【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

企業が活動するうえでリスクマネジメントは欠かせません。起こりうるリスクを検討して、いざというときに対応することが企業にとって大事なことです。

しかしながら、リスクマネジメントと聞いても何をすればいいかわかりにくいものです。そこで、この記事ではリスクマネジメントについて事例をふまえながらわかりやすく解説します。

リスクマネジメントとは

リスクマネジメントとは、企業が自社に起こりうるリスクに対して、適切な対処を行って損失を最小限におさえることを意味します。

近年はグローバル化も進み、企業は常に変化を求められています。その変化に対応するときには、常にリスクを考えて対処する必要があります。

そう考えると、企業がリスクマネジメントをすることは、生き残るためにも大事なこといえます。

企業に起こりうるリスクとは

リスクマネジメントに取り組む前に、企業にとってそのようなリスクが潜んでいるのか理解することが大事です。ここでは、企業におこりうるリスクをご紹介します。

情報漏洩

情報漏洩は企業が常に考えておくべきリスクでしょう。近年は情報が溢れており、企業内においてもさまざまな情報を蓄積していることでしょう。

特に顧客情報が漏洩することは、世間的にも大きな出来事として取り上げられて、企業の信用が一気に落とします。

情報漏洩はサイバー攻撃など外部の要素もありますが、社員が流出させるケースもあります。メールの誤送信、意図的にデータを外部に漏らすなど原因はさまざまです。

リコール

リコールとは、欠陥商品を生産者が公表して、回収することです。何かしらの製品を作っている企業は、リコールのリスクも考えておく必要があります。

これまでリコールされたものとして、石油ストーブや自動車などがあり、こちらも企業の信頼を落としてしまいます。

自然災害

日本は台風や豪雨、地震、大雪など災害が頻繁に起きます。そのときに企業が被災すると、会社の存続に影響します。記憶に残っている事例では、東日本大震災においてもたくさんの企業が倒産しました。

自然災害についてはいつ何時おこるかわかりませんので、常にリスクマネジメントが必要でしょう。

システム障害

近年はほとんどの企業がITシステムを活用して業務をこなしています。そのため、社内システムなどに不具合があると、自社だけではなく顧客にも大きな影響を与えます。

具体例としては、銀行でシステム障害が起こると、利用者がお金を引き出したり送金したりできなくなります。

コンプライアンス

コンプライスとは、法令順守を意味します。法令違反により企業が処分されると、営業停止等の処分を受ける可能性があります。もちろん、企業の信頼を失うことですので、マネジメントが必要です。

ただし、コンプライアンスに関しては法律の知識が必要であり、顧問弁護士等からのアドバイスやチェックを受けることが大切になります。

財務、人事

財務や人事のリスクには、人材の急な退職などが当てはまります。もしくは、経済状況によりリストラをせざるを得ない状況になるリスクも含まれるでしょう。

リスクマネジメントのやり方

ここからは、リスクマネジメントのやり方をご説明します。

特定

まずは自社において、どこにリスクが潜んでいるか特定していきます。これは部署単体で行うよりも部署ごとに連携して取り組むことがポイントです。アンケートなどを実施して、各部署にどのようなリスクがあるか洗いだしてみましょう。

分析

自社において起こりうるリスクを特定したら、詳しく分析していきます。そのリスクが発生する頻度や損害の程度を考えます。

評価

リスクを分析したら評価に移ります。評価とはどのリスクが自社に大きな悪影響を与えるかを検討していきます。リスクの発生頻度が高く損害の程度が大きいものが、自社に最も大きな損失を与えます。

対応

リスクマネジメントの最後は、ピックアップしたリスクに対する対応策を考えます。リスクを低減させる、回避する、受け入れる、このいずれかについて検討しましょう。

リスクマネジメントの事例

最後にリスクマネジメントの事例として、業界別にご紹介します。

食品製造会社の場合

食品製造会社の場合は、複数の施策を設けることが特徴です。品質保証やコンプライアンス、情報セキュリティなど分野ごとにリスクマネジメントを行うことが多いです。

建設会社の場合

建設会社の場合は、特に総合建築会社ならば協力会社とともに労働安全衛生のマネジメントを行う特徴があります。

作業中の人身事故を防ぐために、指差し確認や現場パトロールなどを日常的に行っています。また、日ごろからさまざまな安全衛生講習を実施している点も特徴です。

化粧品製造会社の場合

化粧品製造会社の場合は、災害や感染症などに対するリスクマネジメントを実施しています。それらが発生すると、業務を停止せざるを得ない状況になります。

そのために、事業継続計画を行っていることが多いです。たとえば、地震が発生した際に対策本部を立ち上げて、社員の安否確認、商品供給をどうするかなどを決めます。

リスクマネジメントに取り組もう

企業にとってリスクマネジメントは非常に重要な取り組みとなります。企業の存続にも大きな影響をあたえるため、十分に検討していきたいところです。

本記事を参考にして、ぜひリスクマネジメントに取り組んでください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?