【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

Instagramを使用する際に、発見タブを見ることってありますか?発見タブとは、虫眼鏡のマークをタップしたときに表示される画面のことです。

今回は、こちらの発見タブについて詳しく紹介をします。是非、Instagramマーケティングに活用してください。

1.Instagram発見タブとは

発見タブはInstagramにおいて新しいアカウントや投稿を見つける有効な手段です。

1-1.ユーザーの新たな興味関心を見つける手段

発見タブはInstagramのアプリ下部にある虫眼鏡のアイコンをタップすることで表示されます。

画面一番上にはキーワード入力欄があり、すでに検索したい対象がある場合はこちらにキーワードやハッシュタグを入力して検索を行います。

ちなみにキーワード入力欄のすぐ右には「ネームタグ」読み取り画面に移行するアイコンがあり、タップするとネームタグ読み取り欄へ移行します。

ネームタグとは、友人や店舗のInstagramアカウントを検索する際、アカウント名から検索するだけではなく、このネームタグからQRコードのようなものを読み取り検索することができる機能です。

ネームタグを使うことで簡単にユーザーをフォローしたり他SNSでユーザー情報をシェアすることができます。

1-2.発見タブを利用するメリット

写真や動画の投稿が主となっているInstagramでは、キーワード検索がありません。

Instagramではハッシュタグやユーザー名に関連するキーワードを入力することで検索を行います。

Instagramの検索の仕組みは、自分の興味関心のあるものを効率的に検索できる点において非常に優れています。

ハッシュタグ検索の仕組みは、検索する側からするとハッシュタグを付けている投稿が見つけやすく、投稿を行う側からすればハッシュタグを付ければ投稿を見つけてもらいやすくなるため、双方にとってwin-winです。

一方で、発見タブはInstagram上で自分の興味関心が湧く可能性があるものを見つけられます。

皆さんは、Instagramの発見タブを見ていて「なんか自分の好みに近いものばかり表示されるな…」と感じたことはないでしょうか。

実は、Instagramの発見タブに表示される投稿は、ユーザーがフォローやいいね!にした投稿に基づいて選ばれています。

つまり、発見タブで表示される投稿は自分の好みである可能性が高く、ハッシュタグやユーザー検索などでは見つけられなかった自分の興味関心のあるコンテンツを教えてくれる項目なのです。

2.他投稿閲覧との違い

Instagramでは、投稿を閲覧する手段がいくつか存在します。ここでは、閲覧方法ごとの違いを見ていきましょう。

2-1.フィード投稿、ハッシュタグ検索

Instagramを開くと1番最初に表示されるのがフィード投稿です。

自分がフォローしているユーザーの投稿が、投稿された順に表示されます。

フィード投稿に関しては、既に自分の興味関心がハッキリと向いており、既に認知している人や物を表示させます。

またハッシュタグ検索は、検索画面のキーワード入力欄に検索したい対象のハッシュタグを入力することで表示されます。

ハッシュタグ検索については、自分の中で検索したい対象が明確に決まっている場合に有効な手段と言えるでしょう。

それぞれ微妙にニュアンスは異なりますが、どちらも少なからず自分が認知しているものについての投稿を閲覧する手段となっています。

2-2.Instagram発見タブ

一方で、発見タブについてもハッシュタグ検索と同じ画面(虫眼鏡のアイコンをタップして表示される画面)で表示されます。

発見タブについては前述の通り、自分のアクション(フォローやいいね!)に基づいた投稿が表示されます。

且つ、自身がまだ触れたことのない投稿やユーザーが多いため、新たに興味を持つ可能性が高いです。

つまり、まだ認知していない(フォローに至っていない)が、興味を持つ可能性が非常に高いコンテンツを発見するための機能ともいえます。

3.Instagram発見タブに広告を出す3つのメリット

Instagramの発見タブには、広告を掲載することも可能です。発見タブ広告には次の3つのようなメリットがあります。

  • 新しい情報を探しているタイミングにアプローチできる
  • ユーザーの興味関心のコンテキストを捉えられる
  • Facebook広告の配置の一つとして全体最適化を図れる

発見タブをみているとき、ユーザーは新しい情報を積極的に求めている状態ですので、目にするのが広告であっても興味や関心を引くものであれば気に留めてもらいやすいのは想像に難くありません。

実際に虫眼鏡アイコンでタップして結果の中に投稿した画像の広告が表示されます。そのため発見タブの投稿一覧ではなく、特定の投稿を閲覧した先にタイムライン形式で表示され、スクロールに応じて自然に目に入るのも大きな特徴です。

4.発見タブでの広告の見え方とは?

発見タブでの広告の見え方なんですが、虫眼鏡のマークをタップしてすぐの画面上には表示されません。

一体どこに表示されるの?ということなんですが、まず何かしらの投稿をタップし、そのままスクロールすると同様の投稿を見ることができ、そこに広告が表示される仕組みとなります。

発見タブの広告は、Instagramフィードの広告と同じフォーマットで表示されます。

5.設定方法

配置で自動配置を選んでいる場合は、発見タブには自動で配信されていますが、手動配置を選んでいる場合は配置を追加する必要があります。設定方法を見ていきましょう。

①広告セットの編集をクリックし、配置の配置を編集にチェック

②デバイスのInstagramにチェック

③配置のInstagram発見タブにチェックする

こちらで完了です!発見タブへの配信の成果は、内訳から配置を選択すると確認ができます。

6.まとめ

発見タブを見ているユーザーは何か新しいものを探していたり、興味関心を持って見ているので、そういった方に配信できるところが発見タブに配信する魅力です。

自動配置で配置しているという方も、今一度発見タブで広告を配信する理由について考えてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?