【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

RPAという言葉、もしくはRPAツールについてご存知でしょうか。さまざまな業界における人材不足などからRPAを導入する企業が増えています。

RPAツールを導入することで人材不足の解消や業務効率化を図ることが可能です。この記事では、RPAやツールに関してわかりやすくご説明します。ぜひ参考にしてください。

RPAツールとは

RPAとは「Robotic Process Automation」の略称であり、ロボットを活用して業務効率化を図ることです。

近年では働き方改革などによりRPAの導入が積極的に検討されています。また、新型コロナウイルス感染症の影響からテレワークが増え、RPAを導入した業務効率化や生産性の向上などが注目されています。

RPAツールのメリット・デメリット

ここからは、RPAツールのメリットやデメリットを詳しくみていきます。

メリット

RPAツールの導入により、以下のメリットが生まれます。

・人件費の抑制

・人材不足の解消

・生産性の向上

・業務に柔軟に対応できる

・新たなビジネスチャンスの創出 など

RPAツールはロボットを活用するため、人件費の抑制や人材不足の解消、さらに生産性の向上といったメリットは容易に想像がつくでしょう。

特に同じ作業を繰り返すような業務内容であれば、RPAツールの効果が得られるでしょう。それから、RPAツールならば業務内容が変更されても、書き換えて新たな内容にすることが可能です。

業務支援ツールにはRPAツール以外にもソンジアしますが、業務の変更には多くの工数がかかります。その点、RPAツールならばスムーズに業務に対応できるわけです。

また、RPAツールによる業務効率化により、時間的に余裕が生まれます。その時間を使って新たなビジネスチャンスの創出も可能でしょう。

デメリット

RPAツールには以下のデメリットがあるため、念頭に入れておきましょう。

・まだまだ発展途上のツール

・メンテナンスの際の工数が必要

RPAツールは現段階で成熟したツールとはいえません。現在、提供されているRPAツールは発展途上であるため、バージョンの変更などが必要になるでしょう。

そのため、早い段階で導入すると、運用コストが多額になるケースも考えられます。工程を変更する際も、多くの工程が必要であることが現状です。

とはいえ、これから導入する企業が増えることが予想されているため、現段階から導入してバージョンアップや変更に慣れていくといいでしょう。

RPAツールでできること

RPAツールではさまざまなことができます。

・財務や経理業務:請求業務、財務レポートなど

・データ分析:アンケート集計、過去のデータからの分析

・人事業務:従業員の勤怠管理、給与計算、雇用管理

・顧客対応:Webサイトの問い合わせフォームへの自動返信

・営業活動:競合調査、見込み客の洗い出し

以上をみると、企業においてのほとんどの業務をRPAツールで行うことが可能です。さらに、蓄積されている情報を自動処理するため、ヒューマンエラーなどの心配も不要です。

RPAツールならば、従来までは社員研修を重ねてこなしてきた業務を瞬時にこなせます。

RPAツールの導入方法・流れ

RPAツールを導入するときは、次の流れを覚えておきましょう。

手順内容
ツールに関する研修RPAツールに関する理解を深める。各部署から数名ずつ選定して研修をする。ツールを使うことでどう変わるのかしっかりと学ぶ。
自動化する業務の選定各部門で自動化できる業務を洗い出す。これまで時間がかかっていた業務を中心に挙げると効果的。
ツールの選定サーバー型かデスクトップ型を選ぶ。大規模導入はサーバー型、小規模導入ならデスクトップ型が適している。
エラーの予測ツールの導入後に発生しそうなエラーを洗い出す。それについての対処方法や管理者などを決める。
部分的に導入するまずは小規模、短期間で部分的な導入をする。そこで使い勝手やトラブルなどを把握する。
全導入部分導入で出た課題が解決できようになったら全導入に移る。

以上の流れは一般的な導入方法や手順です。まずはRPAツールについて、理解することからはじめましょう。

おすすめのRPAツール

最後にすでに提供されているRPAツールをご紹介します。

UiPath

UiPathではワークフローを自動的に作成することができます。コーディングが不要であり、インターフェイスもわかりやすいです。さらに「Uipath Orchestrator」では、ロボットの自動管理などができて、機能を一元管理が可能です。

さまざまな受賞歴もあり、評価や信頼性の高いツールといえるでしょう。基幹業務への導入を検討している場合におすすめです。

UiPathはこちら

WinActor

WinActorはNTTグループから提供されている国産のRPAツールです。これまで1900社以上の企業が導入しており、信頼性も高いです。

操作がしやすいGUIの完備、プログラミングせずに自動化が可能などのメリットがあります。原則、Windows上で全ての作業ができて、WordやExcelといったオフィス商品との連携も可能です。

手軽にRPAツールを導入したい場合におすすめです。

WinActorはこちら

RPAツールを導入してみよう

RPAツールを活用すると、ロボットにより作業が自動化されます。テレワークの増加や人手不足など、企業の業務についての課題を解決します。

それにより業務効率化や新たなビジネスチャンスの創出も可能です。今のところ発展途上のツールですが、現段階で導入してバージョンアップや変更に慣れていくといいでしょう。

また、RPAツールに関しては社内で十分に理解を進めたうえで、小規模導入から行ってみてください。RPAツールを導入して、業務効率化を目指しましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?