【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

M&Aの相手が見つからない場合は、M&Aマッチングサイトが心強い存在になります。しかし、M&Aマッチングサイトは豊富に存在しているため、利用前に基本的な知識を身につける必要があります。

本記事ではM&Aマッチングサイトの概要、メリット・デメリット、選び方をご説明します。おすすめのサービスもご紹介しますので、参考にしてください。

M&Aマッチングサイトとは

M&Aマッチングサイトとは、Webサービスを介してM&Aの買い手と売り手をマッチングさせるサービスです。Webサービスを介することから、始めてM&Aを行う場合であっても効率的にニーズに合う相手が見つかります。

M&Aマッチングサイトを利用するメリット

M&Aマッチングサイトを利用する主なメリットは以下の3点です。メリットを把握してM&Aマッチングサイトの特徴を理解しましょう。

経営の選択肢が広がる

特に中小企業にとって後継者がいないと廃業する選択しかありません。後継者がいない場合にM&Aマッチングサービスを利用することで、企業のM&Aという選択肢が広がるのです。廃業したくない場合は積極的にM&Aマッチングサイトを利用してみてください。

事業の継続が可能になる

後継者がいない場合は廃業せざるを得なくなった場合は社内に蓄積されたノウハウがすべてなくなってしまいます。一方でM&Aによって事業譲渡ができれば、社内のノウハウが残るだけではなく、さらなる事業発展につながることがあるでしょう。

従業員の不安解消につながる

廃業という最悪の事態を招くと従業員は再就職などの別の道を考えることになります。そうなると不安に感じる従業員も多く、廃業前から退職をすることが想定されます。早い段階で事業譲渡が成功することで従業員は従来どおり安心して働くことができるのです。

M&Aマッチングサイトを利用するデメリット

M&Aマッチングサイトを利用する際は、メリットだけではなくデメリットも把握してください。デメリットを把握しておくことでサービスを利用するかどうか正しく判断できます。

成約までに時間がかかる可能性がある

M&Aマッチングサイトや類似したサービスは多岐にわたり、取り扱う案件も数多くなっています。そのなかから自社に合致した企業を選ぶには慎重に検討することがあり、売り手として成約に至るまで時間がかかる可能性があります。

企業風土などが変化する可能性がある

M&Aによって企業が売却されると、譲渡先のさまざまな面を譲渡先の企業に合わせる必要があります。企業風土や社風が変わることがあり、従業員が適応できるかが懸念材料です。

M&Aマッチングサイト・サービスの選び方

M&Aマッチングサイトを選ぶときは、以下の4点に着目してください。

得意分野の把握

M&Aマッチングサイトは幅広く存在しており、それぞれで得意分野が異なります。同業種の買取を検討しているのであれば、同業種のマッチングに強みがあるサイトを選んでください。

異業種の企業を買収してイノベーションを起こしたいときは、その業種に強みがあるサービスがいいでしょう。得意とする分野を把握することで、その後のミスマッチを防ぎます。

売却件数などの実績

得意分野を把握する際の目安の一つになるのが、売却件数などの実績です。売却件数が多いサービスは、当然ながら多くの買い手が集まっていることです。そうなると売り手も多く集まります。その結果、多くの案件がありマッチしやすいのです。

手数料

M&Aマッチングサイトを利用して制約すると、サイト運営側に手数料を支払います。オプションを活用してマッチングをした場合はオプション料が追加で発生します。

なかには成功報酬型のサービスがありますが、最低料金が設定されていることがあります。料金体系を比較して、自社の予算に応じたサービスを利用してください。

サポート体制・アフターフォロー

M&Aは考える幅が広いため、自社だけで対応しきれない部分があるものです。そのような場合に専門家のサポートを受けることができると心強いでしょう。

また、成約後のアフターフォローの有無やトラブル対応なども確認しておきたいところです。サポート面が充実しているサービスであれば、安心して利用できます。

M&Aマッチングサイトおすすめ3選

ここではM&Aマッチングサイトから厳選して3つのサービスをご紹介します。

M&Aクラウド

M&Aクラウドは、買い手と直接のやり取りができるサービスです。仲介業者が存在しないため、やり取りがスピーディーで売り手側の手数料がかかりません。経験豊富なスタッフが事業譲渡のアドバイスをしてくれる点もうれしいです。

M&Aクラウドはこちら

MAサポート

MAサポートは、年商10億円程度までの中小企業を中心にサポートするサービスです。なかには個人事業主などの実績があります。着手金なし、完全成功報酬型であるため、リスクをおさえたい場合に向いているといえます。

MAサポートはこちら

M&Aサクシード

M&Aサクシードは、転職サイトでおなじみのビズリーチの運営会社が提供しているサービスです。買い手候補の企業は審査を通過した企業だけであり、M&Aに本気の企業とのやり取りが可能です。

M&Aサクシードはこちら

M&Aマッチングサイトを利用しよう

M&Aは事業譲渡や事業拡大などの際に行います。投資目的で投資家が事業の売買をするケースもあるでしょう。今やM&Aはマッチングサイトで行えるようになっています。自社の理想に合致するサービスを選んでM&Aを成功させましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?