事を読む人の特性を押さえることもポイントの1つなので、忘れないようにしましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?