【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

MEO対策を行うことは、自分のビジネスへの集客を行う上で必須のものとなってきています。

MEO対策がきちんと行えているか、客観的に確認することも大切です。

そこで本記事では、MEO対策で利用するときにおすすめの順位チェックツールを、無料のものと有料のものに分けてご紹介します。MEOについても解説していますのでぜひ参考にしてください。

1.そもそもMEOとは?

MEOとは、「マップエンジン最適化」の英語名Map Engine Optimizationの頭文字を取った言葉です。Google検索に表示されるローカル検索結果でGoogleマイビジネスの情報を上位化する施策のことを指します。

ローカル検索結果にはGoogleマップと店舗情報が3つ表示されます。3枠に店舗の情報を表示できれば、競合店舗より露出が増え、認知・ブランディングの効果を見込めます。この効果は集客を有利に進められるポイントになります。そのためにMEOをおこなうのです。

2.MEOツールとはなにか?

MEOツールとは、MEO対策を行う上で欠かせないインサイトデータの可視化などを行う分析ツールのことです。可視化する項目には、ローカルパック内での検索ランキングや順位履歴などが該当します。

また、MEOツールの中には順位チェックを行うだけでなく、MEO対策において重要なGMBの機能補助を行うツールも存在します。

3.MEOツールのメリット

ツールを使うと、Googleマイビジネスの上位表示や最適化ができ、集客数や売上のアップにつながります。

データや改善点が数値・グラフで確認できるので、現状把握や対策・改善のサイクルをまわしやすくなります。

また、管理を効率化できるためそのぶんかかっていた手間をカットでき、人件費削減や他の作業時間にあてることが可能です。店舗の場合、お客様対応に集中でき、満足度アップにつながる可能性もあります。

4.MEOツールのデメリット

MEOツールのデメリットは、利用プランに応じて運用コストがかかってしまう点です。

MEOツールはMEO対策に欠かせないインサイトデータの可視化やGMB内の機能補助を行ってくれますが、運用コストと効率化できる業務量のバランスが取れていなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

まずは「無料MEOツール」や「無料トライアル」を利用して、どのように業務を効率化できるかを把握するところから始めましょう。

5.無料のMEO対策ツール

この章では無料で使用できるMEO対策ツールを紹介します。

5-1.I search from

・メリット

1.地域、言語などを選べるため正確である

2.SEO対策でも利用可能国外からでも検索をシュミレーションできる

・デメリット

1.順位チェックが手動である

2.キーワードを入力し、Googleの検索エンジン上で店舗が何番目に出てくるかを数える必要があるので時間的コストがかかる

http://isearchfrom.com/

5-2.Google Adwards

・メリット

1.Googleが提供しているため、正確である

2.Googleアナリティクスと連携が可能

3.Googleなので管理しやすく安心

・デメリット

1.広告を出さないと使えない機能がある

2.順位がチェックできない

https://ads.google.com/intl/ja_jp/getstarted/?subid=jp-ja-ha-awa-bk-c-he0!o3~Cj0KCQjwrIf3BRD1ARIsAMuugNsrUhKqZt1LP_kYe1BFw1pW5GAxAWE1S-Ps-0N1ynNfjLizg7oeNqwaAh4mEALw_wcB~76871160625~kwd-12340353~6464241561~428801657946&gclid=Cj0KCQjwrIf3BRD1ARIsAMuugNsrUhKqZt1LP_kYe1BFw1pW5GAxAWE1S-Ps-0N1ynNfjLizg7oeNqwaAh4mEALw_wcB

5-3.Promost MEO順位チェックツール

・メリット

1.対策中のキーワードでの表示順位の推移をグラフでチェックできる

2.自動で順位チェックできる

3.世界中どの地域でも測定可能

・デメリット

1.キーワード数に限りがあり、数が多くなると有料のプランになってしまう

まだ運用を始めたてだし、無料でも十分という方は上記の4つをぜひ利用してみてください。

6.有料のMEO対策ツール

有料のMEO順位チェックツールは、無料のツールよりも機能が充実しているものが多いです。

無料のチェックツールの機能では物足りない、自身でもっとカスタマイズをしたいと思っている方に、おすすめです。

6-1.Google口コミ・順位計測のMEOチェキ

<特徴>

・競合を含めた順位計測

・実際の検索結果画面を画像キャプチャで保持

・過去2年分のインサイトデータ確認

・予約投稿機能

ローカルパック内の順位チェックからGMBの投稿管理まで幅広くMEO対策を行えるのが「MEOチェキ」です。

MEOチェキには他のMEOツールにはない「画像キャプチャ保持機能」が搭載されており、実際の検索画面を後から画像で確認することができます。

多くのMEOツールがチャート表示になってしまう中、画像で当日の順位状況を一目でチェックできます。

費用は月あたり5,000円~となっています。

https://meo.tryhatch.co.jp/meocheki/

6-2.Gyro-n

<特徴>

・多言語検索に対応

・口コミ数・レビューの推移を可視化

・GMBの予約投稿(施策メモ機能あり)

・最大18ヶ月分のインサイトデータを表示

数あるMEOツールの中で「検索言語設定」ができるのは、Gyro-nの「MEO順位チェックツール」の一番の特徴です。

欧米からの旅行客など、英語を使用するユーザーのGoogleマップ利用率に注目し、インバウンドユーザーの集客に特化した機能を搭載しています。

また、競合店舗との順位比較も行うことができるため、キーワード地点や検索地点による自店舗の強みを把握することが可能です。

費用は月あたり1,300円~となっています。

https://www.gyro-n.com/meo/

6-3.MEO tracker

<特徴>

・クラウド型管理

・社内・顧客とデータ共有が可能

・スマホ専用管理画面の設定

・CSV出力

「MEO tracker」はローカルパックの順位チェックや定期的な計測に特化したMEOツールです。

計測キーワード数が50個~となっているように、順位チェックとしての役割が強いことが分かります。他のツールにはない特徴として、社内・顧客とデータ共有ができることが挙げられます。

費用は月あたり1,300円~となっています。

https://meo-tracker.jp/

7.無料と有料の違い

無料、有料に関わらずツールによって特徴があるため、お金をかければ良いというものではありません。

しかし、無料の場合はキーワードの個数が制限されていたり、順位チェックが手動になってしまうなどのデメリットはあります。

それぞれの特徴を踏まえた上でツールの選定を行う必要があるでしょう。

8.まとめ

MEO対策では、順位チェックを行うことが必須です。

いくらGoogleマイビジネス上で情報を充実させても、検索上位にきてなければ意味がないので、順位を正確に確認する必要があります。

無料のチェックツールでも、順位確認の機能は十分備えていますので、初めは無料のチェックツールを利用して、慣れていきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?